fc2ブログ

そばつぶさんの新発見!

そばつぶさん
09 /04 2021
そばつぶさん、着々と成果をあげております。

今回は新発見の力石と、「盤持ち第2弾」をご報告します。

担ぐだけではなく、石も発見してしまうんですから、
凄いとしか言いようがありません。

まずは新発見の盤持ち石(力石)から。

これです。立派な石碑も建ててあります。

野々市白山
石川県野々市市本町・白山神社

他にこんな石も。
場所は同じ白山神社です。

「地面にあったので不明ですが、力石っぽいので」と、そばつぶさん。

こちらと、
野々市 本町 白山神社DSC_0754~2 (002)

こちら。

DSC_0753~2 (002)

うーん?

これ、難しいですね。

一つには、もし盤持ち石なら、
先の盤持ち石を保存するとき一緒に保存したはずだし、

もう一つには盤持ち石のようだけれど、すでに証言者がいなかったり、
文献としても残っていないので、というものです。

でも、捨てずに残してあるということは、
そばつぶさんが「力石っぽい」と感じたように、
地元の方にもそういう感触があったということかもしれません。

判定は今後に持ち越しですね。

さて、お待ちかね。
そばつぶさんの「担ぎましたーァ!」の第2弾、新作動画アップです。

場所は金沢市横川の横川日吉神社。

と、その前に、ここの盤持ち石(力石)をお見せします。

img20210827_19172116 (2)
「新発見・力石」高島愼助 斎藤保夫 岩田書院 2010

写真では小さく見えますが、3個とも横が70㎝前後の大きさです。

そばつぶさんの動画を見ると、
いかに大きな石か、おわかりいただけるかと思います。

それをなんと、3個全部担いじゃったっていうんですから、もうびっくり!

しかも何度失敗してもめげず、果敢に挑戦です。

こんな重い石に担げるまで挑戦した上、3個も担いだなんて、
怪力はともかく、その根性に驚きましたが、

私は心配性だから動画に向かって、「も、もうその辺で…」と。

で、この3個の石に刻字はありませんが、
それぞれ、「紫石」「赤石」それに、「そばつぶ」の愛称がついています。

「そばつぶさん」「そばつぶ石」を担いだ!

とにかく動画をご覧ください。



そのころ私は、そばつぶさんがここへ担ぎに行っているとは露知らず。

同じく予想もしていなかった斎藤氏から、こんなメールが。
「ひょっとしてそばつぶさんのネームは、このそばつぶ石からでは?」

早速、それをお伝えしたら、

そうです。
雨宮さんから横川日吉神社のメールがきたことは、本当にすごい偶然です!」
と、興奮気味のお返事。

「石川県にはほかにも「そばつぶ」という盤持ち石がありますが、
名前的に愛嬌があっていいかなと!

山椒は小粒でもピリリと辛い。

「そばつぶさん」も「そばつぶ石」も小粒ではありませんが、
どこまでも自然体で、万事、控えめ。

控えめではありますが、
その存在感は、見る者をピリリとさせるほど強烈です。


 ーーーーーこの虫、なんていう虫ですか?ーーーーー

突然ですが、虫に詳しい方、教えてください。

物干し竿にいました。左側に写っているのは洗濯ばさみです。


CIMG5638 (3)

「無視」しないで教えてくださいね!


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞