FC2ブログ

2個目の新発見・前篇

富士浅間神社の小野田徳蔵墓碑を見た後、誘われて桜見物へ。
道の両側に、湧き立つ雲のような大きな枝垂桜が現われました。
花びらがくるくると風に舞っています。

ここは「塩出(しょで)」というところで、その名の通り、
駿河の塩が甲斐へ出て行く時の塩の関所があったところ。

ここに、江戸時代、油問屋だったE家があります。
手広く商って財を成したため、
♪塩出の源兵衛さんは大金持ちよ
と歌にまで歌われたそうです。

下の写真は、今も残るE家の石垣です。
道はこのすぐ先で山梨県への道、国道52号線にぶつかります。
昔の旅人もこの桜の花に目を奪われつつ通って行ったことでしょうね。

CIMG4714.jpg

で、この源兵衛さんの家に、なんとあの「やじきた」を生んだ
十返舎一九の屏風が残されているのです。
この屏風、私も静岡市内で開催された展示会で見たことがあります。

「芝川町誌」によると、
「一九が甲州への旅の道すがら、ここへ立ち寄り画いた狂歌と戯画」

一九はいつごろここを通ったのだろうか。
駿府生まれで母親は甲州出身。たびたび駿府に舞い戻り、
「身延山道中記」(文政2年=1819刊行)も書いている。

内房・塩出のE家に立ち寄ったのは、
東海道の由比から内房ー甲斐の万沢ー南部ー身延山のコースを
歩いたときかもしれません。

こちらは一九の
方言修行 金草鞋(むだしゅぎょう かねのわらじ)」、
「東海道之記」の模写復刻版です。

img402.jpg
桜畔亭版・藤枝戯作文庫の会(静岡県藤枝市) 平成5年。模写/鈴木朋泉

「方言修行 金草鞋」は木曽街道や西国、奥州、善光寺参詣などの道中記で、
文化10年(1813)から没後まで刊行された25編余に及ぶ合巻。
その模写復刻に、
桜畔亭主人の宮本末次氏と鈴木朋泉氏(模写)が挑んだわけです。

もう20年ほど前のことになります。
知人から「藤枝へ行くならぜひ宮本さんを訪ねて」と言われて、
どういう人か知らないまま、土手の桜トンネルを通ってお訪ねしました。

突然の、全くもって無礼な訪問でしたが、宮本さんは満面笑み。
すぐに展示室へ案内してくださった。

その室内には、
宮本さんが収集した浮世絵、戯作文庫、江戸細密工芸品がびっしり。
たちまち江戸へタイムスリップ。

立て板に水、シャレッ気たっぷりに説明してくださる宮本さんが、
だんだん一九に見えてきて…。

そのとき頂戴したのが、この復刻版でした。

この「金草鞋」の登場人物は弥次喜多ではありません。
奥州産の「鼻毛の延高(はなげののびたか)」と、
千久羅坊(ちくらぼう)」という、「ふざけた」名前の二人。

ちなみに、「鼻毛が延びた」は「女にデレデレする」、「ちくら」はニセモノという意。
つまり女にだらしがない男とニセ坊主の二人連れというわけです。

その二人がこちら。
img197_20190429115633dfe.jpg
桜畔亭版・藤枝戯作文庫の会 平成5年 模写/鈴木朋泉

で、この本の中に「桜版亭かわら板」というのがはさんであって、
そこにこんな記述が…。

ミスをしてしまった。表紙の江戸文字風に書いた
「歌川月麿戯画」の「歌川」は間違いで「喜多川」が正しい。

そこで編集子、一九を真似て、狂歌、

   喜多川を歌川姓に間違ひし
         これは正(まさ)しく月とすっぽん」


さて、このブログ記事、力石の紹介まで行くはずでしたが、
またしても横道にそれました。この続きは次回に持ち越し。

   石探し今日は一九で蹴躓(けつまず)   清姫

夏目さんより返句をいただきました。

   清姫は一九に躓(つまず)き一句詠む   夏目

返句の返句

   (まろ)びてもにこやかに立つ令和の日  清姫


※参考文献・画像提供/「方言修行金草鞋」模写復刻板
               桜畔亭・藤枝戯作文庫の会 平成5年
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

「清姫は 一九に躓(つまず)き 一句詠む」
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR