FC2ブログ

新しい年、新しい命

=追記=

末尾に、「和三盆」について、次男坊からの報告を載せました。
お読みいただけたら嬉しいです。

   ーーーーー◇ーーーーー

明けましておめでとうございます。

年末に次男夫婦が来てくれて、久しぶりに話し込みました。
料理もたくさん作りました。

あれも食べさせたい、これもというわけで、
くるくる働きました。
これ、口に合わなかったらどうしようとか、心配しいしい。

次男坊のお嫁さんとのツーショットです。

CIMG5044 (3)

ニュージーランドから来たお嫁さんです。

地味でしとやかな、とっても可愛い娘さんです。
翻訳の仕事をしています。
日本語の読み書きOK。日本食大好きで、納豆も好物だそうです。

ちなみに私は納豆は食べられません。

静岡名産の「黒はんぺん」には「おいしい~!」
初体験の「いも切干(干し芋)」には、「うーん?」と複雑な顔。

「たらこの昆布巻」はパクパク。柿は「大好きで~す!」

二人からいただいたお土産です。

CIMG5050.jpg

「和三盆」(わさんぼん)

地元のサトウキビから作られた白下糖を木型で押して作った
高級干菓子で、製造は香川県だけなんだそうです。

息子から「和三盆だよ」と言われて、私はキョトン。
「え、お母さん、これ、知らないの?」と。

「知らなかった…」

もう一つはニュージーランドの「マヌカハニー」

有名な蜂蜜だそうですが、
私、こういう蜂蜜があることも知らなかったんです。

のどにも胃にもいいそうです。
はるばる日本へやってきたお嫁さんからの気遣い。

嬉しい!

あと半年で赤ちゃんが生まれます。
私の4人目の孫になります。

我が家は元日から「花盛り」。

「和三盆」です。
CIMG5052 (3)
三谷製糖「羽根さぬき本舗」 香川県東かがわ市馬宿

無事、息子夫婦を見送って、やれやれ。

熱いお茶で「花」を一つ、つまみました。
口に入れると淡雪のように溶けて、ゆかしい甘さが広がりました。

力石のタネが尽きるまでがんばろうと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

みなさんから「和三盆、知っています。高級菓子です」と知らされて、
改めてありがたみが増しましたので、
もう一ついただいたクリスマスバージョンの和三盆も載せてみました。

知らなかったなんて、贈り甲斐がない母親で、なんとも。

CIMG5057.jpg

  
   =「和三盆」について=

私が「静岡にもよこすかしろという白下糖がある」と言ったところ、
息子から「和三盆」についてのメールがきましたのでお伝えします。

「白下糖を盆で研ぐ作業をして、
蜜を出し切った(つまり白くする作業をした)のが、和三盆。

研ぐ作業をする台がお盆みたいなので、その台を盆といい、
3日以上研ぐ作業をすることから、和三盆という名前がついた」

どうやら静岡の「よこすかしろ」は、
和三盆へいく直前の「研がない」白下糖のようです。
だから茶色だったんですね。

ちなみに次男坊はBS日テレの
「三宅裕司のふるさと探訪」という番組を作っています。

「和三盆」も放送の予定だそうです。
どうぞみなさん、見てやってください。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR