fc2ブログ

ヨ!

歴史を塗りかえた発見!
11 /07 2019
昨年1月12日、この日斎藤氏が八幡神社を訪れたら、
なんと「万治石」は、土中から掘り起こされていました。

これです。

3野田市
千葉県野田市今上・八幡神社。斎藤氏撮影

前年の暮れ、私は市の職員の方からこう言われていました。

「力石は氏子さんたちの所有物なので、
保存するかしないかは氏子さんたちが決めることなんです。
なので役所からあれこれ指図はできないのです」

言われてみればもっともなことです。

だから半ばあきらめていたのですが、
氏子さんたち、決断してくださったんですね。

感謝でいっぱいになりました。

初めて全容を現わした「万治石」は、
これまで公表されてきた寸法を20㎝も上回るかなりの大きさでした。

2野田市
62×43×28余㎝ 斎藤氏撮影

詳しくは下記のブログ記事をご覧ください。

「万治石に動きが…」

「こんな石っころになんで夢中になるのか」と笑われそうですが、
いえ、笑われてきましたが(笑)、

この石一つに400年も昔の若者たちの熱気がこもっている。
そう思ったら、
それだけで私はタイムマシーンで江戸時代の八幡神社へ戻り、
彼らと一緒にいるような気分になっちゃうんです。

困ったもんです。

下の写真は今年10月の「奉祝祭」の様子です。

本殿には紅白の幕が張られ、
神主さんと巫女さん、神社役員さんがテキパキと準備中。

CIMG4903.jpg

八幡神社は江戸川の土手下の、ほんとに小さな神社です。
それがこんな立派な式典を、しかもそれに私も呼んでくださった。

ブログでワーワー騒いでいただけの私なのに。

こちらは「斎竹(いみだけ)」をめぐらせた力石の設置場所です。

 ※「斎竹・忌竹」=神の降臨する清浄な場所であることを示すため、
            四方を囲むときの竹のこと。
            家を建てる時行う地鎮祭でも見ることができます。

立派な説明板も立ててありました。

CIMG4908.jpg

  
    四百年の眠りから覚めし万治石
             令和の御代に生きて輝く 
    雨宮清子

再び、昨年1月の神社に戻ります。

掘り起こされた万治石を見て、
斎藤氏、またまた新たな発見をいたします。

なんと、もう一つ文字が現れたのです。

赤丸の中に「ヨ」が見えます。

「ヨ」、つまり「余」のことです。このことから正確にはこうなります。

   「奉納力石五十六メ目

野田市5
斎藤氏撮影

これを担いだ若者は石工さんにこんなことを言ったはずです。

「オレが担いだのは五十六メ目より、もうちっと重てぇ石なんだぞ!」

210㎏「余」ですからね、誇らしかったことでしょう。

はいはい、八幡さまの若い衆、
400年後もしっかり確認しましたヨ!


<つづく>


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

雨宮さん、おはようございます。

なるほど、確かにわざわざ”余”を
刻印して残すということは
それだけ誇らしかったんですね、
四角四面でない、いかにも民間の文化伝承
というか、生活が
残った感じがしていいですね。

おはようございます

昭和50年代まで力比べをやっていた方々に聞き取りをしたとき、小柄なおじいさんが「俺は力がなかったからいつも隅の方でながめていただけ」と恥ずかしそうに言ったいました。

人力の時代には力持ちは稼ぎも多く女性にモテた。思いをかけた男が担ぐとき、石にそっと紅を塗りその紅が男の胸や頬についたら思いが遂げられる、そんな話も残っています。

特に力石には神さまが宿るといわれていて、その神さまに認められた者だけが担げたわけですから自慢にもなり、尊敬されたと思います。

四百年の眠りから覚めし万治石

>四百年の眠りから覚めし万治石
           令和の御代に生きて輝く   
  雨宮清子

〇すばらしい歌ですね。
 特に「四百年の眠りから覚めし」がいいですね。
 力石の歴史が生き生きと感じられます。
 草々

おはようございます

イヨ! 大統領!
なんて古いですが、姫の情熱と努力に乾杯!

おっ!!

バナーが記事の下に来た
ご自分でできたのかな
もしそうだとすればこれは上達と言うべきですね。
絶対この位置のほうがよいです!!
めでたしめでたし

はじめまして

レインボーさま、ありがとうございます。

歌をお褒め頂いて、なんとも恥ずかしい!
俳句にも短歌にも縁がないので、もう思ったままの即興です。
それも力石以外は全然浮かばないという変わりモンです。

かんぱーい!

one0522さま、いつもありがとうございます。

と言っても下戸の身。ホントに無粋な私です。

喜ぶのは早いです

ちい公さま、

なんとか記事本文にバナーを入れたいのですが、常時置くにはテンプレートの編集だとか、私の手に負えないので、とりあえず一回だけ置いてみました。

もう少しヒマと度胸が出てきたら挑戦してみます。

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞