FC2ブログ

足跡を追う

卯之助の力石は所在不明も含めて、39個

そのうち、年号のわかるものが18個。
あとの21個とあわせて、卯之助の足跡を追ってみます。

最初はホームグラウンドの越谷市を中心に、埼玉県内を歩いています。

このころの師匠は同郷の岩槻・長宮村の肥田文八です。

文政8年(1826)、石に初めて名前が登場。=埼玉県久喜市・琴平神社。
 このとき卯之助、18歳
 
肥田文八ほか3名の大先輩と並んで、自分の名前が刻まれたのですから、
嬉しかったでしょうね。

文八は文政9年、千葉県野田市の八坂神社で石を持っていますが、
その4年後、鬼熊がそれに挑戦していますから、

江戸の力持ちにも知れたひとかどの力持ちだったのでしょう。

この八坂神社での奉納力持ちから16年後の天保13年の石に
文八の名がありますから、老いてもなお、がんばっていたようです。

それがこちら。「長宮 肥田文八清行」と刻まれた「八雲石」です。
img20210725_10292195 (2)
さいたま市大宮区高鼻町・氷川神社。酒井正・画

肥田文八の次に卯之助が行動を共にしたのは、
江戸の力持ち、本郷(小島)久蔵です。

久蔵と連名の石は全部で4個。

そのうち年号がわかるものは、文政13年(1830)の1個のみで、
現在、千葉県木更津市・観蔵寺にあります。

このとき卯之助、23歳。

この石は卯之助と久蔵が担いだ7年前の文政6年に、
土橋久太郎、万屋金蔵、権治郎などの
江戸力持の重鎮たちが担いでいますから、

卯之助と久蔵は、有名な力持ちにあやかろうと挑戦したものと思われます。

で、江戸の力持ちたちはこの文政6年と13年に、
房州・木更津までやってきて力持ちを披露したのか、というと、

どうも違うらしい。

かつて観蔵寺を訪ねた高崎氏に、住職はこんな話をしたという。

「房州の海苔を積んだ船が帰りに、
江戸からこの石を乗せて運んできた。
最初、市郎兵衛の家にあったが、のちに寺で預かったと先代から聞いている」

「不二三十六景 上総木更津海上」 安藤広重・画
安藤広重木更津

早い話が「持ってきちゃった」みたいなんです。

だから、土橋久太郎たちも卯之助たちも、
木更津には来ていないということになります。

「上総海苔」が江戸へ知られるようになったのは、
天保の頃だそうですから、=「人づくり風土記 千葉」組本社 1990)=

「持ってきちゃった」のは、やはり卯之助たちが担いだ後ということになります。

さて、古くから江戸湾を航行していた房州の船主たちは、
徳川の時代になってもその権利を主張して、幕府お墨付きの特権を得た。

江戸に特別の河岸もいただき、わがもの顔にふるまうため、
隅田川で木更津船に出会うと面倒を恐れて、他国の船は避けて通ったとか。

お上の「旅人は陸路で」のお達しを無視して、船にどんどん乗せて運ぶ。

夜間も船を出すので、
脛に傷を持つ者や荒くれなどの危ない客たちに重宝されたそうな。

その木更津、

「イヤサお富、久しぶりだなァ」

のセリフでおなじみの、歌舞伎「切られ与三郎」の舞台になったところ。

役者は河原崎權十郎。豊国・画
切られ与三
「早稲田大学データベース」より

モデルは実在の人物で、地元の親分の囲い者に手を出したため、
全身切られて海へ放り込まれた。

が、奇跡的に助かって、
そののち長唄の師匠として出た江戸で、かつての恋人とばったり。

詳しくはご自分で調べてね。

で、その人物のお墓がなぜか、
光明寺(木更津市)と最福寺(東金市)の2か所にあるんです。

このまま「イヤサ、お富」にはまり込むと大変なので、先を急ぎます。

卯之助と久蔵連名の力石4個のうち、
1カ所は先述した千葉県木更津市で、あとの3個はさいたま市と越谷市です。
  
img20210517_19270296 (2)
さいたま市岩槻区釣上・神明神社 酒井正・画

しかし、この文政13年を最後に久蔵は、
卯之助の前からプッツリ姿を消してしまいます。


     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(7月27日)

「さいたま市岩槻区長宮・香取神社」


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR