fc2ブログ

初笑い

ショートショート
02 /06 2024
夫「京都へ出張だ」
妻「いつからですの?」
夫「明日の午後から。会社からそのまま直行する」
妻「まあ、ずいぶん急なこと」
夫「すまんな。リモートでは埒があかない案件なんだ。翌日には帰る」


夫「もしもーし。あ、オレ。まだ京都だ。
  取引先との話がまとまらなくて一日伸びた。すまん」
妻「まあ。じゃあ、お帰りは日曜日ね。ごくろうさま」
夫「すまんね。土産、忘れずに買っていくから」


夫「ただいま。最終の新幹線にギリギリ間に合った。はい、お土産」
妻「まあ、うれしい」
夫「いつも寂しい思いさせちゃってるしな。奮発しちゃったんだぞ」
妻「あれ? なにこれ?」
夫「なにこれって、なんだい」
妻「お父さん、確か京都へ行ったんですよね」
夫「そう言ったじゃないか」
妻「でもこのお土産、北海道の…」
夫「えっ! そ、そんなことは…。変だな」

妻「さてはあなた! 出張じゃなくて不倫旅行だったんでしょ !
  確かにリモートじゃ埒が明かない案件よね、そうでしょ!」

夫「お答えは差し控えさせていただきます」
妻「なに政治家みたいなこと言ってんのよ!」
夫「し、しかし、お前が疑念を抱くような状況になったことは…」
妻「あったんでしょ! その彼女と」
夫「はぁー、どこかでお会いした記憶があるようなないような…」
妻「あ、そう。
  あなたって、少なくともそんなに美男子とは言わんけれども、
  くたびれた中年男ながら、若い女性を引き付ける力があるんだから、
  たいしたもんよ。
  そこでひと言。ほ~、このおじさん、やるねぇ」
夫「どのような声もありがたく受けとめております」


夫婦の珍問答を聞いていた金次郎さん、思わず倒れてしまいましたとサ。

DSC00945.jpg

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちは

姫のせっかくのコント「初笑い」ですが、
赤裸々な「いつの間にか傘寿」を読んだ後なので、
笑えなくなってしまいました。
男と女、所詮は他人。今、熟年離婚が増えつつある中、
姫の記事のようにいつかは相手に齟齬を抱いて、
遅かれ早かれ他人に戻るのではと、
身につまされるような思いでいます。

姫は今傘寿をお迎えになって、
お孫様に囲まれお幸せであることが何よりも
救いです。そのお幸せを「いつの間にか傘寿」
の記事のなかにおすそ分けいただいたら、
小生、うれしく思います。

至らぬことを申し上げました。お許しください。

K.miyamotoさんへ

コメントありがとうございます。
私的な暗い話をみなさまにお聞かせするのは、と悩みつつ書いています。
ただ、一つ書くごとに気持ちが軽くなり浄化されていくんです。
時間が立ちすぎているせいか、自分のことなのに他人事のように書けます。
それと児童虐待や家庭内DVに悩まれている方々の自己解放のヒントに
少しでもなればと思ったりしていますが、
これはちょっといいカッコしいですね。

古典に「命ながらえば恥多し」というのがあります。
本当に私の80年の歳月は「恥」の歴史でした。
でもなぜか傘寿を迎えたら「恥」でなくなってきて、
叩かれても起き上がる、そういうことができた道のりで、
案外ツイテル人生じゃないのって心境に変わりました。
終わりよければすべてよしですものね。
おっしゃっていただいたように「今」の幸せも書いてまいります。
今後ともご意見など賜りたいと思います。よろしくお願いいたします。

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞