fc2ブログ

奥秩父の力石

みなさまからの力石2
06 /24 2022
ちしゃ猫さんのブログに、最初に力石が登場したのは、5月24日。

「いつも気になっている小さな神社?に、鎮座している力石」

これです。
秩父力石2

この石はすでに採録済みでしたが、
その後、うれしい情報を寄せてくださったんです。

「コロナ騒ぎ以前はここで力石をあげる「力自慢の競技」があって、
力に自信のある男たちが持ち上げていた。
でも女性でただ一人、持ち上げた方がいらっしゃいます。

里山に住みたいと移住してきて、
里山に似合う犬と一緒に暮らしたいと、甲斐犬を里子に迎えた。
今ではすっかり甲斐犬にハマっています」


こちらがその方の愛犬、レンちゃんです。

レン 「なんだか、怖そうなお姉さんだなぁ」

対するたまちゃん、黒々とした大きな体で、
「ウウー! 見かけない子ねぇ。アンタ、新入り?」

とってもキュートなお嬢さん風の「レンちゃん」、
 実はたまちゃん、甲ちゃんよりずっと大先輩なんだそうです。

 穏やかな「犬柄」が、表情に出ていますね。
 
レンちゃん1

レン 「とにかく、挨拶しとこうっと。よろしくお願いします!」

たま 「あら、チビちゃんのくせに積極的だわね。
    でも今は用心して、目を合わせないようにして…。
    クンクン。むにゃむにゃ。
    うん、どうやら素直そうないい子みたいだ。


    なになに? レンちゃんは大先輩ですって?
    ありゃァー。それなのに「チビちゃん」だなんて。ごめんなさい」


私は「たまちゃん」だと思い込んで書いていますが、
 もしかしたら「甲ちゃん」? 間違っていたらごめんなさい。
 見分けがつかなくて、すみません。でもこのまま続行。お許しあれ。

レンちゃん2

威厳ある甲斐犬が大先輩に、
みっともないとこ見せちゃいけないわよね。

緊張感まるでナシのこんなのや、
甲斐犬でれ

花も恥じらう「たま姫」にはあるまじきこーんな姿は、
レン先輩には
絶対、内緒にしとかなくちゃ。

甲斐犬昼寝

甲兄ちゃんの弱みはレインコートが苦手なところだから、
あれも気を付けなくちゃ。

甲牙 「もしもし、かあさん。これだけは勘弁してくださいよォ!
森林の王・オオカミの子孫がレインコートじゃ、ご先祖様が泣きます」

雨合羽甲ちゃん

一口メモ(ちしゃ猫さんのブログから)

犬の先祖のオオカミは後ろ足の指が5本あった。
現在の犬は退化して4本しかないが、
原種に近い甲斐犬などは、退化しないで残っている。
これを「狼爪」という。

甲牙くんの足。
狼詰1狼爪2

下のURLで、
奥秩父の甲斐犬さんたちの生き生きとした暮らしと、そこに鎮座する力石を、

ぜひ、ご覧ください。

「番外 力石」

この地で今も大切にされている力石です。

秩父力石1

「甲ちゃん」「たまちゃん」「レンちゃん」や仲間の犬さんたち、
そして、里山のみなさま、


いつまでも力石と、ずっと一緒にいてやってください。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

物凄い!!有難うございます♪♪

私のブログより面白くてクスクスとしながら拝読しました。
甲牙のあの情けない顔 たまの女の子?でしょ!
と思わず突っ込みたくなる様な。。。。。

三話ともこれがウチのワン子たち? と親バカで益々可愛くなりました^^

以前頂いたコメント欄の
>先へ駆けて行っては振り返って待っていてくれたり。

これには本当にワン子さんの人間を守ってくれる頭の良さには本当に感心するばかりで 甲牙なども山に遊びに入っても 目の前から姿が見えなくなっても
一定の所で必ず待っていてれます。
ちから姫さんはもうずっと以前から犬のそう言う習性?をご存知だったのですね。 私はこの子たちと生活をして初めて知りました。

ワン子さんがお好きだからでしょうか^ー^
大きなマスチフさんや 猟の途中の甲斐犬が寄ってきたり

これから私も力石の応援団の片隅にぶら下がってみたいと思います。
 本当に有難うございました。

ちしゃ猫さんへ

写真をたくさん使わせていただいたり、記事を引用させてもらったりと、
本当にありがとうございました。
私は今は犬、猫との生活ではないので、とても羨ましいです。
特に野山を駆け巡っている姿はいいですね。
ああいう動きが一番好きです。

今は亡き姉のカナダの森の家には、秋田犬とチャウチャウがいて、
毎日、遊んでいました。池の鯉を盗みに来たイーグルに
果敢に向かって行った姿が思い出されました。

例の本、読み始めました。おもしろいです。
奥秩父の山歩きや川の遡行も少ししましたので、
そんな風景を思い浮かべながら読んでいます。
また貴ブログにおじゃまして、元気な甲ちゃん、たまちゃんに
お目にかかるのを楽しみにしております。

こんにちは。

先日来、甲斐犬の写真や話を見て懐かしいです。

ワンコが居たころ、3頭の甲斐犬の友達がいました。
2頭は近所の家族で、飼い主の家族とも仲が良かった。
両家族とワンコは仲良しでした。

その中の1頭の家の子供の一人と名前が同じで遊んでました。
ワンコが死んでから、スーパーで買い物している母子と会って、
何度か話をしていたことも懐かしい。

もう1頭は、別の市まで自転車などでワンコと行って、
仲良しのおじさんと犬でした。

どちらも友好的で良い犬たちでした。
これも15,6年以上前の楽しい思い出です。

貴ブログで久しぶりに甲斐犬に会えてうれしいです。

one0522さんへ

本当にワンやニャンは、飼い主が一番信頼できる、一番の理解者ですね。
one0522さんのワンコさん、写真を拝見すると、
とても賢そうで優しい性格だったんだなあと思います。
仲良しだった甲斐犬さんたち、すごく友好的で驚きました。
飼い主さん同士の信頼関係がなければ、そうはならないんだと思いますが、
当地ではそういう光景はほとんど見られないんです。
なんかみなさん、怒ったような顔して散歩されていて、
他の犬に出会うと横道に逸れたり、股の間に犬を挟んだり。
挨拶ぐらい交わしてもいいんじゃない?なんて、声を掛けたくなります。

私は生まれたときから犬猫と一緒でしたが、
今は自分の年齢や住宅の規則で飼えない状況です。
これは本当に寂しいですね。

No title

ワンちゃんたちのお喋り・・・絶妙です。
確かにそう話しているような表情に思わず微笑んでしまいました。

奥秩父にも「力石文化」が到達していたのですね!
恐るべし、さすが、力石!

夏目さんへ

ありがとうございます。
ワンもニャンも目でモノを言いますし、喜怒哀楽があって楽しいですね。
一触即発のケンカの前に、力の上下関係が決まりますが、
そのときの表情がまた面白いです。
弱い方が顔を横に向けて目を逸らし、「むがむが、ぐふぐふ、フッフッ」と
歯噛みして…。
猫はそうして威嚇しながら距離を取ってから、一目散に逃げていきます。

多分、ダメなのはケンカの仕方を知らないのは人間かと。
ほどを知らないというか、弱いのがメチャクチャ暴れるし、
強い方は死ぬまで徹底的に相手を痛めつけるし、
教師やスポーツ指導者の中には、それにプラス権力を行使。
バレると「指導」「しつけ」なんてのたまうし。

とまあ、話が逸れましたが、今はワンともニャンとも縁が切れてしまい、
味気ないなあなどとボヤキつつ暮らしております。

力石の場所

教えてください!
奥秩父の力石と記載ありますが、神社名はどちらになりますか?

坂本雄太さんへ

少しお待ちください。
採録済みですが、場所についてちょっと事情がありますので。

雨宮清子さんへ!!

迎春
今年もよろしくお願いします。!
貴重なブログとして、保存したいものと思っています。☆☆

荒野鷹虎さんへ

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
毎年、孫のお守りでクタクタです。

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞