fc2ブログ

シャワークライミング

世間ばなし①
07 /25 2017
暑中お見舞い申し上げます。

山登りをやめてからすでに20年余り。
ただ今、老い支度の真っ最中。で、写真を整理していたら、
不良母ちゃんだったころのシャワークライミングの「雄姿」がでてきました。

沢登りです。ちょっと涼んでいってくださいね。

私、みなさんより年食ってますが新人ですからね、一番手で行きます。

img136.jpg
安倍川・椎の木沢

山のベテランがザイルで安全を確保してくれています。
ぬらぬら滑るけど不思議と怖くない。ワラジの威力絶大。
でもみなさん、心配そうに見ています。ほかのベテランから声が飛ぶ。

「ザイルに頼るな! 自力で登れ!」

img148.jpg

「へつり」です。左端が私。
なんでもないように見えますが、ちょっと先には滝が…。
流れが速いし深いし、落ちたらアウト。
岩が逆層で手がかり足がかりがない上に、もろくて難儀。

でも毎晩、家の前の石垣で練習していたから、ちょっとはいいかな。

img147.jpg
竜爪山(どこの沢だったか忘れました)

「おーい。滝の中へ突っ込め!」
ヒェー、水圧で流されそうだってのに。
「水圧で岩にコケがないから大丈夫ダァ!」

というわけで、入ったはいいけど、頭から水をかぶって息ができない。
ときどき顔を出してプワー、ハッと息継ぎ。

img147 (2)

垂直の崖に草とコケ。岩がもろくてつかんでもボロッ。
下にゴツゴツした岩と青々とした滝壺が控えている。冷や汗の連続。

「草はつかむなァ!」

雑念を払って、ただひたすら三点支持、三点支持。

img136 (3)
竜爪山・長尾沢・本谷

このとき若い女性が恐怖のあまり動けなくなった。
ザイルにしがみついてぶら下がってしまい蓑虫状態。
みんなで引っぱり上げたけど、
人一人の重さといったら、想像をはるかに越えていました。
だって、大の男が3人かかってもあがらないんですから。

よくテレビドラマでビルから落ちそうな人を、
片手で引っぱり上げたなんてシーンがあるけど、あれは大ウソ。

ファイトいっぱーつ! ウソはっぴゃくぱーつ!

で、とうとうベテランがおんぶ、前後を補佐してようやく登りました。
もう頭が下がるばかり。この人たちって本当に凄いと思いました。

img149 (2)

私が初体験した沢がこちら。
大雨で増水していましたが、身震いしつつもワクワク。
こんな面白い遊びがあったのか、と。

このときはヘルメットも安全ベルトもまだ借り物でした。
蛇が横にいても全く気付かなかったのはこのときだったか。

img149.jpg
安倍川・黒ン沢・七ツ釜

長尾沢・本谷コース、最大の滝。15m。
「いいか。登り切っても安心するな。それが一番危ないんだ。
安全を確保してから力を抜け」

はい。肝に銘じて登ります。

15mの滝の次に来たのが10mの滝。
難関は最後にあって、やれやれ登りきったと思ったらガレ。
岩も木もない砂地に、両手に吸盤をつけたつもりでペタペタ這い上る。

落石もあるし、ザイルも出してもらえないし。

3歩登って2歩ズルズルの匍匐(ほふく)前進。
動くたびに砂がサラサラ、ジャーと滑り落ちていく。
あの恐ろしさは今でも脳裏にこびりついています。

思えば優れた先輩たちに恵まれていました。
あのとききちんと感謝したかなあ?
でも今でも先輩たちのあのときの声はしっかり耳に残っています。

もうみんな、おじいさんになっちゃったんだろうな。

img136 (2)
竜爪山・長尾沢・本谷

その夜は、布団にはいっても滝の音がザーザー蘇って眠れませんでした。
あのころは面白さの方が勝っていて、怖いもの知らずだった。
近所の主婦たちの悪口なんかまったく気にならなかった。

でも今は、ハッ、ヒヤリばかりが思い出されて山が恐くなりました。

それに「育児放棄」した息子たちへの贖罪も…。

で、思い返せば、当時、夫から「中性」呼ばわりされていました。
時々、少年に間違えられた。若かりしころの写真を出すのはなんですが、
こんな顔してたからかな。色気ゼロ。
でも、年を重ねるごとに女性(右)らしくなったでしょ?

img147 (3) img136 (4)

今は「どこから見てもバァサンだァ」になりました。

このセリフ、生前、母から聞いたんですよ。
そのころの母はゲートボールに夢中で。
あるじいさんが一人の女性に執拗に「バァサン」を連発。
で、その女性、「わしゃバァサンじゃねえ」ってやり返したら、じいさんが、
「どこから見てもバァサンだァ」と。

思わず吹き出しましたけど、これはいけません。

母たちの楽しみは競技のあとのお茶だったみたいで。
中にモテモテのじいさんが一人いて、貢物の食べ物がそこへ集中する。
いわしの丸干しを焼いて貢ぐ人もいたそうで、
母は「なにサ」と笑っていましたが、
そういう母はイヤリングなんかつけて、いそいそと行ってました。

いくつになっても青春。いいんじゃない?

で、「どこから見てもバァサン」になった私、電車でよく席を譲られます。
東京でギターを抱えた若者から譲られたとき、
丁寧にお礼を言って座らせていただいたら、すごく照れてましたっけ。

しょうもない昔話に、すっかり付き合わせてしまいましたが、
少しは涼んでいただけましたでしょうか。

でも、部屋の中は写真が散乱。これから私は汗だくで整理に没頭します。

※当時、連れて行ってくださった方々、写真を撮ってくださった方、
 本当にありがとうございました。

スポンサーサイト



雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞