FC2ブログ

この石に光を

今年もいろいろなことがありました。

ブログが三重県総合博物館へ収蔵されたこと。
万治石保存式典に招んでいただいたこと。

そして、なによりも嬉しかったのは、
力石の調査に精力的に取り組んでいらっしゃる方の出現です。

どうやら「力石病」に罹患してしまったようで…。
この病い、感染力は弱いけど一度かかったら完治は難しいです(笑)

とにかく写真が素晴らしい。だから力石も引き立ちます。

そんな「へいへいさん」のブログから2点、ご紹介します。

埼玉県は日本最多の力石保有県です。
当然、過去から現在まで研究者がたくさんいました。

だから、もう新発見はないだろうと思われていたのに、
へいへいさん、見つけてしまったんです。

こちらです。
へいへいさん圓福寺

寺の本堂の横に無造作に置かれた石の一つだったとか。

「奉納 三十二メ 御寶前 東京新𣘺 
              施主 鈴木源十」


発見場所の寺です。
寺圓福
埼玉県比企郡川島町・圓福寺

詳しくは以下をご覧ください。

「力石がいっぱいだぁ~」


このお寺、境内を整備中でしょうか。
せっかくの新発見。
このままその他大勢の石にされてしまいそうで心配です。

二つ目をご紹介します。

どこの地域でも、大切に保存された力石もあれば、
草むらや道端にただ転がされているものもあります。

下の記事はへいへいさんが、
「もったいない、もったいない」
心を痛めつつ記録した一つです。

「土留の力石」

それもそのはず。
粗末に扱われていたのは三ノ宮卯之助石でしたから。

卯之助石はこの中にあります。
石卯之助
埼玉県さいたま市岩槻区新方須賀・香取稲荷神社

こちらはさいたま市在住の酒井正氏が描いた同じ場所です。
酒井氏は写真ではなく、すべてスケッチで残しています。

img20191225_10515430 (2)

力石研究者ならだれもが憧れる三ノ宮卯之助の石が、
ここでは土留石にされていたんです。

「奉納 三十貫目 須賀村 三野宮卯之助指之」

本当にもったいないですね。

実はここにはあと2個、刻字の力石があります。

これです。
img20191225_10515430 (3)
42余×48×34㎝       54余×42×35㎝

下は三野宮卯之助の力石です。

左が酒井氏の2005年以前のスケッチ。
右はへいへいさんが今年撮影した卯之助石です。

img20191225_10515430 (4) 05DSC_1740.jpg
54×42余×25余㎝

へいへいさん、記事の最後にこんな言葉を綴っています。

「さいたま市教育委員会のみなさま、
この石に光をあててください」

これは力石に携わるみんなの願いでもあります。


※参考文献・画像提供/ブログ「へいへいのスタジオ2010」
          /「さいたま市の力石」高島愼助・酒井正 
            岩田書院 2005


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR