FC2ブログ

吟醸「力石」

「力石」と名付けられたお酒があります。

銘酒「力石」徳利
CIMG4751.jpg

これにはこんな逸話が…。

「埼玉県比企郡小川町の酒蔵・細川酒造では、
かつて「正成」という酒を出していたが、関西に同じ銘柄のものがあり、
明治32年に使えなくなった。

そのころ主人が旅行先の伊豆方面の寺で、
「開運の石」というものを持ち上げたら、軽々とあがってしまった。
以後、これにあやかって商標「力石」にした」(保田義治氏談)

こうして長年、多くの方に親しまれてきた清酒「力石」でしたが、
洋酒に押されて全国的に日本酒の伸びが鈍ったため、

「昭和60年ごろ、「力石」の醸造権を群馬県の群馬酒造に譲渡」
(高橋正氏談)

下の写真は、群馬酒造の傘下に入り、
引き続き埼玉工場で製造していたころのものです。

清酒「力石」布袋 と 高級清酒「力石」前掛け
CIMG4747.jpg

前掛けが折れ曲がっていたのをそのまま写したため、
「埼玉工場」の「埼」文字が隠れてしまいました。トホホ。

そのころの細川商店のHPです。

「細川商店(株)」

しかし日本酒の低迷は続き、2007年、群馬酒造も廃業。

清酒「力石」は今度は、
群馬酒造から同じ群馬県の聖徳銘醸へ移ります。
 ※甘楽郡甘楽町白倉686-1 蔵見学あり。

「聖徳銘醸(株)」

最初の醸造元の細川商店は、現在、
無農薬・無化学肥料の米や野菜の通販のみの商店になっていますが、
清酒「力石」も扱っているそうです。
 ※細川商店は事務所のみ。

もう一つお見せします。

本格芋焼酎「河津三郎の力石」
CIMG4752.jpg

これは河津桜で有名な伊豆の河津町商工会が、
平成20年から3年間の限定で作った幻の焼酎です。

原料のさつまいもは地元の「黄金千貫」、
醸造は富士山の湧水を使った「富士錦酒造」でしたから、
これは絶品でした。

とはいうものの私は下戸なので、中身だけ知人に飲んでもらいました。

こちらが力石焼酎に名を冠した鎌倉武士・河津三郎です。
日本三大仇討ちの一つ、あの曽我兄弟のお父さん

といっても、今では知る人も少なくなりましたが…。

手前に置かれた力石は、河津三郎の「手玉石」です。

CIMG0083 (1)
静岡県賀茂郡河津町・河津八幡神社

静岡県には男も泣かせる「おんな泣かせ」なんてお酒がありますが、
かろうじて命脈を保っている清酒「力石」の現状は、

ちょっぴり寂しい~。

ほんに、
「おんな泣かせ」ならぬ「ちから姫泣かせ」ですわ。


※参考文献/「埼玉の力石」高島愼助 岩田書院 2007
※情報提供/賀茂郡河津町役場 産業振興課
        /細川商店
        /斎藤氏
※協力/三重県総合博物館  

追悼 

温厚な静岡市民そのままだった潮丸さん(東関親方)、さようなら。
それにしても若すぎる旅立ちで残念です。    

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR