FC2ブログ

お知恵拝借

力石に刻まれた文字が読めなくて困っています。

みなさまからお知恵をたまわりたいと思っております。

大阪市淀川区十三東の神津神社力石です。

淀川区十三東・神津神社2

文字の部分だけ大きくします。

淀川区十三東・神津神社2 (2)

扌(手)編に電(でん)という文字に見えますが、そういう文字はないんです。

扌(手)編に雷(らい)ならあります。「擂」(らい。する)。

「擂」には、直接手でその物に触れなくても特別な力で動かせる、
みたいな意味もあるようです。

(らい)はいかづち、雷鳴のことで、(ゴロゴロ)を意味し、
(でん)はいなづま、電光のことで、(ピカッ)を意味します。

まあ、どちらも神鳴(成)り(かみなり)さまなんですが…。

ここで知ったかぶりを一つご披露します。

雷が鳴ると雨が降って稲がよく育つ。
だから神鳴り稲成りで、それが稲荷になった。

神社のしめ縄、
これは(蛇)の雌雄が絡み合っている姿。
沖縄などの綱引きでは、雄綱、雌綱で引き合いますしね。

で、
龍(蛇)は水の神さまだから、昔の人は日照りが続くと、
龍神さまが住むという池や滝つぼへ雨乞いに行きました。

最初は若い娘が踊って龍神さまを楽しませ、それでも効き目がなかったら、
龍が怒ってゴロピカ暴れ出すのを期待して、牛の生首を池へ投げ込んだ。

だから「牛首」という地名のほとんどは、かつての雨乞いの場所なんです。

そのしめ縄から下がっている白い紙、紙垂(しで)といいますが、
これは稲妻・稲光りを現わしています。

稲妻があたると稲がよく育ち、おいいしいお米がたくさんできる、
そういう民俗を今に生かしたお米が群馬県で作られました。

コシヒカリと月の光を交配させてできたお米で、
そのものずばり、「ゴロピカリ」と命名したそうです。

さすが雷で有名な群馬!

江戸時代、そのカミナリの音と光を四股名にした史上最強の相撲取り
「雷電為右衛門」という人がいました。

下の写真は雷電が運んだと伝えられている「雷電の力石」です。
しめ縄がかけられた平たい大きな石の方です。

雷電の生誕地は信濃の大石村というんですから、これまた嬉しい。

img035_20190813191437e5c.jpg
長野県長野市東町・武井神社

「ゴロピカリ」は、品不足になるほど大人気のお米だそうですから、
まさにお米界の雷電

映画「眠狂四郎」を演じた市川雷蔵という俳優もいました。
「らいさま」なんて呼ばれていたけれど、思えば凄い名前ですね。

石の刻字に戻ります。

よく見るとこの文字、扌編ではなく、禾(ノギ編)のようにも見えます。
それですと、ぴったりくるのが、「穐」(あき、しゅう)という文字です。

「穐」「秋」の本字です。実りの秋を意味します。

「龍」のくずし字にもなんとなく似ています。

こちらは大阪市住吉区墨江1丁目の子安地蔵寺の力石「龍虎」です。

img034_2019081119335347d.jpg

どうでしょう。

神津神社の力石の文字に似ていませんか?
でも、専門家から「龍ではありません」とバッサリ。

それじゃあ何?となると、
学芸員さんも古文書の研究者もお手上げなんです。

「こうではないかなあ」「こうかもしれない」ー、
なんでも結構です。

どしどしお寄せ下さい。お待ちしています!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ブログランキング
ブログランキング
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR