fc2ブログ

いつの間にか「傘寿」①

いつの間にか傘寿
09 /08 2023
私、80歳になりました。

傘寿

市からお祝いが届きました。
「多年にわたり社会の発展にご尽力され…」

いえいえ、そんなことは…。(#^.^#)
「これからも健やかに自分らしい生活を…」 はい! 命の続く限り。

20230904_194103.jpg

年齢のことは忘れていたけど、
気が付いたら、鏡の中の顔はかつて見た老いた母の顔そのまま。

でもほとんど気にならない。今までもずっとあるがままだったから。
ただもう「先は知れている」ということに、びっくりした。

周囲の知人たちは終活、断捨離に時間を費やしている。
私も、と捨て始めたが、待てよと立ち止まった。

部屋にあるものは私の人生そのもの。
それを捨てるのは自分を捨てるのと同じではないか。

それはいやだ。

息子たちへ託すものさえキチンとして、
あとは整理屋さん費用を残しておけば、と考えて断捨離は止めた。

だから今まで通り、ゴチャゴチャした中で暮らしている。


知人からお祝いが届きました。ウフフ、なんだか妙な気分。
20230824_152805.jpg

開けてみたら、プリンが…。

子供の頃、先生から「一番尊敬する人は誰ですか?」と問われて、
私は「郵便屋さん!」と答えた。

そのころの郵便配達は黒い大きなカバンを肩から斜めにかけて、
自転車に乗ってやってきた。

家の前でカバンをパカッと開けて手紙を取り出す。
私はあのカバンには夢がいっぱい入っているんだって思った。

カバンいっぱいの夢を運んでくる人だから、
郵便配達のおじさんは、私には光に包まれた特別の人に見えた。


今もその気持ちは変わらない。

宅配のお兄さん、大雨の中をカッパ着て、この贈り物を届けてくれた。
やっぱり光に包まれた特別の人って思いましたよ。
20230824_153118.jpg

異国に住むご夫妻から誕生日の早朝、お祝いメッセージが届いた。

「私たちはいつもあなたを想い…」

あ、ありがとうございます。

「ほんのちょっとしたことに幸せを感じられるような、
素敵で落ち着いた時間が続きますよう…」


はい、肝に銘じて残されたこれからを歩いていきます。

なんて素敵なお心遣いでしょう。本当にありがとうございます。

あ、でもお二人、私の誕生日、なんでご存じなんだろう?
うーむ。


いつもお世話になっているご近所さんからも。
「これ、おいしいから」とさりげなく。このお気遣いもまた嬉しい。


20230830_121916_20230903114138a25.jpg

このところ孫たちに、お食い初めだの宮参りだの初節句だの入学祝だのって、
祝ってばかりだったけど、こうしてみなさまから祝福されて感無量。

でも息子たちからは…。(;_;)

この夏、会いに来てくれた3歳の孫が私の白髪頭を見て、「?」と。
生後半年の赤ん坊は「ギャアアー」と泣き出した。


ヘアカラーを止めたから、私の頭は黒髪から一気に白い頭のヤマンバ。

それならと、黒いベレー帽を被ったら、「あ、ばあば!」だって。
赤ん坊に「いないいないバア」をしたら、キャッキャ。
名前を呼んだら、口をあんぐり開けて「アー」と返事をした。

髪の毛一つで、こうも違って見えるなんて、ショック。


そうよねぇ。頭に入道雲が乗っかってるみたいだもんね。
で、少しでもカッコつけようと思って、後ろから黒髪を引っ張って来て、
真っ白な前髪に被せてみました。いかがでしょう。
白い雲 髪だけ

息子たちは揃って晩婚だったから孫たちはまだ幼い。
やっぱりまた染めようかなぁなんて思ったけど、このままの自然体でいいや。

息子は何も言わないけれど、老いた母親は見たくないのかもな。

プリンと一緒に配達された「風月堂のゴーフル」
おいしかった!
20230824_153129.jpg

この日は宅配のお兄さん、大雨の中を我が家へ2度も。
怪訝そうな顔をしていたので「今日は誕生日なので、お祝が…」と言ったら、
「あ、そうでしたか」と、ニッコリ。

今度届いたのは、ちょっと重い。
開けたら、高級な「稲庭うどん」

スーパーで売っている切れっぱししか食べたことがなかったので、
思わず、「オオーッ!」


20230824_105629.jpg

ウフフ、傘寿の記念日も悪くない。
だって、なんだか夢のような一日だったから。


      ーーーーー◇ーーーーー

ブログ「そよ吹くかぜに」">「そよ吹くかぜに」のk.miyamotoさんが、
素敵な歌を詠んでくださいました。

八十の福徳積むや力姫
   力石
(石)への道を照らし続けて

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

よかったですね!!

そうか傘寿っていうのね
そもそもそこまで生きるって(自分がですよ)
思ってなかったので知りませんでした。(笑)

でもご機嫌な誕生日になってよかったですね。
読んでいてこちらもうれしくなりました。

誕生日ね。
前にお目にかかった時に何かの話で
おっしゃったのですよ。
それを妻がちゃんとメモしていたのです。
とくに自分と同じ8月からかもしれません。
でもさすがに風来坊の妻だけあります、
バカなようで案外しっかりしているのです。

ちい公さんへ

コメントありがとうございます。
それから熱い心のこもったあのお祝いメール、ありがとうございました。

そうでした。誕生日のこと。
ホテルの喫茶室で言いました。
忘れてました! 奥様に感謝です。
私、このごろ忘れっぽくなったんです。
隣りの部屋にモノを取りに行って、「はて、何を取りに来たんだっけ」と。
それで再び元の部屋に戻って、「ああ、あれだった」と。
でもこれも自然のことと思って淡々と過ごしていきます。

やっかいな年寄りになりつつありますが、
今後とも見放さずに、よろしくお願いいたします。

No title

おめでとうございます!

誕生日を祝ってくれる人が嬉しいですね。
多くの人に愛される「姫」ならではと思います。

私や家人は誕生日祝いなど嬉しくない人間に。
で、自然と忘れてきましたが。

家人は母親のなくなった日と同じでいやでしょう。

そうそう! 
普段は鏡を見ませんが、偶に見ると爺が写っていて、
父と同じような顔を。髪は家人が染めてくれます。
外に出るとみっともない年寄りになるとかで(^^♪

Happy Birthday ♪

初めまして こんにちは♪

傘寿のお誕生日おめでとうございます㊗
皆さんの温かい心遣いのお祝いプレゼント、嬉しいですね。
これからの1年も元気で楽しく、幸せいっぱい素敵な年になりますように。
心よりお誕生日のお祝いを申し上げます。

one0522さんへ

コメントありがとうございます。
お祝いのメッセージを頂戴して嬉しいです。

奥様が髪を染めてくださるなんて、羨ましいです。
確かに白髪になったら、みなさん、一瞬、ギョッとなります。
それで黒いベレー帽でカモフラージュしています。
これからはカチューシャなんかも楽しんでいこうかと思っています。

全部白髪になるまで1年かかりました。
私はアレルギーがあるのでずっとヘナという比較的安全と言われているヘアカラーを使っていましたが、止めたら頭痛がパタッと出なくなりました。

ジェイママさんへ

コメント&お祝いのメッセージ、ありがとうございます。
これからも幸せいっぱいの日々を過ごせますよう、のんびりがんばります。
わんこさんの写真、可愛くていつも眺めてはホッとしています。
今後ともよろしくお願いいたします。

No title

「卒寿」おめでとうございます。
ブログを拝見していて、書かれた内容がお若いので、
年齢を聞いて驚きました。
新鮮な文を綴ることが出来るのは、
心身ともにお若い証拠。
これからもお元気で!!

No title

傘寿おめでとうございます。
すごい人生の歴史を刻んできた方だと思っています。
だとすると、これからもすごい生き方がまだまだできる方だと思います。
力石をさらに攻めるというか、さらに極めていただければと思います。
僕は今の70代80代がこのネット空間に記録を残すことが重要だと思っています。
論文に載らなかった文化は、生きている人間の中にしかないですから。

ちから姫さんへ

傘寿おめでとうございます。
ちから姫さんは、力もちでかつ、永遠のお姫さんです。
毎年、歳と共にパワーアップされていると思います。
米寿に向けてさらにパワーアップですね。

k.miyamotoさんへ

miyamotoさぁーん、
卒寿じゃなくて傘寿、まだ80歳で~す。(笑)

コメント&お祝い、ありがとうございます。
「新鮮な文」っておっしゃっていただいて、私はもう有頂天。
嬉しいです。ありがとうございます。
どこまで書けるかわかりませんが、
皆さんに楽しんでいただき、自分も楽しんで頑張ってまいります。

たいやきさんへ

コメント&お祝いメッセージありがとうございます。
たくさん褒めていただいた上に期待までしていただいて、
わぁ、どうしましょう。

ただ一生懸命、生きてきました。
結果はあとからついてきた、そんな感じで歩いてきました。
これからはどんどん知力も体力も衰えていきますが、
逆らわず淡々とを心掛けていこうと思っています。
力石も停滞気味で、なかなかコロナ以前に戻れませんが、
またひと踏ん張りしてみます。

hoshikuraさんへ

コメント&お祝いメッセージ、ありがとうございます。
「永遠のお姫さん」だなんて、まさかぁと思うものの、内心、そうかも。(笑)
コロナに続きこの猛暑で引きこもり生活が長引いております。
料理すること食べることが「仕事」みたいになったので、太りました。
減量して、パワーアップに努めます。が、腰痛が心配です。

えぇ~?!

傘寿とのこと、お祝いの言葉以前に驚きのほうが大きくて(;^_^A
お誕生日おめでとうございました。
改めて、憧れますぅ~!!いつもいつも前向きで丁寧でお元気で。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
稲庭うどん、美味しいですよね。なかでも佐藤養助、大好きです。
いいプレゼントでしたね(*^-^*)
麺のように長~く、味わい深く、これからも。

BUSYBEE-GAEIさんへ

コメント&お祝いメッセージ、ありがとうございます。
「麺のように長~く、味わい深く」
心がけます。
でもBusybee-Gaeiさんのお母さまにはかないません。
私の目標です。

大変失礼しました。

傘寿でした。
改めてお祝い申し上げます。

姫は力石を重ねて齢八十。
「八十の福徳積むや力姫
力石(石)への道を照らし続けて」

K.miyamotoさんへ

2度もお祝いしていただいちゃって、ありがとうございます。
素敵な歌までプレゼントしていただいて、大感激です。
これからは一日一日を大切に過ごしていきます。

ちから姫様

とっても素敵な傘寿エッセイ、 頰を緩めて読ませていただきました。いつか『ちから姫大全集』が発刊された時には、きっとこの銘文は収録されますよね(^^♪。
ちなみに郵便屋さんの話は、絵本にしてほしいです。
傘寿パワーでますますのご活躍、期待しております。

sazanamijiroさんへ

嬉しいお祝いメッセージ、ありがとうございます。
私の頬も思わず緩みました。
「傘寿パワー」、なんとか振り絞ってと思うものの、
出来るとき、動けるとき、そう思ったときは突っ走る。
そう思って今まで来ましたが、「余生」と言う言葉が
頭にチラつく今日この頃です。

No title

こんにちは。

遅ればせながら、
傘寿、おめでとうございます🤩

まだまだこれからです。
このような楽しい1日は、
これからもいっぱい来ますよ😃

私も、亡き母に似てきました。
親子ですもんね。

ヒツジのとっとさんへ

コメント&お祝いメッセージ、ありがとうございます。
まだまだ楽しい日がいっぱい来ることを信じて歩いていきます。
あまり過去を振り返ることはなかったのですが、
80歳になって、越し方を振り返る気持ちになりました。
この長い年月が、過去の憎悪や悔恨などの負を
懐かしいものに変えてくれたような気がします。

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞