fc2ブログ

ぜひ見に来てください「稚児舞楽」

古典芸能
04 /03 2016
静岡市の静岡浅間神社には、
全国的にも珍しい稚児が舞う舞楽「稚児舞」(ちごまい)があります。
(国の選択無形民俗文化財)

img983.jpg
「太平楽」です。「廿日会祭」パンフレットより

静岡市を流れる安倍川の対岸に、
建穂寺(たきょうじ)」という秦氏ゆかりの古刹がありました。
稚児舞はその建穂寺の稚児が浅間神社に奉納していた舞いで、
大阪・四天王寺から伝わったという伝承があります。

稚児舞の記録は、戦国時代、駿府の今川氏を頼って京都からやって来た
公卿・山科言継(ときつぐ)の「言継卿記」に出てきます。

これは稚児が乗る「輿」(こし)です。
CIMG3035.jpg

こんな風にして浅間神社まできます。昔は安倍川を渡ってきたそうです。
img984.jpg

4月2日、その練習を見学してきました。
4人の小学生が舞い人になります。

まずは拝殿へ向かって二礼二拍手一礼。
CIMG3038.jpg
静岡浅間神社・舞殿(まいどの)

拝殿と舞殿をつなぐ橋に立つ二人。少し緊張しています。
CIMG3040.jpg

まずは天下泰平を祈って四方を清める「振鉾(えんぶ)」の練習です。
CIMG3045.jpg

こちらは一人で舞う「納曽利(なそり)」
CIMG3056.jpg

CIMG3058.jpg

次は笏を持って舞う「安摩・二の舞」です。
この舞には黒い面をつけた「ずじゃんこ」と呼ばれる爺と婆が登場します。
この爺と婆、滑稽なしぐさをして稚児を笑わせようとします。
ずじゃんこ役は建穂地区の大人が演じます。

このとき稚児が笑ってしまったら、その年は不作、笑わなかったら豊作。
爺と婆は笑わせるのに失敗します。
「二の舞を踏む」という言葉はここからきたといわれています。

CIMG3061.jpg

稚児舞奉納は4月5日(火)です。
11時、稚児行列、別雷神社を出発。
12時から、浅間神社にておねり曳き揃え・稚児供覧。
午後3時30分から舞殿にて稚児舞奉納。

4人の小学生の華麗な舞いをぜひご覧ください。

img981.jpg

なお、
浅間神社内、静岡市文化財資料館=☎054・245・3500=では、
企画展「廿日会祭と稚児舞」を開催中です。(17日まで)
廿日会祭は、(はつかえさい)と読みます。
入場料は一般200円、中学生以下50円、70歳以上無料。

学芸員さんたちの気合の入った、見ごたえのある展示です。
浅間神社所蔵の絵図は圧巻です。
最後の将軍・徳川慶喜撮影の稚児舞の写真も展示されています。

ちなみに私はこの資料館の運営委員をしております。

みなさん、ぜひお越しください!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

なんと素晴らしい

こんにちは。いつもお世話になっております。
まあ!稚児舞で安摩に納曽利!素晴らしい伝統ですね。あの曲を小学生が舞うとは、なんて素敵なことでしょう。
え、二の舞が残っているんですか。これもまたすごいですね。
ああ、生で拝見したいなぁ。ちょっと無理なのが残念です。

子供たち、真剣です

つねまるさまは確か能楽への造詣が深く、ご自身もたしなんでいるようなことをグログで拝見しました。私はお恥ずかしいですが全く無知で、ただ「ああ、いいなあ。素晴らしいなあ」と感動するだけ。

この時期、これとは別に「静岡祭り」というのがあって、東京からちょっと古い俳優や女優をつれてきて家康に扮装させたり、また、よさこいかソーランみたいな市民の総踊りがありますが、私はそういうのはちょっと…。

「納曽利」ですが、この神社では一人で舞います。「落蹲」というそうです。昔はもっとたくさん舞ったそうですが、現在は先の4つに「還城楽」の5曲です。

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞