FC2ブログ

広報紙に掲載されました!

埼玉県川越市の広報紙に「力石」が掲載されました。

情報をお寄せくださったのは、川越市在住で、
ブログ「山の彼方に」の管理人さんの安田和弘氏です。

本当に嬉しい!!

「広報 川越」の中のシリーズ「川越時間旅行」に、
「力自慢たちのモニュメント」として、

市内元町二丁目の六塚稲荷神社の力石をご紹介くださったのです。

この神社は、船運が盛んだった新河岸川のそばにあるそうです。

「広報 川越」です。

1広報川越
平成31年3月10日発行 川越市役所広報室 埼玉県川越市元町1丁目3-1  

赤い四角の部分が文化財保護課の方による力石の記事です。

2広報川越

記事を大きくしたのがこちら。
「力自慢たちのモニュメント」
3のあ広報川越
下に続く
3のい広報川越
石の大きさは49×33×15㎝

石刻は、
「懐中石 宝暦十二年三月 高澤町 忍田屋 峰徳七」

「懐中石」とはまた、変わった命名ですね。

たぶん、忍田屋の徳七さん、
「こんくれえの石なんぞ俺にとっちゃ、懐(ふところ)へ入れられるほどのもんだ」
と大見得切って、川越っ子の心意気を示したのでしょう。

実は、徳さん自慢のこの力石、
現在、年次刻字石として川越市最古の石なんです。
※宝暦十二年(1762)

ちなみに、
埼玉県最古の力石は、久喜市樋ノ口の八幡神社にあります。
年号は「懐中石」より130年も昔の寛永九年(1632)。
しかもこの石、日本で一番古い年次刻字石でもあるのです。

埼玉県は力石の宝庫で、なんと日本一が4つも。
力石の数が日本最多、日本一の力持ち・三ノ宮卯之助の出身地、
610Kgもの日本一重い力石がある、そして日本最古の力石を所蔵。

こんなすごい埼玉県の中にあって、
こうして広報紙に載せていただいたのですから、

徳七つぁん、川越っ子の面目躍如。

大見得切った甲斐があったよね!

スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR