fc2ブログ

13歳の少女へ

世間ばなし①
10 /19 2016
祭りの写真コンテストで優秀賞に選ばれた作品が受賞を取り消された。
理由は被写体になった女の子の自殺。

ところが昨日、ご遺族が写真と名前を公表された。
私はこの勇気と強い信念に賛同します。ご両親の大きな愛情を覚えます。

「いじめ」

私もやられました。
まあ、からかいやすい性格なんでしょうね。
母からは常々、「もっと毅然とできないのか」と言われっぱなしで…。

一番強烈だったのは、50代初めごろのいじめでした。
これって年齢、男女、学歴、職歴に全く関係なく起るものなんですね。

新興住宅地で周囲の主婦たちから執拗ないやがらせを受けました。
一つ一つはささいないやがらせです。

道にたむろしていて、そこを通ると一斉に沈黙。通り過ぎると一斉に見る。
夜間タクシーで帰宅すると、隣家のドアが細く開く。
翌日、「夕べ男と会ってきたみたいよ」とのうわさが周りに広がっていた。
郵便受けの郵便物は路上へばらまかれる。
玄関には溶けた飴。ドアノブにはご飯粒。庭には犬の糞が投げ込まれた。
外の水道をいたずらされて、いつもの2倍の料金を払うはめに。

書いたらきりがない。彼女らは一日中、暇を持て余していたから。

しまいには夫たちも加担するようになった。
夫たちは夜間の敷地への侵入やのぞき。見つかるとニヤニヤ。
みんな立派な肩書の人ばかりです。

ある日、突然耳がふさがって聞こえなくなった。
突発性難聴の発症でした。
耳鼻科へ通って2週間目、医者が意外なことを言った。
「今、あなたに処方されている薬は何かわかっていますか?
精神安定剤ですよ」

医者は何か悩みがあるのかと聞いてきた。耳鼻科の先生がです。
そのときの私の様子がよほど異様だったのでしょう。

医者の忠告は「すぐそこから引っ越しなさい」だった。

そういえば真冬なのにベッドで汗まみれになって目が覚める。
それも一晩に2度も3度も。悪夢にうなされて跳び起きる。
自覚のないまま私は、心身ともに蝕まれていたんですね。
私は医者の忠告に従って持ち家を捨てました。

でもこの歳で、なぜ自分がいじめられるのかわからなかった。
で、そこの住宅地で親しくしていた知人に聞いてみたら、
こんな言葉が返ってきた。

「あなたには悪い所なんて一つもない。
ただあなたは私たち主婦ができないことばかりしているでしょ。
記者やったり本出したりテレビに出たり。息子さんたちはいい学校へ入るし。
私たちがどんなにがんばっても所詮、医者や大学教授や役人の妻でしかない。

だからみんなずっと悔しい思いをしていたのよ。
そしたらあなたは離婚して一人になった。いじめやすくなったんでね。
他人の不幸は蜜の味っていうでしょ」

心底恐ろしかったですね。
親しいと思っていた人がそんなことを思いつつ、私と付き合っていたなんて。
心の闇を見た瞬間でした。

そういえば、「離婚したら自由に不倫ができるからいいね」と
嫌味ともなんとも言い難いことを言いに来た主婦もいた。
こちらは食い扶持を稼ぐために必死で働いているというのに。
そのとき思いました。
扶養されるということは、こういう心の貧困を生むのか、と。

でも一つだけはっきりわかったことがあった。
それは「いじめられる人はいじめる側から羨望されている」ということでした。
今まで、
自分に落ち度があるのではないかとそればかり考えていましたから。

13歳で自ら命を絶った少女は、輝くような笑顔の美しい少女ですね。
きっと周囲からの嫉妬を一身に浴びせられていたのでしょう。
私のように「生活の背景」を変えるチャンスが見いだせなかったことが
悔やまれますが、でも、13歳の少女には苛酷な選択です。

仕事でお会いしたある写真家がこんなことを言っていました。
「出る杭は打たれるから、ぼくは出過ぎた杭になるよう努力しています。
だって出過ぎた杭は高すぎて、誰も打つことができないでしょう?」

受賞の写真は、この美しい少女の生きた証しであり、
いじめの残酷さを訴える無言の強さを秘めています。

賞を取り消し、隠蔽するのは、かえって少女への冒涜のように思えます。
だって少女はカメラマンに向かって、こんなに素敵な笑顔をみせたのですから。
今にして思えば、
少女の人生最後で最高の命の輝きだったのではないでしょうか。
この永遠の輝きを安易に消さないで欲しい。

いじめる側や、いじめなどに遭ったことがない人から見ると、
いじめは「稚拙でささいな」行為に見えますが、その本質は悪質です。

複数の平凡な人間が、自分たちより少しだけ秀でた、
あるいは自分たちとは異質の一人をターゲットにして、
「持続して害を与える」異様な犯罪です。

少女の心が弱かったわけではありません。
ましてやいじめの原因が少女にあったわけでは決してありません。

私は元の家にほど近いところに今、住んでいます。
勇気を奮って引っ越しの挨拶に行った私に、教授夫人が投げつけた。
「どちらへお引っ越しですの? 
団地? ああ、ああ、低所得者層が住むところですわね」

おかげさまで快適です。庭から覗き見する人もいないし。
団地のかあちゃんたちは、みんな忙しく働いていますから。

おもしろいことは、かつてのいじめっ子ならぬ主婦たちが、
オズオズと「お元気でしたか」と声をかけてくることです。
夫たちは気まり悪げに目をふせてお辞儀をします。

私は黙ってお辞儀を返します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんばんは

日本も、僻む輩、妬む輩など多くなったようです。
私も小学校を転校した時、数人が帰る時に囲んで、
忘れましたが、泣かそうとしたらしいのですが、
じっと頑張っていたので、その後は普通になりました。
やはり、彼らより可愛かった(?)からも!

姫の経験、酷すぎますね。
首領格が居るので、それに媚びた行いかな。
卑怯な人間は、いじけているわけですね。
それにしても、男までとはどんな奴らでしょう。
職場でも「いじめ」流行っているのでしょうか?

自殺の少女、私もTVを見ていて同じように思いました。
踊りが上手くて、度々表彰されたらしいですね。
で、同級生達は、やっかみや僻みでいじめでしょうが、
こいつらは一人では弱くて何も出来ないのでしょう。
この子のご両親は立派です。
市の関係者のだらしなさ、クレーマー辺りに弱腰で、
結果としてこう言うことになったのかと。

もう、TVで写真は公になってしまいましたから、
市の責任者は謝罪と降格(ちょっと酷いかな)くらいに。

息子が中学時代に、クラスの男の子が上級生にいじめられて、
それを聞いた息子が、上級生を脅したのか、
廊下や階段で会うと避けていたと、大分後で聞きました。

廻りに勇気がある人が居ると収まったのに、残念です。


No title

one0522さま
コメントありがとうございます。

つい昔話をしてしまいました。
友人がつけた私のあだ名は「直角三角形」。皆さんの目にはいつでも直角に行動する、決して間違ったことはしない、そういう人間に映っていたみたいなんです。そんなに堅苦しい人間かと悩んだこともありました。

昨年、自治会の防災チーフをやったときも、あんなに見事にやってのけた人はここでも他の地域にもいない、みなさんが流れるように指示に従っていたと消防署から褒められました。自分では普通にやっていただけだったから不思議な感じがしました。ただ、自分の一言でみんなが動く、これ、すごい「快感」でした。

仕事になるとそれに集中しますが、本当の私は、特に対人関係には鈍感で、いじめられても悪口言われてもなかなか気づかない。仕事ではきちんと主義主張ができるのに、こと私的なことになると加害者へ抗議することもできない弱虫です。
そのくせ後になって悔しがる。

母から「何を考えているかわからない子」と言われていましたから、浮世離れをした、ちょっと自閉的な変わった子供だったと思います。
でも荒波にもまれてこの年まで生き延びてきました。

m(__)m

\(^o^)/ 今晩は。

<いじめる側や、いじめなどに遭ったことがない人から見ると、いじめは「稚拙でささいな」行為に見えますが、その本質は悪質です>

麻呂のブログにも書きましたが、踏まれた人間の痛さは、踏んだ人間は気にも留めていません。いじめの原因も一つではありません。

幸いにというか、いじめられた経験はありませんが、今の仕事に就いてから、いじめ相談はかなりの数を受けました。
学校や教育委員会、人権擁護委員、民生委員児童委員いろいろなところにも出向きました。

事なかれ主義が蔓延し、暖簾に腕押し糠に釘状態で、さすがに、怒鳴り込んだこともあります。

表面上は殊勝な加害者も、内心ではあんな程度とか、みんなやってるし俺だけじゃないし・・・という本心が透けて見えます。

躾とは身を美しくと書きます。

one0522様のいうように、僻む輩、妬む輩など多くなったようですし、思うようにならない欲求不満のはけ口としてその対象を求める場合も・・・。

隠ぺい体質、事なかれ主義が社会全体に蔓延し、それを助長している、そしてそれをいいことに我を通したり、利益を得ている輩がいる・・・これではいじめは絶対に無くなりません。

いじめた人間をあげつらい糾弾することだけでは、新たないじめと同じですから、その人たちだけをやり玉に挙げるのではなく、地域全体で取り組まなければならない問題です。

しかし、その地域がおっしゃる状態であるなら・・・そんな親に育てられた子供たちは、それでいいのだ、いや「それがいいのだ」と教えられているわけですから、大人になったら、親と同じことをやるのでしょう。

教育は国家の基本、その教育が・・・子供たちをつまずかせています。


P.S.
脚の方は大丈夫でしょうか?

ありがとうございます

minekazeyaさま
いろいろご心配くださりありがとうございます。

いじめ相談の専門の方でしたか。
どうかより多くの子供たちを救ってあげてください。

私の体験はもうずいぶん昔になりますが、忘れられません。夫たちの深夜の侵入はさすがに恐ろしくて警察に電話をしたのですが、
「奥さん、それで被害がありました? 何もなければ警察は動かないの。たまたま近所の人が入っただけじゃないの? またなんかあったら電話ください」
でおしまいでした。

同じころ、自治会長の白紙領収書や会計係の数百万円もの使い込みが発覚して地域全体が紛糾しました。当時の自治会役員から出された「刑事告訴を」という話も大学教授らに潰されました。

妻たちの行為は単純な嫉妬ですが、夫たちの行動は私が記者ということで、警戒からの嫌がらせだったのかもしれません。

当時の役員の一人が自治会の不正を別の新聞社へ訴えて全国版に取り上げられ、私へのいじめは弁護士会が人権侵害として介入したため、みなさん、潮が引くように沈黙してしまいました。逆に「○○さんは雨宮さんをあんなにいじめたのであんな病気になって罰があたった」ということをみなさん、言いだして。罪のなすり合いでしょうか。そんな中、私は長居は無用とさっさと引っ越しました。

みなさんにとっても忘れられない「痛い思い出」なんだと思います。それが今、私へへつらう態度になっているような気がします。近くに引っ越した私がうらめしいのかも。

※脚は、いいかなあと思ってちょっと歩くとバリバリっと痛みが出て湿布。その繰り返しでしたが、最近ようやく大丈夫そうになってきました。半年かかりました。また遠出ができそうです。

今晩は。

町内でもそんなことがあるのですね。
信じられないです。

私は黙っておれない性格なので^^
二度までは何かの間違いかとどうにか我慢しても、
三度目には
警察などに駆け込んでいることでしょう!

イジメは大嫌い、絶対許されないです!

医者のひと言

Sinnさま
コメントありがとうございます。

新興住宅地なんて言い方は今はもうしないでしょうが、当時は本当にいやなところでした。見栄の張り合いばかりで。

苦しんでいる人がいたら、私は強く訴えたい。
「今の居場所からちょっと体をずらしてみてください。そしたら別の世界が見えてくるから」って。

私は耳鼻科の医者の「処方箋」?の転居を選びましたが、正解でした。
あのひと言がなければ、私もどうなっていたか…。

No title

医者と坊主の友達がいるのは有り難い。
これ、親父の酔っぱらった時の口癖。
これが名医であればもっと有り難い。j

耳鼻科の名医に遭遇し幸いでした。

しかし、、、やっぱりサヤ子ちゃんのキャリアには嫉妬する人いるだろうね。おばさんというより男に多いんじゃないかなぁ?

No title

kappaさん、お久しぶりです。

名医と出会うこと。本当にそう思います。
で、今度のことでハッとしたのは、
私はそういう「命の恩人」のことは忘れてしまっていて、被害だけを鮮明に覚えていたってことです。

ダメですねえ。助けていただいたのに。

女性と男性の嫉妬の仕方は、ちょっと違いますね。
男性は性的なものと結びつけて中傷します。
どちらにしてもやっかいです。

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞