FC2ブログ

よいさよいさ

「この八幡神社の創建は寛文二年(1662)なんですよねぇ」

野田市の文化財保護審議会の委員で、
金石文の研究者・石田氏が、ふとつぶやいたこの言葉。

そういわれれば、万治石の刻字は1661年だから、
石が奉納されたとき、八幡さまはまだなかったはず。

確かにだ。

「変ですか?」と八幡さまのパンダくんとラッコさん。
CIMG4912 (2)
千葉県野田市今上・八幡神社

同じ今上にある稲荷神社は万治三年となっているから、
ここなら計算があう。

この稲荷社は田中吉右衛門なる人物の氏神だったそうですから、
ひょっとして、
八幡神社も最初はだれかの屋敷神だったかもしれません。

もう一つ考えられることは、
以前,境内社の一つだった「大杉神社」の存在です。

大杉神社の総本山は常陸内湾の茨城県稲敷市阿波にあって、
大きな杉の木が立っていたため、海上交通の目印になっていたとか。

古名「あんばさま・大杉大明神」

大杉神社のHPによると、創建は奈良時代。
あの万葉集ができたちょっとあとですから古いです。

こんな伝説があるそうです。

勝道上人という人が疫病に苦しむ人々の救済をこの大杉に祈願したら、
奈良の三輪明神が飛んできて大杉に宿り、たちまち病魔を退散させたー。

「飛び神明」というものですが、日本の神さまは元祖「すぐやる課」かも。

「ぼくは重くて飛べません」と万治石。
CIMG4905 (2)

大杉神社といえば、滋賀県彦根市にもあるそうで、
いつも渾身の取材をされている下記のブログに詳しく掲載されています。

茨城県の大杉神社と関わりがあるかはわかりませんが、
大変興味深い記事なので、ぜひお読みください。

「神秘と感動の絶景を探し歩いて」

江戸の中期、八代将軍吉宗の享保十二年(1727)三月、
この大杉大明神の神輿が「ハヤリ神」となって江戸へなだれ込み、
江戸庶民を熱狂させます。

   「安葉(あんば)大杉大明神 
    悪魔払ふてよいさ 世がよいさ よいさ、よいさ」

そう囃子ながら踊り狂う民衆を見て、幕府は弾圧に動きます。

大杉大明神の信仰圏は栃木、茨城、千葉の主に利根川流域で、
船運業に携わっていた人々が信仰していたそうですから、
今上に分祀されたことは当然と言えば当然ですよね。

今上の船頭さんたちの船の守り神・フナダマサマは、
もちろんこの「あんばさま」です。

ひょっとして最初に創建されたのはこの「あんばさま」か?

とも思いましたが、確証はない。

よいさよいさ。
400年もここにおったんだしな。これからもずっといてくれよ
CIMG4940.jpg

   「撫でられて力みなぎる万治石」   雨宮清子

枯れかかった頭であれこれ推測、邪推、奇想天外の空想に浸りつつ、
こんなことも考えました。

ひょっとして、あの「弁慶石」が鴨川の洪水で流されて、
京都三条に鎮座したみたいに、
万治石も江戸川の洪水と共にこの地にやってきたのかも。

そうと思えば、

また別のおとぎ話が生まれます。


※参考文献/野田市民俗調査書1「今上・山崎の民俗」
        野田市市史編さん委員会 平成7年
       /「民俗神道論」宮田登 春秋社 1996


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

力石から神社の歴史など、姫の熱心さに感心しています。

また、大杉神社の話とブログの紹介で、
ますます楽しくなりました。

東京にはない珍しい神社も、地方の歴史と文化も、
今はPCでいろいろと見ることが出来ありがたいです。

No title

毎回ワクワクしながら開けていますが、話題の内容も展開も面白く、とても勉強になります。
”枯れかかった頭で”なんて謙遜してますが、の弁慶石が出て来りゃ義経、彼の”八艘飛び”を超えるような”発想飛び”の妙に感心しきりです。

こんばんは

one0522様、ありがとうございます。

本当に今はPCでいろいろ見ることができてありがたいですね。私もみなさまのブログ、楽しんで拝見させていただいています。

私はこのブログ、一年ぐらい続けられればいいなと思ってきましたが、思いのほか長くなりました。性分で根を詰めることも多いので、近ごろは少々くたびれてまいりました。

こんばんは

ワクワクしながら開けてくださっているなんて、これ以上の誉め言葉はありません。ありがとうございます。

義経の「発想飛び」もどきであっちへ飛んだりこっちへ舞い上がったり。
なのでニッチモサッチモいかなくなって、たびたび弁慶の「立往生」を演じてしまいます。ああー。

No title

宣伝していただき、ありがとうございます。
三輪山の神様は、奈良では疫病をはやらせる怖いところがあるのに、ここでは正義の味方なんですね。
大杉神社と三輪明神、その不思議な縁に興味が湧きました。

おはようございます

sazananijiroさま、ありがとうございます。

秘境の探訪は大変そうですが、おかげで居ながらにして秘境を堪能できありがたく思っております。今後のご活躍、期待しております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ブログランキング
ブログランキング
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR