FC2ブログ

新発見・栗橋八坂神社

力石、久々の新発見です。

とはいうものの、この発見、昨年10月のこと。

書こう書こうと思いつつ、年を越し、はや4か月も過ぎてしまいました。

発見者は、ブログ「路傍学会」の路傍学会長さんです。

「久喜市栗橋北・栗橋八坂神社」">「久喜市栗橋北・栗橋八坂神社」

会長さんのブログに、「石に享保の文字が見える」とあります。

場所は埼玉県久喜市の栗橋八坂神社

ここは13年前、斎藤氏が力石4個を新発見した神社です。
会長さんが見つけた石は、この4個とも違いました。

すぐ斎藤氏に連絡すると、
こりゃ、大変だ。それ、新発見です。すぐ見に行ってきます」

その日のうちに調査。

「享保石」も確認。

八坂斎藤
埼玉県久喜市・栗橋八坂神社

神社は、利根川スーパー堤防の築堤補強工事のため、
神社そのものを移転するとかで、その移転工事の真っ最中。

工事関係者は、
文字を刻んだ由緒ありげな石が出て来て処置に困ったのでしょう。

とりあえず捨てないでおこうかという感じで、地面に置かれていました。

砂ぼこりで判読が難しいので水で濡らしてみると、浮かんできました。

「享保十八年 丑六月 くりはし中丁組」

栗橋八坂神社4
63×40×37㎝

江戸中期の力石です。
八代将軍吉宗が倹約と増税の「享保の改革」を推し進めた時代です。

享保の初期に江戸町奉行・大岡越前守が登場。
その3年後には、「江戸町火消いろは組」が作られます。

しかし享保末期のこの石に刻まれた享保18年前後は、
冷夏と虫害で大飢饉発生。餓死者が続出し、加えてコレラが大流行。

腹をすかせた民衆による富裕層への打ちこわしが勃発という、
最悪の年だったのです。

この八坂神社の力石は、そんな中で奉納された力石なんです。
どういう意図があっての奉納だったのか、気になるところです。

ついでといってはなんですが、「江戸火消しいろは組」が出てきたので、
その一つ「は組」の力石をお目にかけます。

1は組末広神社
東京都中央区人形町・末広神社 66×44×16㎝

この栗橋八坂神社の所在地は、利根川と日光街道が交差する要地で、
関東三大関所の一つがあった。

しかし軍事上、架橋が許されなかったので渡船場を設置。

この「享保石」は、
渡船場で働く屈強な若者たちが奉納したものかもしれません。



にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR