fc2ブログ

瑞穂の国は美しい

世間ばなし①
10 /04 2021
田んぼは実りの季節。

これは1カ月前の田んぼです。

かかしのご夫婦、今年もがんばっていました。

黄金色になるまで、もうひと踏ん張りです。

CIMG5646.jpg

こちらは去年撮影した、刈り入れ後の田んぼ。

田んぼの端っこに片付けられた稲架(はさ=稲を干す棒)の上で、
無事お勤めを果たしたかかしの夫婦がへたばっておりました。

「とうちゃん、お疲れさまでした」
「お前もごくろうだったな」

CIMG5572 (2)

去年は大鷲がヒューッと舞って雀の群れを脅していたけど、今年はこの方。

CIMG5651 (3)

小雨の降る日に通りかかったら、紺の雨合羽を着た女性が、
稲穂の上に突き出た雑草を取っていた。

フードで顔は見えなかったが、若い女性のようだった。
珍しいな。

写真を撮りたかったけど、なんだか失礼な気がして通り過ぎた。

数日たって行くと、その田んぼだけきれいに刈られていた。

20210913_171534.jpeg

2,3日して通りかかると、少し離れた田んぼでおじいさんが作業をしていた。
かたわらに女性がいた。

田んぼの際に腰かけて帽子を脱いだら、
長い黒髪がさらっと肩に落ちた。

この前の人だ。やっぱりずいぶん若い。
おじいさんと孫娘だろうか。

田んぼに若い女性なんて初めて見た。なんだか、やたら感動してしまった。

埼玉の斎藤氏からも田んぼの写真が届いた。

稲刈りが済んだあとの田んぼです。
土を起こしている周りで、シラサギがエサを狙っています。

トラクターの赤とシラサギの白が美しい。

杉戸

ポタリングの途中で見つけたこんな人たちも。

「へのへのもへじ」くんと、「へめへめくつじ」さんです。

へのへのもへじ へめへめくつじ

そういえば、このお兄さんがいた田んぼへは、まだ行ってなかった。

もう稲刈りは済んじゃっただろうな。

CIMG5644 (2)

雨にも負けず、夏の暑さにも負けないで頑張っていたお兄さん、
こんなことを背中で言ってました。

「昔、じいちゃんが、

実るほど頭を垂れる稲穂かな

なんて言ってたけど、
最近は青い穂のまま立ち枯れる、困った年寄りが増えちまったな」


            ーーーーー◇ーーーーー

ーーーそばつぶさんのバンモチ


久しぶりにそばつぶさんの勇姿です!




     ーーーーー◇ーーーーー

地震に遭われたみなさま、どうぞ、ご無事で。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

花丸いっぱい

川柳で遊んでいますが、アチコチで川柳よりも意味深。落としどころも花丸。

雨宮さんこんにちは
ブログ読ませて頂いてますよ^_^👍
今回の記事もとても良かったです!

以前の話ですがリンクはこちらをお使い頂ければ幸いです!自分のユーチューブのチャンネルのトップページです。
https://youtube.com/channel/UCO18ei-HMQ5OwoqpL7kyGfQ
スローペースながら自分もあげていってますので今後とも宜しくお願い致します<(_ _)>

tenmugensyunさんへ

花丸頂戴。嬉しいです。
川柳、20代の頃、自己流で作ったことがあります。
「大法輪」という雑誌に投稿したら、天地人の「天」になって、もう有頂天。図書券か何かもらいましたが、嬉しくて大事にとっておきました。

「公害禍三途の川もカドミウム」

カドミウムが問題になった頃です。年がバレバレですね。

佳作になったのがこちら。

「値切る声聞いてダルマが眉を寄せ」

これは挿絵付きで紹介されました。
その後は子育てと仕事ですっかり。

そばつぶさんへ

嬉しいコメントとユーチューブ、ありがとうございます。
どうしているかなあと思っておりました。
「卯之助顕彰碑」の記事が長引いて、そばつぶさんからの新発見、なかなかご紹介できなかったのですが、次回、ようやく掲載です。
大野湊神社の宮司様にもお世話になりました。

No title

凄い! 凄いなぁ。

何度もチャレンジして担ぎ上げた根性には恐れ入りました。

さすが加賀藩!


夏目さんへ

本当に凄いですね。
みなさんに知っていただきたいし、
応援もお願いしたいです。
ただもう私はケガのないよう、無理しないよう祈るのみです。

No title

いや〜、動画をみながら力が入ってしまいました。
思わず息を止めてしまいました。
そばつぶさん、すごいですね。
“一番軽い102kgの石”、、、恐れ入ります^^

マラどーなさんへ

そばつぶさん、がんばってますよ。
非常にシンプルな、ごまかしがきかない、孤独な闘いです。
なんて、挙げたこともない私が言うのもなんですが。
今、安易な事へ逃げる若者が増えましたが、石に触るだけでもいいから、
石からパワーをもらってほしいと思っています。

No title

あ~こちらでは牛や馬にくっついて餌を探す
サギがトラクターの傍にいますね。
因みに我が家では芝刈りを始めると鳥が近寄って来ます。

今は面白い?案山子コンクールなどあるようですが
この田んぼの案山子は簡単な作りなのにすごいリアルです。
また来年までちょっとお休みですね。

かぐや姫さまへ

鳥は利口ですね。
自分で突っつく手間を省いて、人間を利用。
農作業が人力の時からトラクターに変わっても、ちゃんとわかっている。ほかの鳥をいじめるカラスは、つい石をぶつけたくなります。でも夕方、空から「あ~あ」という情けないため息が聞こえて来て仰ぎ見たら、電柱のカラス。あいつも悩みがあるのかと思わず親近感がでましたよ。

案山子、本当に簡素。でも遠くからだと私も騙されます。以前、夕暮れ時、田んぼに裸の女性が立っていて、すわ、殺人事件かと思ったら、なんと、丸裸のマネキン。問題になったと見えてすぐ撤去されました。

皆様ありがとうございます<(_ _)>
自分のレベルは全然大した事ないのでもっと重い石を担ぐ動画をあげていきたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します<(_ _)>

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞