FC2ブログ

軍神

内房の力石探訪のはずが、つい横道にそれました。
いつものことですが、「何でも見てやろう」精神がちょいと出まして。

だってだと思いませんか?

西南戦争で亡くなった小野田徳蔵さんの墓碑が、
なんで神社の前の道路沿いにあるのか。

そんな私に、内房の郷土史家、増田文夫氏が、
郷土誌「かわのり」の記事を紹介してくれました。

「かわのり」は旧芝川町の郷土史研究会の会誌。
会誌はいう。

「この墓碑は最初、別の街道沿いの、
ドンドン下という字名の大岩の上に建っていた。
ところが明治36年、新しい県道が開通してここは廃道になった」

「そこで前年の明治35年、地元や近隣の在郷軍人等が主体になり、
村長が協力。村を挙げての事業として現在地に移転・完成させた」

CIMG4711.jpg
静岡県富士宮市内房

でも普通、お墓は墓地でしょ?

これに対して増田氏は「あくまでも僕の想像ですが」としつつ、
こんな風に語ってくれた。

軍神として祀られたのだと思います。
最初の場所はその先が内房小学校で、たぶん当時の小学生たちは
登下校の折り、大岩の上の軍神に敬礼して通っていたのではないでしょうか」

「移転後の神社は村社で、戦争へ行く若者たちがお参りしたところです。
ですからそこに英霊を祀って士気を鼓舞するという…。
まあ、そういう時代だったと思います」

この墓碑を移転した2年後、日露戦争が始まります。

「軍神が建っていたその先の小学校には、
明治から昭和までの戦没者の名前を刻んだ慰霊碑が今も建っています」
と増田氏。

「今は火の見やぐらもなくなり、川筋や道筋も変わってしまって、
ここの墓碑のことさえ関心を持って見る人も少なくなりました」

その増田氏、
地元小学校の子どもたちに石造物についての
授業やフィールドワークを始めて3年になるという。

「ふるさとの歴史を調べて子どもたちに教え、伝え、記録に残していきたい」

生まれ育った「内房」への愛情は深く、大きく、温かい。


※参考文献/「かわのり第5号」芝川郷土史研究会 鈴木太一 昭和53年
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

おはようございますお姫さま
鳥の名前ビンゴでした
ありがとうございます

でも KERI Bird もよく似ていますね
おなじなかまかもしれませんね

ケリッ!

魔女さま、ビンゴでしたか。良かった!

こちらのケリ・バードの頭は赤くはないですが、姿や鳴き声はそっくりです。でもタイの方は音楽的に優雅にお聞きになる。それにひきかえ日本人は「ケリッ、ケリッ、ケリツケロォー!」みたいにヒステリックに聞いてしまいます(笑)

このコメントの会話、なんだかわかりませんよね、ごめんなさい。魔女さまのブログをぜひご覧ください。https://bangkokwitch.blog.fc2.com/

No title

ドンドン下が気になって気になって
ドンドン上もあるのかなぁ

気になりますよね

「ドンドン下」
私も気になっていました。
内房の増田さん、これお読みくださったらお返事くださいね!

この地域一帯の地名はなかなかのもので、「大晦日」=オオヅモリもそうですが、「月代」=ゲンダイ、「羽鮒」=ハブナなどおもしろいものがあります。鮒に羽根を生やしちゃうんですから。
住民の方もしゃれっ気があって、昭和27年に猛威を振るったダイナ台風でたくさん被害が出たのですが、流されて再建された橋の名を「ダイナ橋」とつけちゃった。今、その欄干に茶摘み娘の像がちょこんと座っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

鍵コメさま、

寂しい限りです。
復活、心よりお待ちしております。

平成最後

「横道」どころか縦でも斜めでもそれて構いません。
それた先には興味を鼓舞する物語があるので、今度は何か?と、楽しみの一つにもなっています。

「令和」にも期待していますので、よろしく。

ご理解くださって感謝!

「横でも縦でも斜めでも構わない」って、嬉しいお言葉です。
なにしろ子供のころから物事を真正面から見るより、裏とか横とかあらぬ方へと目が向いて興味のままに突っ走るので人との会話が成り立たなくて、「あんたの言うことはちっとも理解できない」なんて嫌われていましたから。

だから会話より縦横に動ける文字の世界が好きです。
次回の記事もやっぱり横道へ入り込みます。

いよいよ平成から令和へ、ですね。馴染むまで時間がかかりそうです。
令和31年なんて書きそうだから当分は西暦使用で、と思っています。

ドンドン下

sukunahikonaさま、
内房の増田さんからのお返事をそのままお伝えします。

「明治時代のことで字さえもわからない今日ですが、そこに境川という川があるのですが、その川に段差があって水が落ちる様がドンドンしたから、と私は想像しました」

「ドンドン上」はなかったみたいです。
静岡市内には「水落」という町名があります。これは城のお堀の水が川へ落ちていたところです。また、細かく地割した畑を遠くから見たら老人のシワだらけの顔に見えたので「シワクタ」と呼ばれた地名もあります。

地名から昔の様子が見えて面白いですね。信州にはもっといろんな小字がありそうですね。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR