FC2ブログ

コロコロ変わる

「渋沢栄一の力石の件はブログへ載せるな」といわれて、
理不尽な要求と思いつつも、私はそれに従った。

ところが急転直下。またも事態は一変。

X氏から「協力する」とのメールが届いた。

わけがわからなかった。こんな役所は初めてだ。

私は今までいろんな方に助けられてきた。

大学の先生には専門分野のことをご教示いただき、
考古学者には発掘現場で出土した力石の論文を見せていただいた。

武家屋敷から出土した力石です。静岡県埋蔵文化財センター・岩本貢氏提供。
img191.jpg img192.jpg
静岡県田方郡函南町・仁田館遺跡

難解な刻字に出くわしたときは、
所属する古文書会の先生方にSOSを出した。

中でも一番お世話になったのは、
やはり各地の役所の文化財課の職員さんだった。

わざわざ力石の今の状況を写真に撮って送って下さったり、
参考文献を記したり、しかるべき人をご紹介くださったり。

市で制作したDVDをお送りくださった町もあった。
「うちの町の宣伝をよろしく」と書き添えてきた町もあった。

だれも「命令」などしなかった。誰もが「橋渡し役」に徹していた。

それは私が、というより力石に携わっている人々が、
私利私欲でやっているのではないことを、皆さん理解してくれていたから。

「拒否」から一転、「協力」ということになって、私は面食らった。

複雑な思いはあったけれど、とにかく力石を見たい一心の私だったから、
昨日までのわだかまりは捨てて、素直に感謝した。

これはそのときのブログ記事です。(2019年8月3日)

「山を乗り越えました」

ところが事態はまた急変。

思ってもいなかった新たな要求を突き付けられる羽目になったのです。


     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(4月1日)

「我が家の桜」


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR