fc2ブログ

さよなら、三ノ宮卯之助

三ノ宮卯之助
10 /22 2021
三ノ宮卯之助が掲載された新聞記事が、埼玉在住の方から送られてきた。

これです。
卯之助記事
読売新聞 2021年10月15日付け

このように地元の郷土研究会が、
ふるさと活性化の起爆剤に卯之助を起用するのも、
それをマスコミに売り込んで宣伝してもらうことにも、異論はありません。

ただ、研究会の卯之助研究は、3,40年も前の一個人の研究情報に依拠し、
それを再調査しないまま広報している、そのことを危惧しているのです。

新たに作った冊子の内容も、昔の資料のまま。

例えば、肥田文八の出身地の「長宮村」を、「現在の春日部市長宮」と、
相変わらず間違えたまま。

正しくは、「現・さいたま市岩槻区長宮」ではないでしょうか。

埼玉から遠く離れた私が、なんで地元の郷土史の方々に、
「間違いですよ」と指摘しなければならないのか。

悲しくなります。

NPO法人作成のパンフレット
img20211018_16381797 (2)

「余計なお世話」なんだろうな。

でも私は、地元が話題に挙げ喧伝するほど「あざとさ」が目に付いて、
だんだん「卯之助」にうんざりしてきてしまったんです。

力石や力持ちのことを知って欲しいと願い、そのためには、
マスコミに取り上げられることを喜んできた私ですが、

でも私が愛し、その対象とするのは、
妙なエピソードや伝説などをまとわない「ありのまま」の力持ちたちなので。

さよなら、三ノ宮卯之助

私はこう思っているんです。

プロ、アマ問わず力持ちは、決して「偉人」でもなければ、「化け物」でもない。
伝説の中に生きようとしたのでもない。

ただ、己の力の限界に挑み続けた生身の人たちなんだって。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞