FC2ブログ

男の料理教室

ちょっと力石を離れておいしいお話。

本日は月に一度のお楽しみサタデー。
勤務先の施設の利用団体さんに、男ばかりの料理教室がありまして。
私はいつもご馳走になっているんです。

どんどん腕が上達して、本当においしいんです。

こんな感じで料理スタート。
今回はスタートしたての場面のみ撮らせていただきました。

CIMG4310.jpg

刻む。

CIMG4311.jpg

皮をむく。

CIMG4312.jpg

サクサクサク

左下に見えるのは本日のメニューです。
持っているのは、創作料理を次々考え出す美人の先生。
本日は「春の和食」

CIMG4314.jpg

くるくる、トントン じょきじょき

CIMG4313.jpg

2時間ほどで出来上がり。

「お待ちどうさまァ~」

頭にバンダナ、エプロン姿のお父さんが事務室に持ってきてくださる。
ぷ~んといいにおいがただよう。

よそ様の殿方からの上げ膳据え膳。なんというシアワセ…。

「いっただきまあ~す!」

CIMG4323.jpg

上段左は油揚げにひき肉などを詰めた「狐ステーキ」
油揚げはちゃんと裏返して使っています。
右は「たけのこの混ぜご飯」

下段左は「蕨(わらび)炒め」、右はたけのこと若芽の「若竹汁」
一番右は「抹茶ケーキ」

CIMG4324.jpg

CIMG4330.jpg

盛り付けも美しく、どれも本当にいいお味です。
お腹も心も満腹!

完食です!

CIMG4332.jpg

みなさまの真剣なお顔、見事な包丁さばき、そして仲間との楽しげな様子を、
奥さまやお子様方に見せてあげたい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

若々しい姫

ちから姫サマがいつもいつも若々しいのは、まわり中に「男共」がいて、その連中の作ったものを食べているからでしょう。
ワタクシもできる限り美女に接するように心掛けてはいるのですが、なかなかムツカシイですね。
ウラヤマシィ~。

そうだったのか

おいしいだけではなくて、そういう効果もあったんですね。
余計、感謝しなくては。だから美女さんたちからおいしいものをいただいているヨリックさまは元気はつらつ、頭脳明晰なんですね。

みなさまに「ブログに載せたいので後姿をそっと撮らせてください」とお願いしたら、「真正面からでもどんどん撮っていいよ」とにっこりVサイン。でもいざカメラを向けると俯いて、サッと真剣なお顔になる。シャイなんですね。

家では作らないとおっしゃる。理由は「女房から、あなたが使うと台所の物の位置がグチャグチャになると嫌がられるから」と。
施設ではすごくきちんと片づけてくれますよ。調理台もピカピカ。モップでの床掃除も女性の料理グループより丁寧です。
おうちでは甘えているんですね、きっと。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。今、「力石からバーベルへの道」を書いています。

お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ブログランキング
ブログランキング
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR