FC2ブログ

博物館へ収蔵されたブログのこと

三重県総合博物館へおじゃましてから、
すでに7か月もたってしまいました。

張り切って始めた「博物館訪問記」も、横道にそれすぎて尻切れトンボ。

初心にかえって、
私の人生最大の喜びとなった収蔵されたブログの写真から見てください。

CIMG4770 (3)

うれしくて、何度もシャッターを切りました。
それで、
とにかくぼーっとなっていたので、肝心の中を見るのをすっかり忘れて、
同じ写真を何枚も…。

そんな私の気持ちを汲んで、もう一枚、見てくださいね。

CIMG4768 (2)

ブログ収蔵は、ひとえに
師匠の元・四日市大学の高島愼助教授のおかげなんです。

このブログはなんと、
先生ご自身が印字して、ファイルにまとめてくださったんです。

力石調査ではまだまだヒヨッコの私なのに、その晩年に花を持たせてくださった。

だから師匠は大恩人!なんです。

先生は大学を退官後、全国行脚で得た膨大な資料を同博物館へ寄贈。

その「高島先生関係資料」の一つとして、
拙ブログも収蔵していただいたというわけです。

ブログのほかに、
私が集めた力石に関する資料、ファイルで12冊ほどになりましたが、
それも追加で納めていただくことができました。

こちらは先生が寄贈した資料の一つ、「へのこ石」です。

ミエム・へのこ石2
三重県津市一身田上津部田・三重県総合博物館「みえむ」  70×36×21㎝

もとは久居市野村町(2006年、津市と合併)にあった力石で、
合併の前年、四日市大学へ寄贈されたものです。

「この石は、畑のかたすみに放置されていたもので、
自治会長さんから、大学で保管していただけるならと寄贈してもらった。

その後、私が定年を迎え、それを機に他の資料とともに博物館へ移され、
保管されているものです」と高島先生。

ちょっと言いにくいですが、「へのこ」とは、男性の性器のこと。
昔は魔除けとして神聖視されていました。

男性のみなさんは、みんな「魔除け」を持っているんですねぇ…。

また石の模様から「鉢巻き石」とも呼ばれていたそうです。
重量は120㎏。米俵二俵分あります。

次回は数ある収蔵品の中から、番付表などをご紹介します。


※写真提供/高島愼助先生


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

何度見ても

いつになったら見に行けるのだろう
この快挙を見ずしてなんとするか
次回の日本旅
富士山への帰りに寄れないものかと
いろいろスケジュールを算段中です
しかし何度もいいますが快挙です!
真摯な追及を師匠が理解して下さった
すばらしいです。

No title

ちい公さま、ありがとうございます。

力石の認知度は低いため博物館での展示の実現はなかなかです。ましてブログは師匠のご厚意と後世の研究者のために保管という意味合いが強いので展示まではどうか。

アメーバのブロガーたちのブログが国会図書館に保管されましたが、FC2ブログもそうなればなあと期待しているのですが。

三重県総合博物館はとてもユニークな企画で有名です。だからこ力石資料をすべて収蔵という思い切った決断をしてくださったと思います。

今はまだ未整理の状態ですが、博物館へ力石展示の要望がたくさん届いたら、展示も実現するかもしれませんので、多くのみなさまから声をあげてくださったら、と願っています。

収蔵おめでとうございます

おめでとうございます

過去の記事をゆっくり読まさせていただいております。
力石は宝石ですね。
ますます力石が宝石以上に輝くことを願っています。

こんばんは

へいへいさま、力石の新発見おめでとうございます。とうとうやりましたね! 

しかも過去から現在まで力石の調査・研究者がたくさんいらっしゃる埼玉での発見ですからすごいです。

「力石は宝石」って本当にそう思います。友人たちに「ダイヤモンドより力石」と言ったら変人扱いされましたが、なんの変哲もない丸い石なのに深い歴史と若者たちの純粋さがしみ込んでいますから。

河岸、荷揚げという労働、河川を介した流通経済、若者組という組織、石に刻まれた石工や揮毫者、キリがないほどの歴史が詰まっていますものね。また、新発見の石をここでも紹介させてください。

No title

素晴らしい
博物館の資料室へ。これだけの内容ですから資料館の文献としての資格は十分ありますよね。
三重県まで、随分遠いなぁ、と東京感覚で考えてみたら、名古屋だって今住んでるところからだと二時間で行けちゃう。獅子舞なんかも名古屋スタイルだって聞いたことあるし、うちの屋号が伊勢屋だから三重県総合博物館あたりからえっちらおっちら落ち延びてきたご先祖様のことを思うと不思議な感じです。

No title

少彦名さま、ありがとうございます。

なんだかずいぶん褒めていただいて。ただもう力石を知ってほしいの一途で。

昔の人の本など読むと、旅をしたり居住を変えたりとずいぶん動き回っていますよね。海外へもどんどん行くし。面白いなあと思ったのは、山中で空き家を見つけるとそこへ住んで、墓や名前まで継続してしまうというスタイルです。

江戸時代は土地に縛られていたというけれど、実は庶民は自由に動き回っていましたよね。持ち家志向が強くなった近代現代の人の方が土地に縛られているような気がします。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR