fc2ブログ

世間ばなし③
01 /10 2024
元日の夕方息子一家が帰ってすぐ、片付けを開始。

布団カバーやタオル、毛布の洗濯、台所の洗い物や掃除、
汚れたおむつの始末などを終えると、シャワーも浴びず布団へ倒れ込んだ。

ところが真夜中、ムカムカっと。

慌てて台所へ直行。途端にぶわーっと嘔吐。
のべつ胃の不快感が襲ってくる。

吐いて吐いて、また吐いて。最後に大嘔吐。
そしたら今度はすごい下痢が始まった。

これってノロウイルスじゃないのか! 
以前勤めていたところで、胃の内容物を噴水のように吹き上げた人がいて、
ノロウイルスだと騒いでいたが、その光景が浮かんだ。

孫のために絵本を作った。「ばあば、大好き!」の声にほだされて。
img20240108_21410349.jpg

白湯ばかり飲んで少し落ち着いたら、朝になっていた。
息子たちはと心配していたが、この症状はどうやら私一人らしい。

ストレスか…。
嫁の病気とそれに伴う息子の疲労が半端でなかったから。

息子は任された大きな仕事を直前で断念せざるを得ず、
将来を半永久的に断たれた悔しさを滲ませていたし。

長期の家事・育児と嫁の世話で、心身ともに極限状態だったのだろう。

2か月前に一家全員インフル、アデノウイルスに罹患。
自分も罹患しながら家族の面倒を見ているうちに、
今度は息子だけ帯状疱疹に。

見ればまだ顔にカサブタが付いていた。

「ごはんはどうしてたの?」と聞いたら、「コンビニで」と。
腫れあがった顔で動き回っていたと、止まらない咳をしながら言った。

中年に差し掛かった息子が、赤ん坊のおむつを替え離乳食を与えている姿に、
胸が詰まった。


その痛々しさと息子の体調への心配と展望のない今後に暗澹としつつ、
私は平穏な暮らしから一変、食事や孫の世話に明け暮れていたから、
知らず知らず心労が重なったようで…。

嘔吐と下痢はそのときだけで収まったが、食欲が全くない。
毎日、水ばかり飲んでPCとにらめっこして居眠りをして…。

孫二人と嫁の世話を、たった三日間しただけでこうだから情けない。

利発だが情緒不安定気味。3歳半なのにまだおむつ。偏食も気になって。
育児放棄の母親に腹を立てつつ、どうか健やかに育ってと祈りつつ。
img20240108_21443506.jpg

6日目に無理やりうどんを食べたが、
気持ちが悪くなって半分も食べられない。

翌日の昼になったらなんだかお腹がすいてきたので、パンを食べた。
今度はすんなりお腹に収まった。

寝てばかりではいけないと思い散歩に出たら、歩き方がおかしくなっていた。
足が「ロレツが回らない」って感じで、うまく歩けない。
動かずにいたからだろう。

8日ぶりにご飯を炊いた。もち麦入りにした。
冷凍してあったシャケを焼いて食べた。味がわかっておいしく感じた。
もうムカムカしなくなっていた。

いい天気なので長めの散歩に出たら、今度はうまく歩けた。

あ、トンネルを抜けたんだと思った。

そうだ、花を飾ろうと思い立ち、小さなバラの花束を買った。

20240108_122641.jpg

農協市場で「ほうば餅」も買った。

20240108_123814.jpg

花っていいなと、しみじみ思った。ふうーっと安らいだ。

花を見ながら、ほうば餅を2個食べた。

ようやく前向きになった。

あの日別れ際に「ありがとうございました」と息子が言った。
孫に「またゼリー、作ろうね」と言ったら、べそをかいた。

去年の秋、二人の子供を連れて深刻な顔でやってきたとき、
「こんないい子たちを授かったんだもの」と言ったら、
息子はほんのり明るく頷いたっけ。

そうだよ、明るい方を向いて歩いていけばいいじゃない。

どうせ私のこの先しれたもの。
少しでも支えになりたいから、倒れるまでがんばってみるか。

        ーーーーー◇ーーーーー

石川県七尾市の能登島で「寒ブリ漁再開」のニュース。

なんだか泣けてきて…。

被災者から逆に励まされました。
食べて応援するしかできないから、ここまで届いたら絶対買います。

岸田さん、被災地に行くんなら、自前のおにぎりを背負って行ってください。
被災地で飲み食いして、
被災者の食料を減らすようなことをしてはいけませんよ。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ほんとです
母はいつまでも太陽でなくては
まだまだ
どうか気をつけて
そして
みんなに明るい光を

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちい公さんへ

「太陽」も、このごろは雲が多くて…。
知人から、お正月は温泉旅館に母親を招待して共に過ごした、
なんて話を聞くとやっぱり羨ましいです。

鍵コメさんへ

本年もよろしくお願いいたします。

昨年から古典を声を出して読むようにしています。
これがなかなかいいんです。
日本語のリズムって気持ちがいいですね。

「命ながければ恥多し」(いのちながければ辱おおし=徒然草)
高校生の頃、はみだしっ子の女子生徒が呪文みたいにこれを言っていたんです。
不良にもなりきれない優等生にもなれない、そういう己を自虐的に。
今、そのことがしきりに思い出されます。

No title

こんばんは。大変遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

記事を見てビックリしましたが、私も7日の夕方に突然の下痢と嘔吐でダウンしました。ノロウイルス感染と疑い、数日前一緒に生ものを食べた親戚にも注意するよう電話し、家族にも近づくなと宣言して寝ていましたが、胃痛は続くものの、下痢も嘔吐もそれっきりで、どうやら急性の胃腸炎でした。今日やっと固形物が少し食べられるようになったところです。

ちから姫様は、回復されたようで何よりです。新年の北陸地震や羽田空港の事故などもあり色々なストレスも重なっているのでしょうね。(私の場合まァ、年末年始に酒を飲み続けたのが一番なんですけど💦)お大事になさって下さい。

torikeraさんへ

本年もよろしくお願いいたします。
torikeraさんもですか。
私はあんな盛大な嘔吐は初めて。食欲が出るまで時間がかかりました。
息子たちが滞在中の三日間はほとんど立ちっぱなしで台所仕事。それ以前から買い物やら準備で消耗していたので、一日目に心臓がバクバクしてしばらく横になってなんとかという状態で。でも体力的なことより神経を張り詰めていたのでそちらの方が大きかったです。問題は今後ますますなので、ストレスは続くと思いますが、なんとか明るくいきたいと思っています。

花はいいですね! すごい癒されます。
時々、花に向かって「おーい!」と呼び掛けています。(笑)

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞