fc2ブログ

恋文

世間ばなし
05 /16 2017
久しぶりに風邪をひきました。
ストーブをつけて毛布にくるまっても寒気でガタガタ。
咽喉は干からび過ぎて、白湯もうまく通らない。

三日目の今日は鼻水が固まりだしたものの、咳が止まらない。
ああ、力が出ない。
老いの身の哀れが身に染みる。

とまあ、弱気の虫がそろりそろりと顔を出しました。
こんなとき、私は昔の恋文を取り出すのです。

10代のころ、青年僧と知り合いました。
私が就職したのと時を同じくして、彼はタイへと修行の旅に出た。

「日本は寒いでしょうね。
少し旅行をしました。ボンベイは日中30度ばかり。暑くてまいりました。
タイ国もとにかく暑いのでまいります」

「インドは貧富の差が激しい所で…。
我々日本人がなんとかしてやりたい気持ちでいっぱいですが、
でもそんな時間があればあなたに一目逢いたい」

「今度はすごく美しいラブレターをつづります」
「明日より僧堂生活に入ります」
「今、バンコクにいます。同封したのは菩提樹の葉ですよ」

img965.jpg

「身体の調子が悪くなりましたが心配しないで」
「21日か28日に得度式を致します。日本にはいつ帰れるか…」

「会社、相変わらずですか? 頑張ってくださいネ」
「今月帰る予定でしたが、まだしばらくタイにおることにいたしました」
「あなたはどうなりましたか? ”お嫁さん”決まりましたか?
少し気になりましたので、ペンを握ったところです」

今読み返すと、愛情いっぱい、誠実さに溢れていて、
なんでもっとしっかり向き合わなかったのかと…。
修行の邪魔をしてはいけない、という気持ちもあったけれど、
すべての面で、私はあまりにも幼すぎた。

それから20年ほどたったある日、ふと手にした月刊誌に、
仏教の社会貢献を実践する彼の記事が出ていた。
立派なお坊様になっていた。

最後の恋文にあった
「一緒にアメリカやヨーロッパの旅へ行きませんか?」を、
彼は一人でやり遂げたらしい。

今まで恋文を広げて読むことはなかったのに、今日は無性に読みたくなった。
広げると一文字一文字から、
あの日々と変わらない、ちょっとおどけた柔らかな笑顔と、
春の芽吹きのような息づかいが聞えてきました。

それなのに、
そのあふれる愛を受け止めきれず、戸惑って逃げ出したあのころの私。
なんだか滑稽です。

はるばるタイ国から届いた菩提樹の葉は、傷ひとつないまま、
たくさんの思いを秘めて、今も私の手元にあります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

書かなかった恋文

一度も恋文を書かなかったヨリック。
好きな人がいたのに、そして逢う機会もあったのに、一度も恋文を書かなかったヨリック。
すべては遠い時間の彼方。嗚呼!
遥かな時間のあとに、もしも再び手に取っていただけることもあるのならば、稚拙であろうとも、想いのたけを書きとどめておくる勇気と器量がいるのでしたねぇ。
ちから姫のしみじみとした笑顔が文の間からのぞきます。

No title

ヨリックさま
遠い昔の話が今、蘇ってきて困ります。
歳の性ですね、きっと。

「お金がないけどあなたのために美しい石仏と宝石を買った、楽しみにしていてください」って書いて来たのに、私は彼の留学中に結婚してしまいました。
そして破綻。罰があたりました。

お寺という未知の世界に入る勇気がなかったんです。
今思うと後先考えずにふところに飛び込んでいけばよかったのにね。
仏縁がなかったということでしょうか。

彼は素晴らしい足跡を残して10数年前、御遷化されました。
私はあの世へ旅立つときは恋文と菩提樹の葉を持って行きます。

こんにちは

なんだか、本を読んでいるような気分です。
素晴らしい話、やはり小説より現実の話の方が、
数段も心に響きますね。

その頃の姫、可愛かっただろうと想像しています。
素敵な思い出を何時までも大事にしてください。

私などは、ただただ流されてずるずるで来ました。

No title

one0522さま
コメントありがとうございます。

もう未熟そのものでした。
マスコミに入ることや小説やルポで受賞するなぁ~んて夢ばかり描いていました。でもマスコミにも入り、受賞は小さなものをボチボチもらいましたから、ささやかながら実現しました。

ちょっと気恥ずかしいですが、この歳(いえないけど)になってやっとわかったことがあります。
私は人に愛されても人を愛してこなかったってことです。
ああ、もう手遅れだぁー!

でもこんな素敵な恋文をくださった方に感謝です。大切にします。

No title

物語のヒロインはスクリーンで見ているに限ります
主人公というものはやってみるとナカナカにつらいものですね

おはようございます

sukunahikonaさま、お久しぶりです。

おっしゃる通りですね。

今回はなんとなくその後が知りたくなってネット検索をしましたら、すぐ見つかりました。円満なご家庭を営まれ、寺院経営は大成功、アジアを中心とした交流と社会貢献での名声。
もうこれ以上ないというくらいの充実した世界を構築されておりました。

おかげで私の罪悪感は雲散霧消。
そしたらあの頃のことがすごく尊く感じられたのです。
なにしろ私は山頭火のような漂々とした姿に憧れていましたから。

スケールの大きな方だったんですね。でもその根本となった求道者の時代に私は居合わせた。本当に貴重な時間をいただいたんだとものすごく感謝の念が強くなりました。

人生に無駄はないですね。

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞