FC2ブログ

愛の石

「かるた」です。

下記のURLは、フットワーク抜群のへいへいさんのブログ記事です。

「カップルに大人気 力石!」

こんな写真とキャプションが登場します。

「愛の石 癒しの空間」

「力石とハート形の石を組み合わせたパワースポットです」

ヘイヘイさん愛の石
埼玉県蕨市塚越・塚越稲荷神社
※ピンクのハートマークは私が勝手につけました。へいへいさんお許しを。

江戸の若者たちのエネルギーがしみ込んだ力石二つを、
「夫婦岩」風にしめ縄で結び、その間に縁起物の玉石。

それを見守るかのようにデンと置かれたハート形の「愛の石」。

  「縁結び任せといてと力石」

頼もしいですねぇ。

でも元はこんなんじゃなかったんです。

10数年前、
埼玉の研究者の斎藤氏が見つけたときはこんなんでした。

img20200120_10573791 (3)
52余×34×34㎝

威厳はあるけれど、鉢巻きまいた頭痛持ちみたいな、
ちょっと「くたびれたじいちゃん」って感じ。

ところが2016年9月に再訪したら、

「どこから持ってきたのか力石が一つ増えていて、
ハートの石と玉石まで置いてあった」

という変わり様。

最初からあった「しめ縄じいさん」(右側の石)は、すっかり若返って、
みちがえるようにピッカピカ。

仲間も増えて誇らしげです。

すでに人気スポットになっていて、
「愛の石」への橋の傍らにはおみくじがびっしり。

1蕨市稲荷

橋に結わえてあった新聞にはこんな記事が…。

「氏子連中が話題の場所にしようとハート形の自然石、球石も置いたところ、
ネットで縁結びスポットと話題になり、若い女性も来るようになった」
 =毎日新聞・2016年8月24日付け=

いいですねぇ。氏子さんたちの遊び心。

長い間、木陰で独りポツネンといじけていた?力石が、
氏子さんたちのアイデアで、こうして生かされ蘇り、
人さまのお役に立っているというのですから。

  「縁結び寂しい人はみなおいで」

昔は力石にさわって安産や子宝祈願をしたそうですし、
健康・長寿、家内安全、学問・スポーツ成就と、
この際、なんでもお願いしちゃうのもいいかも。

「私の写真はハート形の石が不鮮明ですが、
へいへいさんは見事にきれいに撮られていますね」
と斎藤氏。

そのハート形の石、実は私も持っているんです。

ユネスコ遺産になった
あの「天女の羽衣」の三保の海岸で拾ったものです。

これです。
CIMG5111 (3)

手のひらサイズの小さなハートですが、大きな愛を感じます(^∇^)

右も同じ三保海岸で拾ったもので、どちらも4㎝弱の小石。

この石には先っぽや胴体に白い線がグルリと入っていますが、
こういう石を拾って奉納すると願いが叶うといわれています。

塚越稲荷神社の「愛の石」パワーには及ばないけれど、
ささやかながら私は、

この「海からの贈り物」にいつも癒されています。


※画像提供/ブログ「へいへいのスタジオ2010」
       /斎藤
※参考文献/「埼玉の力石」高島愼助 岩田書院 2007


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR