FC2ブログ

黄子と黒平

力石の大先輩・斎藤氏。

この人なくして私のブログは成り立たちません。

コロナ禍と炎天のもとでも今までと変わらず、
名もないお堂や路地裏、墓地に至るまで調査を続けています。

その足として斎藤氏を助けているのが自転車です。
「間宮家」の話の途中ですが、今回は斎藤氏の相棒をご紹介します。

相棒は二人。

一人は40年以上も連れ添った「黄子(きこ)嬢です。

「新発見の力石と」
1黄子
埼玉県杉戸町遠野

「メーカー名は忘れましたが、
昭和の純国産の婦人車、いわゆるママチャリです。
もう40年以上も乗っていますが実に丈夫。やはり昔の国産車は凄いですね」

「小坊主たちと」
2黄子
千葉県野田市内

「力石新発見は、彼女なしでは考えられません。

最高の相棒です」

相棒のおかげか、斎藤氏はこれまでに718個もの力石を新発見しています。

個人でこれだけの数を発見した人は、全国で斎藤氏だけだと思います。

最初の新発見は、2005年7月21日。これです。

img20200904_14483598 (2)
埼玉県春日部市粕壁 「粕壁神明社」 70×54×29㎝ 70×48×28㎝

  「奉納 六十貫 文政元年 □月□□」
  「奉納 四十五貫 □政元年」


「このときは結構冷静でした」

というのも、この2か月前、斎藤氏は大発見をしているんです。

長い間行方不明だった三ノ宮卯之助「指石」(赤丸)を、
既存の力石3個の隣りの土中から発見したのです。

この4個の力石は、のちに越谷市の民俗文化財になりました。
img698_202009041539189a1.jpg
埼玉県越谷市三野宮(香取)神社

「このときは興奮して、相当ドキドキして…。

白昼、オヤジが神社の片隅で、何やら地面をほじくっている姿は相当ヤバイ。
完全に不審者ですからね。それもドキドキの一部です」

そりゃあもう、日本一の力持ち・卯之助の石を掘り当てたのですから、
興奮せずにはいられませんよね。

この卯之助石について、以下に詳しく書きましたのでぜひお読みください。

「荒れた神社の境内に…」

「金乗院にて」
3黄子
千葉県野田市桐ケ作

斎藤氏のもう一人の相棒、「黒平(くろへい)くんをご紹介します。

ブロンプトンというイギリスの純製品。折り畳み式。

遠方の力石調査に輪行するために購入。

※「輪行」=袋に自転車を詰めて電車やバスなどで、
     目的地近くの駅やバス停へ移動すること。

「桝田家住宅横(旧桝田廻船問屋)」
1黒平
千葉県野田市今上

「黄子はもうおばあちゃんなので鍵は一個ですが、
黒平はまだ新しく知名度もあるので、盗難防止に鍵は2個」

「そのうちの一つは地球ロックといって、
電信柱などの地面に直結しているものに結んでいます」

「神明神社」
2黒平
千葉県野田市関宿内町

「信じられないほど小さく折り畳めますが、思っていたより重たい。
遠方の情報不足や体力の衰えから、
黄子よりも出番はかなり少なくなったので、黒平からブーブー言われています」

「そんなわけで黄子の一人舞台になりがちなので、
たま~に郊外へ連れていってあげています」

「熊野神社」
3黒平
茨城県境町稲尾

「両方とも色から名づけました。
時々会話しながら走っています(笑)」

みなさまのお近くで、

この「黄子(きこ)さんと「黒平(くろへい)くんを見かけたら、

調査へのご理解とご協力をお願いいたします。



       

      ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(9・6)

「神奈川県藤沢市遠藤・御嶽神社」

西国の師匠・高島先生、東国の大先輩・斎藤氏、
この素晴らしい指導者との出会いが、私を生かしてくれています。

両手にミツバチ。
だとすると私は女王バチ? なんちゃって。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!ガハハハッ(*^_^*)

斎藤氏の愛車の紹介までして本当に恐れ入りますです。

黄子に黒平というのも愉快ですが、実は自転車で回ると小回りが利いてとても便利なんですよね。

「変なおじさん」(失礼!)が一人で神社の土を掘り起こしている姿を想像して「ヤバイ」なぁ・・・・夜じゃぁないだろうなぁ?そんな場面に出会いたく無いなぁ。。。(笑)

torikeraさんへ

私たちは危ない橋を渡っておりますです。
真実を追求するには、時として「ヤバイ」ことも(笑)

みなさんがよく知っているものならスンナリいきますが、力石の知名度はいまでこそ少し上がりましたが、もう聞き取り調査でもキ印扱いされましたし。交番に通報されたこともありました。

神社の裏とか変なところを探し回るので、怪しさいっぱいなんですね。でも力石探索は面白くてやめられません。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR