FC2ブログ

たかが力石、されど

たかが力石ごときに、そう熱くなりなさんな!

私は自分を戒めつつ自嘲する。

でも、展示の力石に誇らしく掲げられた「初公開」の文字が、
なんだか胸に突き刺さる。

だって、いかにも取ってつけたようではないですか。
「石を軽々持った」なんて、気軽に言わないで欲しいよな。

経験者の声を聞くといい。

「下手に力を入れると、腹が裂けてしまう」

「18貫のこの石を担げなければ、一人前の男として認められず、
賃金も半人前しかもらえなかった」

「あれを担げんと甲種合格になれんぞ。兵隊に行けんぞ」

「おなごにモテたい一心で担いだ」

みんな暮らしも命も賭けた真剣勝負だったんですから。

調査に行った山の中の一軒家で、経験者の昔話を聞いた。

老人は庭先に転がっていた青年時代の力石を抱えて、
実演してみせるという。

「まず、しっかり腰を落として、石に手をこう回して、
腹に気を集中させて,息を止めて、一気に膝に挙げて」

でも、石はビクともしない。

「はぁー、ダメだぁ」

尻もちをついて、老人はふわふわ笑った。

写真は、
澁澤倉庫株式会社の荷揚げ作業員だった根本正平さん(左端)です。

「澁澤倉庫社史」には力持ちの記事が載り、根本さんの寄稿文もある。
根本さんは、東京都無形文化財の「深川力持睦会」のメンバーでもあった。

「米俵を二つも三つも一気に担いで、一日終わりゃ、
あぶら汗でシャツは真っ黄色。一貫目痩せる」(根本正平)

DSC_6183.jpg

展示は、
「青年時代、行商先の村の若者たちと力石で力くらべをやった」
「藍玉のお得意さんの紺屋に今もある当時の力石はこれです」

それだけでいいじゃないの。
みんな純粋な若者たちで、英雄なんかじゃなかったんだから。

大正6年、晩年の渋沢は信州へ演説旅行に出かけた。
上田の旅宿にいるとき、一人の老婆が訪ねて来て面会を求めた。

老婆は取次ぎの秘書に古い通帳を見せて、
「これをご覧願えれば、きっと会ってくれます」という。

通帳は藍玉の通帳で、中に青年時代の栄一の筆跡があった。
老婆は、神畑の紺屋の娘だった。

彼女は偉くなった栄一が上田に来たと聞いて、
懐かしさのあまり、藍玉通帳を証拠物件として訪ねてきたという。

渋沢は帰京後、老婆に書状を出した。
今回、埼玉の博物館で持ち帰ったのは、この書状などではないだろうか。

渋沢は通帳を見て、
「懐旧の情を催し、感慨無量であった」と、「竜門雑誌」に記している。

翌年、老婆は東京の渋沢邸に招待され、歓待を受けた。
田舎のばあさんが迷うといけないからと、自ら駅まで出迎えたという。

老婆は渋沢と夕食を共にし、お土産をもらい、
一期の思い出というほどの喜びに輝きながら帰って行ったという。

綱町邸落成式。社章の「立鼓」の法被を着た職人さん.明治41年。
img010_20190712173001dbf.jpg

だから私には、こういう細やかな心遣いの渋沢が、
お得意先でこれ見よがしに、藍のたたき石を軽々担いで見せた、

などとはとうてい思えないのです。

昭和13年の「上田郷友会」月報に、
柴崎新一もこの「老婆が渋沢を訪ねた話」を書いているが、
敲き石を担いだ話は一切出てこない。

渋沢の息子さんの談話に、こんなのがある。

「父はいつもおっとりしていた。ふしぎに行儀のいい人であった。
人を威圧しないようなエマナチオン(揮発性物質)が、
絶えず全身から発散されているように思われた」

力石に関わるものとして、力石を展示してくださるのは本当に嬉しい。

ですが、「本邦初公開」の「栄一の力石」は、
2年前までは、土中に三分の一ほど埋もれて、庭の隅に放置されていた。

それが渋沢の名を聞いた途端、
165年ぶりに掘り起こされて磨かれてお宝にされた。

私は思う。

渋沢が望んでいたのは、
そういう「あざとさ」でも、「英雄伝説」でもなかったはず。

紺屋の老婆に見せた温かいまなざしこそ、「初公開」して欲しかった。

紺屋の老婆すゑも、きっとそう思っているに違いありません。


「渋沢栄一と力石」」は、これにておしまい。

     ーーーーー◇ーーーーー

渋沢栄一の「藍」にちなんで、こんなものをお見せします。

タンスの奥にあった男性用着物を息子にあげようと、仕立て直しに出した。
呉服屋のご主人が驚いて、
「これは貴重なものです。今はもう手に入りません。百年以上前の逸品です」

糸を藍で染め、一本一本根気よく織った絹の紬だか絣だかっておっしゃってた。
藍の本を読んだら、染色後も藍は生き続けると書いてあった。

久留米絣

息子の家でもタンスの肥やしの運命だろうけれど、
心の財産のつもりで大切にしてくれれば、と思っています。

     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生が、
コミュニテイ・チャンネルの「まほろば~歴史の扉~」に出演しました。

「力自慢の力石」

とても楽しくわかりやすく編集されています。是非、ご覧ください。

それにしても先生、髪黒々。まだまだ若い!


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは!

ちから姫さん!見事なフィニッシュに、本当に感心しました。これは参りました。

さすがに文章の力というのはヒトの心を揺さぶりますね。ありがとうございました。(*^_^*)

torikeraさんへ

ありがとうございます。
でもこういう人さまを非難する文章は疲れました。が、止むにやまれず。

2016年にNHK大河ドラマ「真田丸」が放送されましたが、この7年も前から上田市はドラマの誘致運動を官民一体で始めます。功を奏して誘致成功。一躍マスコミの注目を浴び、町活性化に成功。ロケハンに協力したりブラタモリに出たり。

でも今回の「栄一の石」は広報紙にもミニコミ紙にも載らない。「渋沢展」をやっても「石の存在は把握しています」というものの、一言も触れない。奇妙です。

No title

こんばんは!

確かに「奇妙」ですねっ(;^ω^)

torikeraさんへ

力石には罪はないんですけどねぇ。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR