FC2ブログ

落穂拾い、二転三転

久喜市・栗橋八坂神社で、
「享保石」を新発見したブログ「路傍学会」の会長さん、

相変わらず精力的に町、路地、お堂、辻と歩かれています。

そのブログ記事の中に、
「あ、これ新発見かも」という写真を見つけました。

記事は先月UPされたものですが、
「渋沢栄一と力石」のため、ご報告が遅れてしまいました。

こちらがそのときの記事です。

「神社のLandscape 261」

会長さんが「力石だろうか」とつぶやいていたので、
私は自信たっぷりに、「新発見です、たぶん」とコメントを。

会長さん、戸惑いつつ、
「えーっ、境内にゴロンとしているだけの石ですが…」

で、斎藤氏が確認調査に出向いてくださったのですが、
私の予想は大外れ。

これなんですけど、トホホの結末に。

路傍さん1

「小さくて雰囲気が全くないので、力石ではありません。
後方にずらずら並んでいた石と同様の庭石だと思います」と斎藤氏。

でも、このとき斎藤氏、なんと、新たな力石を発見したんですよ。

さすがですね。この道ン十年の眼力と冴え、脱帽です。

どこにあるか、わかりますか?

路傍さん2

鳥居の右前方に埋けてあります。

「路傍さん、肝心のこの石を見逃していました。
おかげで私は思わぬ落穂拾いをしました」と、斎藤氏、ニンマリ。

「なに、別の力石ですと!」と会長さん、びっくり。

会長さんが訪れた日は、集会所に人が集まっていた。
それで、よそ者があまりウロウロしてはご迷惑かと、
さっと見て神社をあとにしたそうです。

立派な刻字もありました。

「奉納 二十二メ」 32余×37×25㎝

老棒さん3
埼玉県越谷市蒲生本町13‐18 菅原天神社

「新発見を逃してしまい、残念!」

「ありゃー」と、狛犬さんも口をあんぐり。

この狛犬さんがいる神社は、下記のブログでご覧ください。

路傍さん久伊豆神社
草加市青柳4丁目・久伊豆神社

「神社のLandscape 263」

ブログには、青面金剛像や地蔵さま、琺瑯看板や古い家など、
力石と同じように消えゆく庶民の歴史や文化が写し出されています。

そうした一枚一枚から、
会長さんの感性やぬくもりがじんわり伝わってきます。

力石もその中にいれていただいている、ありがたいなあと思います。

新発見、期待しています!

と書いてブログをUPしたら、早速、こんなメールが…。

「この力石はすでに掲載済みです」

アワワワワ。

よく見たら、2007年発行の「埼玉の力石」、越谷市の末尾に、
「天神社」として掲載されていました。

オー、ミステイク!

まあ、こんなこともあります。
狛犬さんに再び「ありゃー!」と言われそうですが、

そこはそれ、力石探しはかくも難しく、
泣いて笑って、喜んだかと思えばがっかりが待っていたり。

でも、そんなこんなの騒動、
ご理解の上、ぜーんぶひっくるめて見てください。

とはいえ、星の数ほどある「天神社」です。

せめて本に「菅原天神社」と正しく記載してあったら、
見落としも回避できたかもと思ったけれど、

2021031814200658a (2)

まあ、それほど深刻に考えることでもなし。ゆるりといきましょう。

路傍学会長さんもきっと、許してくださいます。

斎藤氏から、
「路傍さんにはご迷惑を掛けてしまった。ブログにキズをつけてしまった。
どうか、私の単純なチェック漏れであることを公表してください」と。

チェック漏れは私も同じ。
「たかがブログ。失敗談もいいじゃないの」とのんきに捉える私と違い、

人一倍責任感の強い几帳面な斎藤氏です。
そんなに深刻にならなくても、と心配しています。

みなさま、ご理解と温かい目でみてください。

なによりもこの石に陽の目を見せてくださった、そのことに私は感謝しています。


     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(4月19日)

「三重県三重郡菰野町田光・高札場⑤」


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ちから姫 様
あの刻字のある力石は私も見ておりました。
「奉納 二十二メ」とある石は、素人目にも力石とわかります。
一方、青面金剛の背後にある二つの石は、刻字も見当たらず、
力石の可能性があるかもしれない、と思い記事に掲載した次第です。
「別の力石」は、これら3つの石のほかの石があったのかと思い、「なに!」と反応してしまった次第です。
当方の情報の伝え方が十分ではなかったようですね。
斎藤様が気になさっていらっしゃるようですが、
路傍学会は呑気なブログですので、
いささかも気にしておりません。
ちから姫様から、お伝えくださいませ。
 路傍学会長拝

路傍学会長さんへ

そうでしたか。
いろいろのことが重なっていたんですね。
よく考えたら、この原因、すべては大騒ぎした私にあります。
力石となるとつい夢中になって、皆さまのブログに力石が出てくると、
これは新発見ではないかと、ワーワー騒ぐ。

みなさま、ごめんなさい。
路傍学会長様、勝手に想像をめぐらしまして申し訳なかったです。
そして斎藤さんには一番、ご迷惑をおかけしてしまいました。

これを教訓に今後は慎重に、と思いますが、
また過剰反応を起こしそうで…。
そのときはどうぞブレーキを掛けてくださるようお願いいたします。

No title

こんばんは!

おおっ、なんだか「力石あるある」のような。

私など、丸い石をみると、みんな力石に見えてしまうというとんでもない軽症「力石病」です。(;^ω^)

torikeraさんへ

いよいよ「力石病」になりましたかv-425
この病いは感染力はわずかですが、一度罹るとすぐ重症化します。
これといった治療法もなく治癒は難しい難病です。
なかなか抜けられませんぜ(笑)
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR