FC2ブログ

四股名・神田川

☆未確認情報あり! 末尾。

     ーーー◇ーーー

神田川徳蔵橘町逸が、
名古屋市で力持ちを披露したのが大正時代最後の15年7月。

その4年後の昭和5年、徳蔵の元へ一人の少年がやってきた。
名は三木健一

「4年後なら昭和4年じゃないの?」と思われるでしょうが、
大正15年12月24日に大正天皇が崩御されたため、
新しい年号の「昭和元年」は12月25日から31日までの7日間しかなかった。
たった一週間でも1年は1年です。

翌元旦からはや、昭和2年。だから4年後の昭和5年というわけです。

徳蔵の元へやってきた健一少年です。
s5_5_8弟子 (4) 

初々しいですね。
で、この少年、なんと相撲部屋へ入門したのです。

この写真は、「徳蔵アルバム」に、
「清正公さんの力くらべ」のときの土俵の写真と一緒に貼ってありました。
このことから、
健一は名古屋の平出組の関係者ではないか、という気がします。

写真にはこんな説明がついていました。

s5_5_8弟子 

「昭和五年五月八日寫ス 
神田佐久間町居住 三木健一 十四才二ケ月
体重十八メ弐百 身長五尺五寸五分 

此ハ今回力士トシテ立浪部屋ニ佳弟入ス
力名 神田川

写真ではひ弱そうに見えますが、中学生にしてはなかなかの体格だそうで、
斎藤氏が白鵬の入門時と比較してくれました。

健一 身長166㎝余 体重68Kg余
白鵬    175㎝      68Kg

横綱となんら変わりません。

でも残念なことに、
神田川・健一君のその後は全くわかりません。

そこで、こちらをご覧ください。

img104_20180427200040702.jpg img105 (2)
碑の両脇に力石が置かれています。「虎勇」(左)と「魁」

左の写真は昭和10年に名古屋市中村区・妙行寺に建立された
「力持追善記念之碑」です。
名古屋の力持ち界の代表的人物だった永田寅吉を讃えた碑です。

徳蔵が名古屋の大物・寅吉一門と親しかったことは、
東京の「東助碑」に8名もの一門の名があることからもわかります。

碑の裏面には、
「昭和十年十月廿四日建立 米濱通 石菊」とあります。

右は碑の表下部に刻まれた関係者の名前です。
世話人に神田川徳蔵、発起人筆頭に平出健一の名があります。

そこで斎藤氏、推理を働かせました。
この「平出健一」は、あの三木健一少年ではないか、と。

相撲を辞めて故郷へ帰り「平出組」を継ぎ、碑の発起人として名を連ねた。

そうであれば、
このとき、弱冠19歳。

元・大相撲立浪部屋弟子、四股名・神田川、

どなたかこの健一少年を知りませんか!


    =情報=

まだ未確認ですが、三木健一に関する情報をいただきました。

徳蔵アルバムでは「神田川」を名乗っていましたが、情報によると
「国乃花」
昭和9年初土俵。昭和20年引退。最高位は三段目。

2007年か09年に、歌手でタレントのピーターさんの友人として、
国乃花の娘さんが「踊る!さんま御殿」に出演したとのことです。
ということは、
昭和10年建立の碑の「平出健一」は別人ということになります。

またの情報をお待ちしております。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。今、「力石からバーベルへの道」を書いています。

お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ブログランキング
ブログランキング
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR