FC2ブログ

北前船・南砺物語⑦

北前船(きたまえぶね)なくしては、北海道開拓は難しかっただろうし、
大阪の昆布文化も決して育まれることはなかったであろう」

作家の津本陽氏は「北前船」の本の冒頭でこう語っている。

津軽(青森県)弘前の人、平尾魯僊(ろせん)は、
安政二年(1855)、蝦夷地(北海道)をめざして船に乗った。

徳川から明治新政府にかわる14年前のことです。

わずか7、80石積みの小舟で、十三湊(とさみなと)を出港。
目指すは江戸幕府唯一の蝦夷支配地、松前(まつまえ)です。

※ちなみに、北前船は「千石船」です。米を千石(150トン)積めます。

平尾魯僊は商人のせがれですが、画家ですから絵も描きました。

前方、左端に小さく「マツマヘ」と書かれています。
img20210114_12500821 (2)

乗員は船乗り6人と客3人の合計9人
狭い船内には囲炉裏やかまどもあります。

湾内から権現岬まで3時間もかかった。

この岬を回り込もうとしたとき、凪(なぎ)で航行不能となり、
やむなく湊へ引き返した。

ところが、一天にわかにかき曇り、ヤマセが吹き出した。

船頭たちは「今こそ」と、果敢に津軽海峡へ乗り出した。
船は走ること、矢を射るごとし。

しかし、右に傾くかと思えば左へ起き上がり、まさに転覆寸前。
船中の客たちは潮をかぶり、寒風にさらされて、

「みな顔色失し、嘔吐すこぶる狼藉なり」

翌朝、ようよう松前の港口に着いた。

改め役の小役人の威張り腐った取り調べに「カチン」ときたが、
市中には昆布ニシン粕の商人や船乗り、旅客があふれていて、
魯僊はその活気に驚く。

夜はことに賑々しく、
遊女屋を始め店々はみな灯篭、燭台を灯して熱気ムンムン。

すこぶる繁盛の様子。

建物はみな立派な造りで、社寺の彫刻も素晴らしい。

目を港内に転じてみれば、百数十艘商船が碇をおろし、
「帆柱、林叢(りんそう=樹木がうっそうとしている)の如し」状態。

海側から見た松前湊です。
img20210114_12452728 (2)

絵を見ると確かに、湊には帆柱を林立させたたくさんの商船が浮かび、
その向こうに無数の家並みが見えます。

左側に松前城が威風堂々と建っています。

そんな松前に今も残る力石、ちょっとご覧ください。

台座に「300年前の力石」と刻まれています。
これが力石だということは、古老からの言い伝えだそうです。

この石を「ばんもち」「ばんぶち」と言わない所を見ると、
これは、北陸以外の漁民たちの力石ではないかと思います。

300年前といえば、八代将軍吉宗の時代。

蝦夷地から日本海沿いを南下し、下関で瀬戸内海へ入り大阪へ着岸という
西回り航路が定着してきたころです。

この石は当時を知る唯一の生き証人です。
でもゴツゴツしていて、担いだら痛そう(笑)

松前町原口・八幡宮1
北海道松前郡松前町・原口八幡神社

ついでながら、この神社の珍しい神事をご紹介します。



松前は神楽が盛んなところです。
「お城神楽」といい、元々は松前藩のお城で行われていたそうです。

しかし、ニシン漁の衰退で人口が減り、同時に神楽の担い手も減少。
それでも各地区が結束して保存につとめ、
2018年、国の重要無形文化財に指定されたそうです。

神楽は神職さんたちによって演じられています。



獅子が泣き叫ぶ子供を「さらって」いく「鹿部稲荷神社」の獅子舞も
ぜひどうぞ。
ワンちゃんまで神殿に連れ去られます。

みんな大笑い。


北海道茅部郡鹿部町宮浜・鹿部稲荷神社

神楽は同じ所作が続き長いので、興味のない人はすぐ飽きてしまいます。

おまけに寒い時期、吹きさらしの舞殿で演じるので、
みなさん、「もう、帰ろうよ」とうるさい。

だから神楽は一人で観るに限ります。

とはいうものの、この私だって雰囲気に浸っているだけで、
内容を理解しているわけではありません。

思うに、現代人にとって神楽は、歌舞伎や能を見る外国人と同じ。
レクチャーなしでは所作の意味がわかりません。

正直なところ、
同時解説装置が欲しいなあと思うことがしばしばであります。

御用とお急ぎのない方は、
別の「鹿部稲荷神社」の神楽獅子舞を、もう一つ見てください。
神と人が一つになって遊ぶ、本来の姿はこうではなかったか、と。

胸に偽おっぱいを入れた天狗のおじさんが、コミカルに動きます。




※参考文献/「日本庶民生活史料集成・第二十巻」「松前紀行」平尾魯僊
      第一書房 1972
     /「日本海こんぶロード・北前船」能登印刷出版部
      読売新聞北陸支社 1997

   ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(1・16)

「埼玉県桶川市寿・稲荷神社⑥」

「卯之助」が続いております。
やっぱり卯之助は力持ち界のスターですね。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

神楽をこれだけ立て続けに観たのは生涯初めてです。
神事に少しづつ娯楽の要素が加わり、所作の意味が
分らないまま純粋に面白く楽しめたのは「五方」でした。

大人は大笑いでしたが、幼児もワンちゃんもさぞかし
怖かったでしょう。

夏目さんへ

神楽でも田楽でも盆踊りでも昔は一晩中やったそうです。私の勝手な想像ですが、そのころは今のように「見る側」と「見せる側」とに分かれていたのではなく混然一体となって即興で行っていた。だから誰もが楽しめたのだと思います。

それが時代と共に衰退してくると学術調査が入り、文化財となり保存されてきました。そうした調査書を読むと難解で、当時の人たちにも理解できないものになっています。力石にも言えることですが、伝統芸能というお墨付きになると、調査書通りに演じないとダメみたいになって、アドリブはご法度。本来の「楽しむ」が脱落してしまいました。

田楽では素っ裸の男女がどろんこになって衆人環視の中でコトに及んだり、木偶まわしでは妊婦が健康な子が生まれるようにと人形の放尿(水)を浴びたり、今では犯罪になることを大真面目にやっていた。

当地の山間地で田楽を見たとき、礼装した男性たちの輪の中にちどり足の人がいて。そしたら舞台の下から赤ん坊をおんぶした母ちゃんが「とうちゃん、酔っぱらって」と。周りでドッと歓声が上がって、私は妙にホッとしました。

国指定の盆踊りに数年、参加したことがありますが、みなさん、農作業の合間に笛や歌の練習です。そうして子供のころから耳や肌で覚えてきた。それが今は少子化でできません。消滅か文化財指定で保存するしか道はありません。

だから私は、鹿部稲荷神社の神楽を見て、ものすごく感動したんです。文化財になってもなお、その場に行かなければ味わえない、心に響くものが今もあったんだ、と。でも庶民の生活に密着した娯楽は形を変えて生き延びていく、それは次世代の若者たちが作っていくはずと信じています。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR