fc2ブログ

「雁木」にフォーカスしてみた⑩

小論文
09 /22 2022
舞阪の対岸、関所のあった「新居」(荒井)の船着場をみていきます。

新居の関所は元は「今切関所」といった。
地震などで2度移転。

設置は箱根関所より20年も早く、
関ケ原合戦後の慶長5年(6年説もあり)のこと。

箱根、福島とともに最も重要な関所として、厳重な取り締まりをおこなった。

「国指定特別史跡」の新居関所。1995年撮影
img20220917_10301229 (2)
静岡県湖西市吉見

裸の放浪画家・山下清もここへ来た。

「山があって道があって、
道のそばに握り飯をくれそうな家があって、海岸に近い町」

そういう町が好きで、
「(本当)の景色の方が絵よりきれい」と思っていた清が、
周囲の勧めではり絵による「東海道五十三次」の制作を始めたのは、
昭和40年、41歳のとき。


清の「関所跡」と題したペン画が残っている。
自転車に乗った少年と少女が関所の門前を走っている絵だ。

「種子島の船着場でおまわりに捕まって追い返された」清にとって、
黒々といかめしさの漂う関所跡は、
気の進まない画材だったのではないだろうか。


広重と三代豊国の共同制作「双筆五十三次・荒井」
女が男装しているのではないかと疑い、改め婆さんが下半身を改めている。
荒井
国立国会図書館デジタルコレクションより

幕府は人質として江戸に住まわせていた奥方の逃亡を防ぐため、
江戸から出る「出女」と、江戸へ向かう「入り鉄砲」を警戒した。

ここを通るには手形(許可証)が必要で、その手形も、「小女」を「女」と
書いただけで、「記録に相違あり」として通行を許可しなかった。

近在の女性たちも同じ扱いだったので、
遠くても手形のいらない三河(愛知県)と縁組をした。


こうした厳重な取り調べから逃れるためと、
宝永4年(1707)の大地震で今切れ口がさらに広がり、
渡船での往来が危険になったため、
旅人は湖北にある本坂(姫街道)の陸路をとるようになった。

とはいっても、そこにも関所があり、


「気賀関所」
気賀関所2
浜松市北区細江町気賀

「改め女」もいた。

気賀関所1

でも、抜け道があったんです。

通行手形がなければ通れないので住民は不便。
そこで領主が裏道を作った。

それが「犬くぐり道」です。

「犬がくぐるなら差し支えない」というわけで、
犬のように四つん這いになって通行した。武士は絶対通らなかったが、
お尋ね者には好都合だった。


「犬くぐり道」
CIMG3318.jpg

旅の自由を奪い人々を威嚇し続けた関所。
そんな関所跡で、山下清はこんな感想を残している。

「人に知られないようにこっそり歩くには、山道か野原がいいな。
舟や渡し場はとがめられやすいものな」

でもこの浜名湖の最奥、細江の奥浜名湖には、
こんな美しい光景があったんです。


「澪標(みおつくし)

航行する舟を安全に導くための標識です。
img20220617_11112672 (2)
「姫街道ー細江ー」細江町役場企画商工課 平成7年より

「遠江引佐細江のみおつくし(澪標)
      あれ(吾)をたの(頼)めてあさましものを」 万葉集巻14

小舟が澪標を頼るように私を信じさせておきながら、
あなたは浅い(軽い)気持ちだったのねと「恨み言」を歌ったもの。

裏切られて「く、くやし~」と嘆いたのは、
男だったのか女の方だったのか解釈はいろいろ。


遠江(とほつあうみ)は遠江国。引佐(いなさ)・細江(ほそえ)は地名。
(みお)は水脈。
「みおつくし」には「身を尽くす」という意味もあります。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

鍵コメさま、ご心配いただきましてありがとうございます。
雨風は鉄筋長屋住まいのため大丈夫ですが、
今回は送電鉄塔2基が山崩れで倒壊。それで停電と断水になりました。
防災備蓄はいつもありますので、5,6日の籠城は平気ですが、
補聴器の充電器が使えなくて無音の世界。
外界から遮断という状況がちょっと不安でした。
12,3時間後に復旧。
思いのほか早い復旧で、もう工事の方々には感謝しかありません。
登山経験からいえることですが、
鉄塔は標高1000m内外の急斜面にあって、そこへ行くだけでも大変で、
鉄塔は根こそぎになっていたのですから、本当に大変だったと思います。

信号機が消えた中、五叉路の車の流れをベランダから見ていたのですが、
普段は事故や違反車が摘発される道なのに、
みなさん、相手を思いやりつつ走っていて事故もなかったんです。
規則に縛られると反発したくなるけれど、
自主規制に委ねられると自制心が働く、そんな心理があるのかな、と。

No title

台風で被害があるようですね。
すっかり行ってしまうまでご用心を。

補聴器の充電ができないのは辛いですね。
台風情報の確認が気になります。

停電、大震災の時に無計画停電やられましたが、
日中だったので何とか凌げました。

交差点は信号なしでも無事に通過できていました。
スーパーが休みだと車の少なくて良かった。

one0522さんへ

午前1時ごろから災害情報が頻繁になってきて、
避難勧告が広範囲に出されました。
一時は安倍川という大河の氾濫の情報が出ましたが、
その後水位が下がって事なきを得ました。
今度の台風は雷も凄くて、空は明け方まで光りっぱなし。
スマホの電池は乏しくなるし、仕方がないのでジッと夜明けを待ちました。

夕方、散歩に出たら農業用水があちこちで溢れたらしく、
至る所に泥や木が片付けられて、道路が掃き清められていました。
日本人って本当にきれい好きで真面目なんですね。

50年ほど前に当地は集中豪雨でたくさんの死傷者を出しました。
その直後から河川の改修工事が始まって、以後、洪水はなくなりましたが、
糸魚川構造線が走っていたり、山間部が多かったりで土砂崩れになります。
とにかく水と電気の恩恵に感謝の一日でした。
現場の方々への厚遇を願わずにはいられません。

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。