FC2ブログ

苔のじいさん

内房・巡り沢の祥禅寺をあとに、今度は仲集落へ。

目的地は山王宮

ここです。
CIMG1183 (2)
静岡県富士宮市(旧芝川町)内房仲

ここには5年前来ていますから、再訪ということになります。

このときご案内くださったA子さん、
「ここにあると聞いたのですが、ハテ、どれなんでしょう?」

そこで師匠の高島先生と探し出したのが草に埋もれていたこれ(手前の石)。
おやおや、力石が蓑を着た亀になってるよ、というわけで、

   草生やし蓑亀(みのがめ)になった力石   雨宮清子

赤丸の中の石は、今回発見された力石です。
CIMG1180.jpg
2014年3月17日撮影

「見つけたぞ! やれやれ」と思っていたのに、実はまだあった。
5年後の新たな発見者は郷土史家の増田氏です。

やっぱり凄い!

仲集落の住人だった故・望月満久氏が、
平成19年に「仲ものがたり」という小冊子を発行。
その中にこんな記述があったという。

宝鏡庵の境内に力石を置き、
住民が集まるごとにこの石を上げ、力自慢を競った。
石の重量は12貫、16貫、20貫と記してありました」

これを読んだ増田氏。さっそく、探索に乗り出します。

そこで新たに見つけたのが、こちら(赤矢印)。
5年前は力石だと知らなかったので、石は単に写り込んだだけ(上の写真)
でも今度は全体を写せました(下の写真)

ちなみに「宝鏡庵」とは「山王宮」と地続きのお堂のこと。
以前発見した力石も今回のも、このお堂の前にあります。

   春陰ひそと堂に埋もるる力石   雨宮清子

CIMG4729.jpg
2019年3月28日撮影

でもですねえ、
この石、先っぽがちょっと欠けてしまっていて、おまけにだらけ。
私、思わず、「なんだよ、すっかり苔のじいさんになっちゃって!」
と毒づいたけど、歳月は石も待たず、なんですねぇ。

   春深し草をめくれば力石
            苔の翁に成り果てており    
雨宮清子

余計なことですけど、ブログ「日々是輪日」の「三島の苔丸」さん、
なんで「苔」なんだろう? お若いのに。

新たに発見された力石「苔のじいさん」です。
CIMG4728.jpg

ともあれ、
望月氏が書き残してくれた力石3個のうち、2個が見つかりました。

でもここで疑問が…。

増田氏は「今回発見の石は12貫、手前の石が16貫で20貫は行方不明」
とされていますが、石質は抜きにして大きさだけから考えると、
手前の蓑亀状態の石(62×33×28㎝)は20貫を越えているはず

石の貫目は「正」=正味=と刻まれている石以外は、
刻字の貫目に八掛けするとその石の本当の重さが出るといわれています。
 ※八掛け=刻字の貫目に0・8を掛けた数字のこと。

昔の若者は力を誇示するため少々、サバを読んだのです。

ですから、力石の実際の重さは刻字貫目より少ないことが多いのですが、
ここの石は逆で、伝えられている貫目より見た目の方が重そうです。

下の絵は、静岡市清水区由比東山寺・薬師堂での力比べです。
2010年にこの場所から6個、掘り出されました。松永宝蔵画

仲集落の若者たちもこんなふうに石担ぎを楽しんだのではないでしょうか。

img904_201905090939212bd.jpg
「静岡の力石」高島愼助、雨宮清子 岩田書院 2011の表紙を飾りました。

さて、故・望月氏のいう「貫目を記してあった」は、
何に記してあったかは不明ですが、
現時点では石の刻字は確認できておりません。

で、埼玉の研究者・斎藤氏も私と同意見で、

「例えば、埼玉にある同じ大きさの石「米八斗目」(63×34×28㎝)は、
32貫120Kg
八掛けしても25、6貫になるから、そこの石も20貫はゆうに超えているはず」と。
 ※米1俵(60Kg)は4斗。

また全国的に、力石は16貫(60㎏)担げて一人前とされていたことから、
力比べには16貫以上の石を持ち上げていました。
なので12貫の力石というのはどうなのか。

これらのことを踏まえて再考する必要がありそうです。
増田さま、疑問を呈しましてごめんなさい。

下の写真、左の建物が宝鏡庵です。
力石は写真中央の、
左の石仏群と右の腰の曲がった老夫婦みたいな2本のの間にあります。

CIMG4734.jpg

今はただ静寂だけが広がっています。

でも、耳を澄ませば
力比べの若者たちの笑い声が、地の底から聞こえてくるような…。


※参考文献/「内房の力石」増田文夫 私家本 平成31年
        /「仲ものがたり」望月満久 私家本 平成19年
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR