FC2ブログ

加賀藩の話・南砺物語⑨

「南砺物語」のはずが、あちこちへ飛んでしまい、焦っておりますが、
もう少し、お付き合いのほどを。

「ばんもち」は北陸地方特有の力石の呼び名です。
その呼称が、どこに伝播し今はどうなっているかというお話です。

斎藤氏の調査では、
石そのものに「ばんもち」と刻まれたもの(切付け・刻字)はわずか1個。
じかに石にペンキで書いたもの(書付)も、やはり1個。

意外な結果です。

と、前回、ご報告しましたが、斎藤氏、念には念を入れて再確認したら、
新たに、「刻銘(切付け)」石を1個、「書付」石を2個発見。

斎藤氏、全国の力石を全部調べ直したので、
すっかり「目がショボショボおじさん」になっちゃったそうです。

でもやっぱり、「刻銘(切付け)」も「書付」も少ないですね。

ならば碑文や説明文ではどうかというと、12府県にありました。

ダントツなのが石川県で、104か所。
師匠の高島先生もこう言っています。

「石川県で力石を訪ねると、「ああ、バンモチ石かね」と答えられる。
県全体でバンモチ石という名称が通り名になっていた」

こちらは能美市の「バンモチ石」です。

「碑文 盤持ち石」

img20210120_14230684 (3)
石川県能美市金剛寺町・富樫八幡神社

加賀(石川県)といえば百万石の大大名。さすがに保存も立派です。

江戸時代は越中(富山県)をも支配していたそうで、
日本海の西回り航路の先鞭をつけたのも、加賀藩だったとか。

なんでも当時、年貢米を大阪へ輸送するには琵琶湖の水運だったが、
運賃が高額なうえ、船に乗せたり馬の背に移し替えたりで俵が痛む。

そこで考えたのが下関経由の輸送。
島原の乱鎮圧のため、このルートで軍隊を送ったことがヒントになったとか。

こちらは昭和9年の「磐持大会奉納額」です。

img20210120_14230684 (2)
石川県長浜市佐味町・長浜神社

「北前船」と聞けば、大きな一枚帆の美しい大型船体を思い浮かべますが、
ここまで来るには大変な苦戦を強いられた、ということが、
「人づくり風土記・富山」に書かれていました。

最初、上方への航海に、琵琶湖で使っていた「北国船(ほっこくぶね)」
という平底船で運行していたそうです。

これは帆がムシロで漕ぎ手が櫓をこぐというもので、海難事故も多かった。

こんな船では櫓を使わず帆で走る上方の「弁才船(べざいせん)」には勝てません。

上方の人たちは、この貧相な船を笑って、
「北前船(きたまえぶね)」と軽蔑の意味をこめて呼んでいたというのです。

つまり、「北前」とは「日本海」を指した言葉で、
「いなかっぺ」という意味で、差別的に使っていたと思われます。

関西人はけしからん!

こちらは観光ガイドブックに載った力石(左下)です。
こういう本に載せていただくと嬉しいですね。

img20210118_13022242 (3)
石川県加賀市塩屋町・八幡神社の力石

バカにされて意地になった加賀藩では上方の船を雇い、
それ以外の地方(じかた)の船を排除。

「この加賀藩の了見の狭さが、
北陸の海運全般を上方依存にさせてしまった」
と、「人づくり風土記」の著者は静かに抗議。

こうした状況のもとで越中(富山)の船主たちは、弁才船の建造を試み、
船頭たちは天文、気象、海流などの新しい航海技術を学んだ。

そうした懸命の努力で、やがて黄金時代を迎えます。

北海道開拓でも、この北前船でも感じ取れるのは、
北陸の人の我慢強さや勤勉さです。

こちらは、今も続いている小松市の「磐持大会」です。

12032965_1698072957090357_957250056676565595_n.jpg
石川県小松市浜田町・菟橋神社

この北前船の船頭の中に、明治の南極探検隊の一員になった人がいます。

羽咋市の野村直吉で、
明治45年、白瀬中尉の南極探検隊の船長として加わります。

わずか204トンの機帆船で5万8000キロを航海。
一人の死傷者も出さなかったそうです。

北前船の船員の航海技術はそれだけ高かったんですね。

刻苦勉励といえば、息子が高校生の頃の先生の話が思い出されます。
先生、ため息をつきながらこう言いました。

「進路相談のとき、長野や北陸の親は、
「この大学に入れなかったらあきらめて働いてもらいます」と言うのに、
静岡の親は、
「入れるところならどこでもいいよ」と言う。甘いんですよ、ここの親は」と。

そういえば、静岡から総理大臣は一人も出ていないしなあ。

覇気がないから小粒が多いんだよね。ふう…。

気を取り直して、小松市の「磐持の由来碑」をご覧に入れます。
静岡県にはこういう立派なものもない。当県は力石の貧困県なんです。

img20210120_14252076 (3)
石川県小松市向本折町・白山神社

それにしてもみなさま、

コロナで外出もままならない日々、どうされていますか?

私はついに暴発!

CIMG4021 (2)

とはいえ、火薬のない火縄銃では暴発もなにもないですけど。

それにこれ、3年前に県西部の郷土館で写したもの。
ああ、こんなふうに自由に出歩きたい!


※参考文献/「北前船ー寄港ガイド」加藤貞仁 無明舎出版 2018
      /「北前船‐日本海こんぶロード」読売新聞北陸支社 1997
      /「江戸時代 人づくり風土記16 富山」「越中七浦と北前船」
       高瀬保 農山漁村文化協会 組本社 1993

   ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(1・22)

「福井県今立郡池田町千代谷・八幡神社」

足羽川ダム、豪雪地帯、能楽、そして力石。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR