FC2ブログ

花ふりつむ

力石の新たな情報をいただいて、静岡県東部の
旧芝川町(現・富士宮市)内房(うつぶさ)へ出かけた。

3年振りの訪問です。

内房在住のA子さんが交通の便が悪いことを心配して、
東海道線の駅まで車で迎えに来てくださった。

その車中で、Mさんの死を告げられた。

Mさんは山の上の集落、大晦日(おおづもり)の最後の住人だった。
雪崩を打つように村人たちが山を下り、
村の指導的一族も去ったあとの長い年月、
妻と二人で集落とその一族の神社を守り続けてきた。

こちらは、いつもMさんがきれいに掃き清めていた芭蕉天神宮です。
年2回、麓の集落からやってきた子供たちが祭りを盛り上げます。

CIMG0608.jpg

祭りの日のMさんは、
センスのいいジャケットを着たおしゃれな紳士に早変わり。
大勢の来客を満面の笑みで迎えていた。

私が初めてMさんにお会いしたのは7年前、Mさん75歳のとき。
その折り、青年時代に持った力石を見せてくれた。
翌年訪れたら、
「もう一個あった」ともっと大きな石を、はにかみながら見せてくれた。

それがこちらです。

CIMG0536 (3)

   「十九貫担いだ」と語る老人の 
       力石(いし)つかむ指 瞬時花やぐ   
雨宮清子

このとき、寡黙なMさんがポツリと、
「体調が悪いから、近々山を下りるんだ」と言ったのが気になって、
「だったらこの石も山の上の保存場所に一緒にされたら」と言ったのだが、
Mさんはなぜか、「ウン」と言わなかった。

山の上には昔、青年たちが石担ぎをして遊んだ広場があって、
そこにあった力石2個が碑とともに保存されたばかりだった。
でもMさんは最後まで頑なにそれを拒み、
主なき家に石を置いたまま逝ってしまった。

3年ぶりのこの日、どこも桜で花やぎ、枝垂桜はすでに散り始めていた。

「とうとう誰もいなくなっちゃった
と、A子さんがつぶやいた。

ここには、中世から戦国時代の甲斐と駿河を結ぶ重要な交通路が走っていた。
その古い村がひとつ消えた。

CIMG4716.jpg

  廃村はただ白し 力石に花ふりつむ   雨宮清子

Mさんの死は村の消滅であり、力石の死でもあった。

      ーーーーー◇ーーーーー

Mさん、ありがとうございました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

Mさんが頑なに力石移動を拒否したのは、何故だろうか。
そう思ってMさんと力石の遺影を見たら、
何だか父と子のツーショットのように見えて。

ご冥福をお祈り致します。  合掌

おはようございます

この石はMさんが若い頃山から持ち帰り、力をつけようと毎日鍛錬に励んだ石だそうです。夢も希望も未来も輝いていたころの石で、そういう思い出がいっぱい詰まった愛着のある石だったと思います。

また広場へ置くことを拒否した一つには、主家からの主従関係にちょっとばかり背きたいという気持ちもあったのかも。その主家のご当主も亡くなり、麓の方々は「広場にあんなに立派に保存したけど、これからどうなるか」と心配していました。でも100年後200年後、探検家や発掘調査団が藪をかき分けてこれを発見したらおもしろいなと思っています。

この集落では昭和40年代まで力比べをやっていたので、7年前にはその体験者や見物人も5,6人いらっしゃったんです。そういう人にお会いできお話をうかがえたことは私にとって本当に貴重な体験になりました。後日Mさんに写真を差し上げたら、恥かしそうにさっとポケットへ隠してしまいました。

家にもあった!

長く生きていると知っている人との別れが多くなりますね。
20代の自分も馴染みのタレントさんなどの訃報を聞きます。
写真と同じくらいの石が実家の雑草と林の中に1つありました。たぶん60kgくらいだと思います。持ち上がりませんでしたが転がすことはできたので、整理された場所まで運びました。
力石文化を知らなかったら、放っておいたでしょう。
鍛えて持ち上げてみたいです^^

No title

shotaさんのような若い方に力石文化を知っていただいてよかったです。
庶民の文化は文字として残りにくいので。

幸い、私の「師匠」の元・四日市大学の高島先生が全国の調査資料すべてを一昨年、三重県立総合博物館に収蔵してもらいました。で、なんと、私メのこのブログも収蔵されることになりそうです。
嬉しいのなんのって!

追伸

ご自宅の力石の歴史を調べてみたらいかがでしょうか。
ご先祖にすごい力持ちがいたかも。

reply

このブログはすごいと思います。ネットで調べても出ないことが出てきます。
自宅の石はおそらく庭石です。とはいえ、形が綺麗で力石になります。
触るとパワーが貰えそうです。
ありがたいです。

No title

ブログランキング  第1位!
たった今、気付きました。

おめでとうございます。

ありがとうございます

これまでの人生の中で一番になったことは皆無。
ですから本当に嬉しいです。皆様のおかげです。

ブログを始めたころは閑古鳥が鳴いておりました。力石を「ちからいし」ではなく「りきいし」と読む方が大半でした。すっかり忘れられた石ですし、皆さまの印象はあの「りきいし」さんですから当然です。でもこのブログはその「りきいし」さんからもパワーをいただいていたような気がします。

No title

長野にもあるのでしょうか
雷電の生まれ故郷ならきっとあるかもしれないですね。
その辺に転がってしまえばただの大きな石ですが、たどっていけば人と人をつないだ大事な石。そんな記憶もかまわず桜の花はすべて隠してしまいました。

長野にもあります

長野には約180個ほどありますが、ほとんどが放置状態です。諏訪大社には江戸の有名な力持ちや日本一の力持ちの卯之助石がありますが、草むらの中。
上田市中央の平林書店に「力石を持つ石像」があるそうです。
書店が今もあれば、ですが。

廃村は寂しいです。でも少子化はものすごい勢いで進んでいますね。私の住む地区は人口が約1万4000人ほどですが、今年の新一年生は2クラス。ひところは7クラスもあったのに。ついに二つあった校舎の一つはいらなくなりました。子供の声が消えた暮らしは寂しすぎます。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR