FC2ブログ

花ふりつむ

力石の新たな情報をいただいて、静岡県東部の
旧芝川町(現・富士宮市)内房(うつぶさ)へ出かけた。

3年振りの訪問です。

内房在住のA子さんが交通の便が悪いことを心配して、
東海道線の駅まで車で迎えに来てくださった。

その車中で、Mさんの死を告げられた。

Mさんは山の上の集落、大晦日(おおづもり)の最後の住人だった。
雪崩を打つように村人たちが山を下り、
村の指導的一族も去ったあとの長い年月、
妻と二人で集落とその一族の神社を守り続けてきた。

こちらは、いつもMさんがきれいに掃き清めていた芭蕉天神宮です。
年2回、麓の集落からやってきた子供たちが祭りを盛り上げます。

CIMG0608.jpg

祭りの日のMさんは、
センスのいいジャケットを着たおしゃれな紳士に早変わり。
大勢の来客を満面の笑みで迎えていた。

私が初めてMさんにお会いしたのは7年前、Mさん75歳のとき。
その折り、青年時代に持った力石を見せてくれた。
翌年訪れたら、
「もう一個あった」ともっと大きな石を、はにかみながら見せてくれた。

それがこちらです。

CIMG0536 (3)

   「十九貫担いだ」と語る老人の 
       力石(いし)つかむ指 瞬時花やぐ   
雨宮清子

このとき、寡黙なMさんがポツリと、
「体調が悪いから、近々山を下りるんだ」と言ったのが気になって、
「だったらこの石も山の上の保存場所に一緒にされたら」と言ったのだが、
Mさんはなぜか、「ウン」と言わなかった。

山の上には昔、青年たちが石担ぎをして遊んだ広場があって、
そこにあった力石2個が碑とともに保存されたばかりだった。
でもMさんは最後まで頑なにそれを拒み、
主なき家に石を置いたまま逝ってしまった。

3年ぶりのこの日、どこも桜で花やぎ、枝垂桜はすでに散り始めていた。

「とうとう誰もいなくなっちゃった
と、A子さんがつぶやいた。

ここには、中世から戦国時代の甲斐と駿河を結ぶ重要な交通路が走っていた。
その古い村がひとつ消えた。

CIMG4716.jpg

  廃村はただ白し 力石に花ふりつむ   雨宮清子

Mさんの死は村の消滅であり、力石の死でもあった。

      ーーーーー◇ーーーーー

Mさん、ありがとうございました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR