FC2ブログ

無礼な国

通詞(通訳)、福地源一郎から、
「良吏としての才もなく、その器でもない」とこき下ろされたのは、
遣米使節団の正使・新見正興と副使・村垣範正

同行した儒者の玉虫左太夫も航海日記「航米日録」でこう記す。

官費旅行の船中で、終日、ただ飲食を務め…」

まあ、今の政治家さんにはもっと凄い人がいますからねえ。

「各地への視察・訪問を勧められても消極的で、
そういうふうに容易に応じないことで尊大さを示したつもりでいる」

「アメリカの探索よりも時計、ラシャといった当時の日本人にとって
珍奇なぜいたく品の買い込みに熱中
「警戒したつもりでいて、アメリカ人の詐欺同様の取引に騙される

まあまあ、玉虫さん、そういきり立たなくても。
アメリカ人も似たり寄ったりですから。

img135.jpg
「日本庶民生活史料集成」より

この絵は、安政元年(1854)、アメリカのペリーが函館に就航したとき、
地元住人の小嶋又次郎が描いた「ヘロリ買物ノ図」です。
やっぱり異国のものは珍しくていろいろ買ったそうです。

玉虫左太夫に批判された正・副使ですが、
副使の村垣範正はそんな批判などどこ吹く風。「航海日記」に、

    姿見れば異なる人と思へども
             その真心はかはらざりけり


と紅毛碧眼の異国人をヨイショ。

しかしそうは言いつつも、アメリカの風習にはご立腹で、
「初対面なのに外国使節の我らに茶の一杯も出さない
「歓迎舞踏会へ招待されて行ってみたら、ただ男女数百人が抱き合って
コマネズミのように回っているだけ。なんと無礼な国なんだ」

でも、怒るなかれ。
玉虫左太夫は「ああ、みっともない」と、こんなことも書いていますよ。

「使節団の中以下の者たちは、
ホテルで出された卵やオレンジ、砂糖まで懐に入れていた」

ひと昔前のホテルのバイキングでも、そんな光景がありました。

小嶋又次郎はこんな絵も描いています。描いた男4人のうちの二人。
img140.jpg

「全体、アメリカ洲の者、食事は行儀が悪く見苦しく…」
「この男(左の人物)は4人のうちの毒虫なり。
下士官と聞いたけれど、あまりの礼法知らずの男であった」

と、なかなか手厳しい。
この小嶋又次郎は商人ですが、函館で名主も務めていました。

さて、「西洋見聞集」の解説者によると、
全部で5回行われた遣外使節団で共通していたのは、

ただ上から命令されて渡航した正・副使などの上官と、
身分を武士から小使いに落としてでも見聞を広めたいという
強い信念と高いを持って臨んだ若い下級武士たちとの間には、
大きな開きがあったことだそうです。

なにはともあれこの遣米使節団、目的の条約批准を終えて意気揚々と帰国。
だが日本ではその半年前、大事件が起きていました。
「桜田門外の変」です。

春まだ浅い3月の、小雨まじりの雪の朝、
自分たちをアメリカへ送り出した大老・井伊直弼が、
水戸の脱藩藩士ら18名によって暗殺されていたのです。

水戸「一橋派」の粛清からわずか2年。

福地源一郎は著書「懐往事談」の中に、こう記しています。

「帰朝したら時勢が一変していて、彼らは皆、口を閉ざし
米国で見聞したことを口外しなかった

玉虫左太夫の「航米日録」直筆
img141.jpg

で、遣米使節団の一員としてアメリカへ行き、「航米日録」を書いた
玉虫左太夫はその後どうなったかというと、

属していた仙台藩に会津討伐の朝令が下った時、
左太夫は朝廷に背いて、討伐ではなく、
会津藩に降伏するよう勧める平和的解決への立場をとった。
これが会津討伐派の反感を買い、明治2年、捕えられて切腹。

四十七歳であったという。


<つづく>


※参考文献・画像提供/「西洋見聞集」校註・解説 沼田次郎 松沢弘陽
               岩波書店 1974
              /「日本庶民生活史料集成 第十二巻」 三一書房 1971
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

時代が変わっても、国民の違いがあっても、
ましてや政治を司る人間さえも、浅ましいですね。

なんだか、今の地方自治体の議員やらの酷さに比べれば、
遥か昔の話なので可愛げがあるように思いますが。

私も、竜馬や長州・薩摩は嫌っています。
だってね、テロリスト達ですから。

井伊直弼を襲ったのは、正にテロですから、
幕府も厳重に首謀者・扇動者など退治しなければ。

あ、新選組や鬼平の贔屓ですよ♪
反体制派は昔から嫌いな性質です。
安保騒動の時も、馬鹿な友人達を笑って見ていました。



No title

one0522さま
コメントありがとうございます。

力石からとんだ迷路に入り込んじゃって、それも幕末動乱という苦手な世界に。

でも知らなかったことがいろいろ出て来て、ちょっと面白くなってきました。でも早く抜け出して石に戻らねば、と思っております。

へろり~

こんにちは。いつもお世話になっております。
下田へ行ったとき、へろりさんのお話がいっぱいでしたが、確か子供は入れない大人のお寺があったような。

玉虫さんの平和的解決法のすすめは、見聞を広めて帰ってきたことの証しなのかな。どうなのかな。

苦手なんてもんじゃない幕末明治ですが、こうしたお話はとても面白いですね。

掃部さま

つねまる様
コメントありがとうございます。

18歳未満お断りのお寺? 
伊豆はおおらかなところで、巨大な○○がご神体になったりしていますから。

奥医師の姫、みねさんの聞き書き「名残りの夢」にも、井伊大老暗殺のことが出ています。
井伊家では3月の節句に主人が鼓を打つ習わしになっていて、あの暗殺の朝、その鼓がぱあんと破れたそうです。それで奥方はじめ家来が登城を止めたとか。

彦根藩では赤穂浪士みたいに仇討をしなかったので、世間では彦根の腰抜け武士と蔑んだけれど、水戸の陰には薩摩や長州がいてその根がどこまで続いているかわからない。
問題を大きくすれば国はどこまでも乱れるから泣き寝入りするしかないと、モノのわかった彦根の武士たちは思ったということが語られていました。

みねさんは「掃部さまは首がなかったとかあったとか。まことに寂しい御最期でございました」と。
同じ事件でも男性と女性とでは受け取り方がちょっと違いますね。とても興味深い話だと思いました。

日本庶民生活資料集成

この本はたしか戦前三一書房から出版されたかなりの大部でしたね。
ワタクシの書いております野田泉光院の日記はこの全集の第二巻にあったと思っております。
浜松市立図書館にあったのを借りてきて、毎晩寝床の中で小さなパソコンに、当時はまだVer.5だった「一太郎」で、この日記を全部を一枚のフロッピーディスクに収めて、それを全部プリントして、そうして現在のワタクシのブログがあるのです。
懐かしい書名を発見しました!

No title

ヨリックさま
コメントありがとうございます。

「日本庶民生活史料集成」、私は1970年代に発行されたものを持っています。
確か一冊1万3000円ぐらいしたと思います。20巻ですから約30万円。

ヨリックさんのように書き写しをするとよく覚えられますが、私のようにただ持っているだけでは宝の持ち腐れですね。

たびたびの引っ越しでその都度、本は処分しましたが、それでも3年前の引っ越しのときは二部屋本の段ボールでいっぱい。今はなるべく増やさないよう、図書館を利用していますが、これを遺された息子たちは困るだろうなあとそんなことを思ったりしています。

つねまる様へ追伸

つねまる様へ

玉虫左太夫の「平和的解決」の件ですが、訪米の影響はあったと思います。

最初は「夷狄」と蔑んでいたけれど2か月に及ぶ船中で水夫らと親しくなり、上陸後は積極的に「探索」。日本では将軍や藩主の顔を見ることさえできないほど上下関係が厳しいけれど、アメリカは上下一致の社会だと驚く。
この思いは勝海舟も福沢諭吉も同様です。

また、海岸にのみ砲台を置いているのを見て「アメリカ人は日本人のように城郭を経営せず、共和政治をしている」と解釈しています。副使の村垣が「海に向けている砲台なんて役に立たない。ただの飾り物だ」と思ったのとは対照的です。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ブログランキング
ブログランキング
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR