FC2ブログ

これを見なけりゃ始まらない

楽しかった息子夫婦と過ごした年末年始も過ぎ、はや6日目。

何ごとにも全力投球の私。
一気に疲れが出て、何をする気も起らない。

そんなわけで、
こたつでグダグダしていると、ふと、あの場所が脳裏に。
ワラやススキで干支をつくる農家の庭先です。

さっそく、カメラ片手に出かけました。

青空の下、レモンがたわわに実っています。ぽかぽかと暖かい。
CIMG5059 (2)

この季節になると、
毎晩ユズ湯に入り、風呂上がりにレモンをいただいています。

おらが村の農民芸術家のおじさん、
去年、「ネズミはむずかしいんだよ」なーんて言っていたけど、

いましたよ! やっぱり、やりましたね。

それにしてもデッカイ!

遠くから見たら赤い耳のウサギか!と思ったけど、
近づいたらまぎれもなくネズミ!

CIMG5067 (2)

どうです、この突き出た2本の前歯。
どことなくあの「さんま」さんを連想しちゃったりして…。

爪も凄いけど、赤い大きな耳はインパクトがあります。

ガラス玉に網をかぶせた大きな目ン玉に、しめ縄みたいな長いしっぽ。

ちょっと小太りながら眼光鋭く、

「今年はオレさまの年だぜ!」

でもよく見ると、
気の良さそうな風貌でどこか可愛らしい。

ありがとね!
今年も無事、傑作を見ることができました。

さて、
「内はほらほら、外はすぶすぶ」、問題山積のわが日本国。

果たしてこのネズミさん、
チュー害をまき散らす害獣になるか、
はたまた、
窮地に陥った大黒さまを助けた如き救世主になりますか。

ともあれ、子年のスタートです。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR