FC2ブログ

ひどいよ!上田市さん

渋沢栄一の話題が大きくなっています。

その渋沢栄一が持ったかもしれない力石が、
「埼玉県立歴史と民俗の博物館」に展示されていることを

へいへいさんのブログ「栄一の力石」で知りました。

もしやその力石は、長野県上田市のあの力石ではないかと思い、
博物館へ問い合わせたら、やっぱりそうでした。

調査を阻まれて、それを果たせなかった力石です。

とたんに頭に血が上りました。

昔、母が言ってました。

「腹が立った時、すぐ手紙を書いてはいけない。
怒りに任せて書くと、あとで後悔するから」と。

でも、私はその顛末を書くことにしました。

調査に赴こうとした私が、
市の担当者から受けた屈辱は今も忘れられませんし、
妨害する理由に、ある疑念を持ったからです。

あの力石のことは、ずっとずっと心に引っかかったままなのです。

「個人のお宅にある石だから、騒がれるのを嫌っています。
誰にも知られずにそっとしておきたい」

そう言って、調査を拒んだはずの力石が、
遠い埼玉の博物館のガラスケースに置かれているという。

2019年7月、
私は「渋沢栄一伝記資料」の中から、若き日の栄一青年が藍玉の行商先の
上田市神畑村で、村の青年たちと石担ぎに興じた話を見つけました。

その時のブログ記事がこれです。

「力石を担いだ栄一翁」


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

栄一の力石

記事 NO.7561   彩2021 渋沢栄一が持ち上げたという逸話がある力石が初公開されます 埼玉県立歴史と民俗の博物館 青天を衝け~渋沢栄一のまなざし~ NHK大河ドラマ特別展 「青天を衝け~渋沢栄一のまなざし~」は 3月22日(月)まで臨時休館のため 開幕を延期しておりましたが 3月23日(火)から開館します 埼玉県立歴史と民俗の博物館のツイッター ↓     ↓ 栄一...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日、埼玉県立歴史と民俗博物館に行って
力石をみてきました。
ガラスケースの中にありました。

『若き栄一が藍の行商先である信州の紺屋を訪れた際に、染料とするため藍を敲く石を軽々と持ち上げたという逸話が同家に伝わり、以来「渋沢栄一の力石」と呼ばれている。 重量一〇三Kg。初公開。』
という説明書きがありました。

へいへいさんへ

へいへいさんのブログを見なかったら、このまま知らないままでした。
あまりのことに怒り心頭。市へは質問状を送りました。
お見苦し所をお見せしては、みなさまを不快にさせてしまうと思いつつも、
私の気持ちは収まらず、しばらく当時のことを書き綴ってまいります。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR