fc2ブログ

蒲原余話 海ガメがきた町

世間ばなし①
06 /05 2014
昨日ご紹介した静岡市清水区蒲原(かんばら)の話です。
蒲原は左手に富士川河口を、そして目の前に太平洋を望む町です。

江戸時代にはここに紀州・徳川家の藩公用の飛脚、七里役所があって、
刀と十手を持ち、昇り竜下り竜の伊達半てんをひるがえした男たちが5人
一組となって、街道を走り抜けて行きました。
そして広重は、ここで「蒲原夜之雪」を描いた。

そんな町にかつてアカウミガメが訪れていたのです。

img177.jpg

この蒲原に大津さんという方がいた。
失われていく砂浜で小さな子ガメたちを見守り続けた人だ。
昭和59年のことだった。
「地曳網に何か動くものがあるってんで駆けつけてみたら、
大きな親ガメでね」
それから大津さんのカメの観察が始まった。
しかしこの記録も昭和61年で終わってしまう。
浜に波消しブロックを沈めるたびに、カメは姿を見せなくなったのだ。

この大津さんには、もう一つの顔があった。
蒲原はかつて「日本一のケレンの町」と言われた。
ケレンとは鉄橋や鉄塔などの危険な高所での塗装作業のこと。
あの東京タワーを塗ったのもここのケレン衆だった。
大津さんはそのケレン衆の監督をしていた人だ。
「バラカン気質っていってね、気は荒いけど心に裏表がない
気のいい人間ばかりで、みんな誇りを持ってやってましたよ」

お会いして間もなく、大津さんは亡くなった。
そして平成11年、蒲原の浜に海ガメがやってきた。
13年ぶりの上陸に町は沸いたが、それが最後となった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

なぜ?

愚問ですが・・・
>しかしこの記録も昭和61年で終わってしまう。
浜に波消しブロックを沈めるたびに、カメは姿を見せなくなったのだ。
・・・・・・

何故?波に浜辺が侵食されてきていたのですか?

自然に人間が手を入れるということは、ろくな結果を生みません。どんな建造物でも地震には勝てない。阿蘇の巨大な噴火口を見てきたばかりの私は大自然というか地球が生きている中で人類の行いは茶番だ!としみじみ考えています。

今世紀に入ってからでも絶滅した生物は数えきれない。科先進国と言われる日本において、いったい人間は日本オオカミを科学の力で作り出せるのでしょうか?失われた数々の生物たち・・・地球上もっとも野蛮な動物であるところの人間が滅ぼした数々の生命。
そんな命を何とも思わないんでしょう。だって、人間同士が殺しあう世の中、戦争で殺したり、公害で殺したり、薬害で殺したり、放射能で殺したり、メディアを使って弱者をいじめ殺したりと…実に残虐な動物なんですから。

No title

kappa様
コメントありがとうございます。

砂浜が消失していったのは、河川の砂利採取が大きかったのではないかと思います。世界遺産になった三保の松原は、静岡市を流れる安倍川の砂で形成されたといわれていますが、砂が堆積されなくなって浸食されています。世界遺産の浜に波消しブロックは似合わないので、県では頭を悩ませているようなことを聞きました。

また大井川は、明治43年のダム建設以来、ダムラッシュの川になりました。そのため「越すに越されぬ」と歌われたこの川は、水が一滴も流れない河原砂漠になったのです。なぜそうなったかというと、取水した水を川へ戻さずすべてパイプで下流の発電所へ送ってしまったからです。そのほうが能率がよかったのでしょうね。

結果、お茶に大切な川霧が発生しない、上流域の集落は堆積した砂利で大雨のたびに水浸し、おまけに井戸まで枯れてしまいます。そこで住民たちは「水返せ運動」を起こします。数年のち、電力会社はしぶしぶ毎秒5トンの放流を約束しました。地元の人に言わせると、毎秒5トンの水は微々たるものだと。

おっしゃるように、自然との共生が一番下手なのは人間ですね。今でも思い出すのは、21年前にお会いした林業家の言葉です。
「水道をひねれば出る水も、水源地に木を植える者がいればこそです。山村に人がいなくなるということは、水道の管理人がいなくなるということです」
85歳の現役林業家でした。

No title

言い忘れました。
港や工場建設のための護岸工事、これが浜辺を消失させた一番大きな原因かもしれません。

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞