FC2ブログ

だるまさんがころんだ

みなさま、地震、大丈夫でしたか?

前回の大地震のときは揺れが長くて、おもわず外へでましたが、
鉄筋の建物が左右にしなうのを見て、ゾッとしました。

今回は2回来ましたが、ゆらりとしただけで済みました。
みんな同じ地面で繋がっていることを実感しています。

    
     ーーーーー◇ーーーーー

苔むしただるまさんをお見せします。

コンクリート製だそうです。珍しいですね。
どなたかが思いを込めて制作したはずですが、今は路傍に野ざらし。

斎藤氏によれば、あと2体あったとか。

石造物の「老後」もいろいろ。

同じように苔におおわれても、

このだるまさんのように、残念な晩節の石造物もあれば、
年輪を重ねるごとに見る人に安らぎを与え、敬われる石仏もあります。

春日部市の達磨
春日部市市内・路傍

女性蔑視発言で叩かれまくったオリ・パラの森会長さん。
見事に古き悪しき時代を見せてくれました。

ああいう発言、あのくらいのご老人からは今も普通に浴びせられます。
思っていても口には出さないお利口さんも大勢います。

女に学問はいらない。口の達者な女は嫁の貰い手がない。
男は男というだけで女より優れている。女は男を鼓舞するだけの存在でいい。

昔、仕事のため保育園入園を希望したら、役人からこう言われた、

「あんたの亭主は、女房を働かせなければならないほど稼ぎがないのか」と。

そういう時代の、ことに権力を握った男たちには、
たぶん、あの発言が、
なぜ、女性蔑視になるのか理解できないのでは、と思います。

で、そういう男性は得てして、自分の妻や娘や孫娘には気を遣うんですよね。

と、ブツブツ独り言を言っていたら、
杉戸町の石材彫刻店のだるまさんが、首をすくめつつ声を掛けてきた。

杉戸町の達磨
埼玉県葛飾郡杉戸町・郊外

「いやー、めんぼくない。ホント、男ってやつはちっとも進歩がない」

「いえいえ、同年配のご婦人方にも責任の一端はありますよ」と私。

そういう価値観が染みついているせいか、
はたまた蔑視発言を聞いて笑ったという会場の男達のように、
媚びて言うのかはわかりませんが、

町内会の会合でもみなさん、当然のようにこう言いますから。

「やっぱり上に立つのは男でなくちゃ

するとだるまさん、ますます恐縮の体(てい)で、
「男なんて見掛け倒しでサ。このわしだって、強そうなのは外見ばかりだし」

と、デカイ目玉で天を仰いだ。

さてこの辺で、私のだるまさんのご披露といきますか。

これです。
CIMG5426 (2)

タテヨコ1cmほどの小さなだるまさんです。
横のボールペンが巨大に見えます。

目が出たり引っ込んだりします。

果たして私の人生の芽、出たのでしょうか(笑)

さて、ゆえあって只今禁酒中の斎藤氏、
ノンアルコールの缶ビールを飲んでいた時、思わぬ発見をしてニンマリ。

「こんなところに、ミニだるまが…」

あ、確かに白いだるまさんに見えますね。

斎藤氏、いわく。
「アフロヘアのジャズメン? それともNBAの八村塁選手か?」

IMG_0391.jpg

コロナ禍、不景気、災害、経済格差、貧困に、
あの性差別発言が追い打ちをかけて、人の心をより暗くしたのは確かです。

ですが、それは偶然あぶりだされた一現象にすぎない。

巨額のお金が飛び交うスポーツの祭典に、違和感を持つのは私だけだろうか。
置いてけぼりを食った庶民には、もはや夢も希望も高揚感もない。

57年前の東京オリンピックでは、日本中が沸き立っていたけれど、
あの輝きと一体感はもう望めそうにないし、望む気持ちも失せました。

83歳の次は84歳のリーダーだそうで…。

「老成円熟」という言葉が持つ重みから程遠い事態にぶったまげて、

だるまさんが転んじゃった!


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。。。
目が出るだるま

昔、実家にもあったのですが
その頃は壊れているものと
思っていたのですが・・・
仕様だったのですねぇ?!

何十年振りに昔のことを思い出しました(笑)
お邪魔いたしました。。。

vivid Mr.Kさんへ

ご実家にもありましたか。
私のこの目出しだるまさんもかなり昔のものです。
根付の紐はとっくに切れてなくなりましたが、
愛着があってまだ持っています。
このだるまさんでご実家や昔のことを思い出していただいて、
ちょっとホッとしました。

No title

つまり、「目出たい」って言うことですかね?

夏目さんへ

時事問題=爺問題。
これ、斎藤さんから。

お目出度いというか大人げないというか。

私の理想は「生々しい老人」より「生き生きした老人」です。「余人をもって替え難い」と言った政治家がいましたが、「これからは私たち若い者に任せてください」と言ってほしかったです。

いままた、とってつけたように「会長には女性を」なんて声も聞こえてきますけど、なんとも不愉快な発想。

No title

助さん! 格さん! 口先ばかりでたった100kgの力石も持ち上げられない男なんかゴミ箱に捨ててしまいなさいっ!v-41

ピオの父ちゃんさんへ

アハハハ

そうだそうだ。
これからは会長を選ぶときは、力石を持ち上げさせて決めればいいよね!  

No title

力石も面白いですが、実社会への表現も、チクリチクリと面白いです。好きな味です。
前回のオリンピックは、世界に認めてもらおうと全国民が努力し燃えました。
何を勘違いしたのか今回は、平和ボケの自分勝手なレベルで世界に恥をさらけ出しました。
その恥さえ、いまだに分かっていません。
女性を持ち出すのであれば、男であってほしい。
恥をかくくらいなら、即刻、切腹では、ありませんか。
そんな見本を示してこそ、輝く男よ?・・・
やっちまった、時代遅れは私のことですね?
失礼しました。

tenmugensyunさんへ

「チクリチクリ」は、正面切って話す勇気のない現われです(笑) 人を傷つけたくないという気持ちも多少。でも、人に言わせるとかえって傷つくらしいです(笑)

しかし、こんなにケチのつき放題のオリンピックも珍しいのではないでしょうか。もはやオリンピックは「マネーリンピック」みたいだし。今、こういうスポーツの祭典って必要かなあなんて思ったりしています。

でもこれだけは言えます。
森差別発言は外国で働く方々への影響は大きかったのではないか、と。またマイナスイメージではありましたが、世界を巻き込んだこの大騒動によって日本の女性が置かれた実情を知ってもらえたのは、怪我の功名かな、と。

No title

本当に本当にそうですね。マネーリーンピックです。
どこにアスリート優先があるのでしょうか?
なんで真夏の真っただ中に設定されて、指摘もできないのでしょうか。日本でやるのであれば、10月のしのぎやすい時に設定すべきでしょう。マラソンを札幌に移したり、どなたのイベントなのでしょうか。膨大な費用を使いながら、より高く、より早く、参加することに意義があるなど綺麗ごとを並たオリンピックの精神は、本気度の薄汚れた何者かのスポーツに名を借りただけのイベントにしか見えません。かわいそうなのは、アスリートたちです。ごめんなさい。アルコールがそう言えと言っております。

tenmugensyunさんへ

地震、大丈夫でしたか?
私のところは地盤がゆるいのでもう、ゆらゆら。
地震だけは勘弁してと思っていますが、こればかりは。
どうかみなさま、ご無事で。
tenmugensyunさん、話が地震へ行ってしまいましたがお許しを。

No title

家康さま、清正さま、姫君にまで、ご心配頂きました。

「吹く風に沖辺の波の高けれど心沈けきわが港かな」 

頂いた中吉のおみくじ、こんな時に無理やり

ご利用させていただきます。

ん、なんか、返事に、なっとらん!

すみません。冗談は、さておき、ご心配ありがとうございました。

お陰様で、こちらは、大事に至らず、通常に、復帰しております。

前回は、電気が7日間、水道が9日間、JRが1ケ月間、停止しました。

本当に、何でもない、生活ができる幸せに、毎朝、感謝しなければならないですね。

被害の大きかった方々に、一刻も早い復活をお祈り申し上げます。

間違いました

すみません間違いです。 

約50年の歳月を経て同じ和歌のおみくじを引きました。
その時の和歌ですが、大事なところで、漢字が間違っていました。

1回目・・・栃木県日光二荒山神社で
    (25才の頃)
2回目・・・熊本城・加藤神社で
    (76才の時)

 (◆ 誤まり )
「吹く風に沖辺の波の高けれど心沈けきわが港かな」 
               
               ↓ 
 (◆ 正しい )
「吹く風に沖辺の波の高けれど心静けきわが港かな」 


tenmugensyunさんへ

訂正、ありがとうございます。
それにしてもあの大震災のとき、電気も水道も使えなくなったとは。短期間でも大変でしたね。

当地は半世紀も前から大地震が来るといわれて、ずっと防災用品を買い替えて今日まで来ました。最近は非常食はクラッカーやせんべい、ゼリーなど普段でも食べられるものに変えました。買い替えるのは水ぐらいです。非常用トイレ、ライトは常備。

寝室には何も置かないこと。寝巻はスポーツウエア。本棚が倒れても大丈夫な位置に机を置いています。でもどこで遭遇するかわかりませんから、やはり「心静かな気持ちでいる」ことが、一番なのかもしれませんね。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR