fc2ブログ

疫病ゴミ

ショートショート
01 /13 2024
大災害の現地視察に赴こうとしている、とある国の首相と側近の架空の会話。

側近「首相、賞味期限切れは歓迎できないと現地から言ってきております」
首相「なんだと! 失礼じゃないか。言うに事欠いて賞味期限切れとは」
側近「ですが被災地のみなさん困惑しているそうです。
  見てくれだけで騙すような、あんな上っ面だけの役立たずは迷惑だって」
首相「上っ面だけの役立たずだと! ますます無礼千万じゃないか!」
側近「家がつぶれて大勢の人が亡くなって寝る所も食べ物もないのに、
  なかなか救援物資が届かず。
  得意のバラマキはどうしちゃったんだろうって思ってたら、
  発生から10日もたってようやく動きが…。でも安堵したのもつかの間、
  あんな食えない疫病ゴミが来るなんてと、みなさん怒っているとか」
首相「あんな食えない疫病ゴミだと!
  恐れ多くも一国の指導者の私に言うセリフか!」


DSC05412.jpg

側近「ですがすでに体調を崩して病院へ収容された人も出ているとか。
  あんなのは見るだけで胃がムカムカ、これ以上被災者を苦しめるなって、

  避難所はパニックになっているとか」
首相「パニック…」
側近「はい。あちこちでゲーゲー。思い浮かべるだけで吐き気と下痢が…。
  人々は口々に、あのウイルス野郎と…」
首相「ウイルス野郎だと! やめたやめた! 被災地視察は取りやめだ!」
側近「それは困ります。真新しい防災服着て安全地帯でぬくぬくとでは、
  世間がうるさい。ここはひとつ、人気挽回のためにもお出ましを。
  安全な場所でテレビ映りのいいご老人を用意させておきますから」
首相「だって私はウイルス野郎なんだろ? 上っ面だけの役立たずで、
  賞味期限切れの疫病ゴミなんだろ?」
側近「あはは、何を勘違いされているんですか。
  被災者が言う賞味期限切れの疫病ゴミは、
  先に避難所で配ったおにぎりのことでございますよ」


     ーーーーー◇ーーーーー
被災地では空き巣や置き引き、詐欺師も出没しているとか。
加えて、期限切れの迷惑物資も。


雑草のモンスター
石垣の草

昔、近所の医者の女房が某所に支援物資を送ったら、
先方から「二度と送ってくるな」と断りの電話があったとかで、
本人は「人の善意を踏みにじって」と怒り狂っていた。


送った物は、
「若い頃着た高級服に、履き古したテニスシューズなどなど」

「主人のも私のも昔の服だけど彼らには到底買えない高額な服よ。
テニスシューズはちゃんと洗ったわよ。
段ボール2箱も送ったのよ。送料返せと言いたいわ」

その彼女が私の所に、
「食べきれなくて余ったからいかが?」と持ってきたのは、
黒ずんだ甘エビ5尾と期限切れのコーヒーと何かのおまけのビスケット。

生食用の甘エビの食べ残しをその都度凍らせていたのだろう。
穴ぼこが開いた氷ごと強引に押し付けて、
「茹でれば、まだ食べれるわよ」

しかしさすがの彼女も気になったのだろう。
翌日、「召し上がった?」と聞いてきた。

もちろん、絶交した。


こういう「疫病ゴミ」が被災地を困らせているんだろうな。


  ーーーーー57年前の輪島の朝市ですーーーーー

みんな焼けちゃったんですよね。何とも言いようがありません。

img20240112_09060070.jpg

img20240112_09060070_0001.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
   
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは

先にコメントいただいた「以前の知り合いで医者の妻のひどさを思い出しました」の内容が分かりました。😓

最近は記事にあります、賞味期限切れのお方?が視察だとか。迷惑ですね。見たところで何を得るのでしょう。東北でありましたね、長靴を持ってこなかったからと迷惑な、おぶってもらった議員がいました。
そのような視察に使うお金、暇があるのならば、復旧、復興に使って欲しいですね。

今やドローンやヘリでの映像で確認でき、各方面からの報告で被害状況は分かるはず。それらを初期に行わないで、よくいままで政治判断をしてきたとあきれるばかり。
ドローンやヘリと言えば、今日、山の頂上まで運送できる時代、道路網が使えないとなれば真っ先に行使しなければならないはず。

「政治とは光の当たらない所に光を当てる」が、どうなんでしょう、湯水のごとく金を使って、万博に光を当てたいというのでしょうか。それで国民の生活が向上すると考えているのでしょうか。

K.miyamotoさんへ

南海トラフ大地震と富士山噴火が近いと言われている当地です。
能登の大地震は他人ごとではありません。
学者さんたちによると、日本政府は災害後の救援や復興のシミュレーションを何もしていないとのこと。今回の地震でもそれが露呈したような気がします。
数年前、今回の震源域の地下に流体があって危ないと言われていたそうですね。
それが今回動いた。

万博、カジノという訳のわからないものに、いい大人が、しかも政治家たちがごり押しをしています。利権や中抜き云々などと巷で囁かれていますが、これほど無茶苦茶で絶望的な状況は今まであったでしょうか。某学者の言では「南海トラフで壊滅的になったとき、機能しない日本政府の代わりに中国が出てくるだろう」と。日本の食料自給率のひどさを思えばこのとき日本は消滅か、なんて私は思ったりしているんです。ド素人ですから笑われそうですが。
とにかく政治家の数を減らして欲しいです。ゴミが多すぎます。

続きです

> 某学者の言では「南海トラフで壊滅的になったとき、機能しない日本政府の代わりに中国が出てくるだろう」と。

昨今の情勢を見ればロシアがでてくるのでは。
最近のロシアの情勢報道では、北方領土に滑走路の陳情が出ていて、
大統領の訪問も検討しているとか。

先人が終戦時に死守した北海道、なのにいまや鉄路も廃止になり人口も少ない。
国民は尖閣にばかり目を向けさせられていますが、日本救護という目的で
北海道に乗り込まれたら、ひとたまりもないと思う。
議員さんの視点はどこにあるのだろうか。

> とにかく政治家の数を減らして欲しいです。ゴミが多すぎます。

全くもってその通りです。
片方で大地震を危惧し、片方で万博を強行、開催中に災害が起きれば、自衛隊は救助で手一杯、防衛どころではない。前例があるだけに、ロシアの侵入をたやすく許してしまうことを危惧しないのだろうか。日本に災害が多いのは、神々や英霊のお怒りと思いたくなる。


K.miyamotoさんへ

ロシア、確かにそうかもしれません。
前述の「中国」云々は、確か養老孟司氏と名越康文氏の対談、「ニホンという病」の中の「ウクライナ×ロシア」の中に出てきたと記憶しております。こんな対談だったと思います。

名越
「ウクライナ侵攻の問題に関してはいろいろな見方がある。
一つには政治的な見方。もう一つには食料問題。プーチンの行動思考には食料危機があったのではないでしょうか。ここ数十年、西側諸国はウクライナの農地を買い占めてきたわけですから。プーチンはそうした状況をそのまま許しておけないと思ったんじゃないでしょうか。そのうち日本がロシアに攻め込まれて、北海道や沖縄が危ないという声が出ています」
養老
「先のことを心配するなら2038年に発生するかもしれない南海トラフ地震の復興ですよ。巨額の復興資金を出す余裕があるのはたぶん中国だけ」

でも中国の政局も最近、いろいろあるみたいですし。
どちらにしてもアメリカの「食料戦略は最も安価で最も強力な武器」の餌食になった日本は、自国の農業を自ら消滅させてしまいました。おバカな政治家たちのせいで。

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞