FC2ブログ

父に自分を重ねて

昭和12年、井口らの念願だった「日本重量挙連盟」が誕生した。

しかし、世間からは「特殊なスポーツ」と見られ、
第12回明治神宮国民体育大会では、卓球などと共に、
「ふさわしくない競技」として除外された。

井口幸男の著書「わがスポーツの軌跡」には、
重量挙に対する世間からの容赦ない言葉が随所に出てくる。

馬鹿力を出すだけのもの」
「重いものを持つだけの単純なスポーツ

そんな中、貴族院議員の三島通陽氏が初代会長を引き受けてくれた。

家族から「重量挙とはおよそ縁遠い人が、どう考えてもおかしい」
と言われて、
「日本にはまだ重量挙の歴史がないのだから、
おかしな会長と思われても仕方がないさ。いまに立派な選手が生まれて、
その人たちの手で本当の運営がされる日がくるまで、
自分はその下地を作るのだからね」と。

写真は、
中国の政治家・汪兆銘氏から贈られた木製のバーベルを挙げる三島氏。
娘たちに「重量挙でなくて、軽量挙ね」とからかわれた。

img053.jpg
昭和15年5月

だが、三島氏は戦後、農地法によって資産を失い会長を退いた。

重量挙が置かれた状況は、戦後になっても変わらなかった。
昭和34年、
全国高体連・重量挙部の優勝校へ高松宮殿下が優勝旗を下賜。
そのお礼にうかがったとき、殿下からこんなお尋ねがあった。

あんなものは止めたほうがよいではないか。
あのような大きな筋肉をつけて一体何になるのかなあ。
仕事に差し支えないか」

それに対して、井口が、

若い時代には、あのような筋肉に憧れを持つ時期がありまして、
鍛錬に従って筋肉が隆々として参りますことが、
本人にとりましては楽しみの一つでございます」

と「お答え申し上げたところ、殿下はお笑いになっておられた」という。
のちに井口は著書の中で、こんな感想をもらしている。

「当時世間では重いものを持ち上げる動作や愛好者に対して、
嘲笑、罵倒、陰口をたたくという、実に埋もれた時代であった。
今日の発展を思うと、御下賜旗のことが偲ばれ、感慨ひとしおです」

しかし、バーベルの一つ前の力石の時代に生きた徳蔵は、
「見世物」「下層階級のやるもの」などという
井口ら以上の心ない蔑視や陰口をたくさん受けていたはず。

下の写真は、神田川米穀市場・帳場前の神田川(飯田)徳蔵です。

足元に力石、手にバーベル。
「力石からバーベルへ」の過渡期と、
徳蔵がその中心的役割を担ったという象徴的な写真です。

幸龍寺バーベル (2)

「たかが見世物」などと蔑視を受けたはずなのに、
アルバムに残された写真には、そんな卑屈さは微塵もない。
写真の中の徳蔵と仲間たちは、いつでもどこでも自然体で、
心底楽しげに、誰もが満面の笑顔で石挙げに興じている。

そんな徳蔵を井口はこう評価する。

「力石を相手に汗を流して力技を披露し、同好の士に酒をふるまう。
それが楽しくてしょうがなかったと聞かされて、
私はこの中にこそ真のアマチュア精神があると思い、
実に気持ちのよい話だと、微笑ましく拝聴した」

徳蔵が重量挙げの道場をつくり、そこで練習する井口たちへ
「強くなれよ」と激励したのも、世間からの「嘲笑、罵倒、陰口」を
自ら体験しているからこそ、と、私には思えてなりません。

バーベルを挙げる徳蔵の一人息子の定太郎です。
道行く人たちが珍しそうに見ています。

少年

この写真は、先に載せた「帳場前の徳蔵」の写真の下に隠されていたという。
それを発見したとき、徳蔵縁者のEさんはこんなことを思ったそうです。

父の姿に自分を重ねたのだろうか。
定太郎さんの思い を見た気がした」


※参考文献・画像提供/「わがスポーツの軌跡」井口幸男 私家本 昭和61年
               飯田徳蔵子孫所有のアルバム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR