fc2ブログ

気合で行ってきました

神田川徳蔵物語
07 /09 2017
神田川徳蔵の足跡を追って、
東京へ行ってきました。日帰りの強行軍。

しかしメチャメチャ暑かった。秋葉原駅へきたら35℃もあった。
汗が止まりません。

最初は塩をなめなめ水のボトルを1本あけ、次はスポーツドリンクに変えた。
スポーツドリンクは普段は飲まないけれど、こういうときは威力を発揮します。
お医者さんのコラムだったと思いますが、リンゲル液のようなものだ、と。

乗降駅をざっと書くとこうなります。

静岡ー東京ー大手町ー東西線・門前仲町-大江戸線・清澄白河ー
ー森下経由で岩本町ー秋葉原ー高円寺

日曜は中央快速は運休というので高円寺までは総武線各駅を利用。
高円寺で2ヵ所回って、
これであとは高円寺ー東京ー静岡だァと安堵したのがいけなかった。

東京を通ると思い込んでいたので、
「次は亀戸ォ~。この電車は千葉行きです」のアナウンスに慌てて下車。
千葉まで運ばれるところでした。

出掛ける前に何度も頭の中でシミュレーションしていったのに、
やっぱり間違えてばかり。だからもう、聞きまくりです。

東京の方には大変お世話になりました。

どこでもそうかもしれないけれど、あれですね、
不親切な人も親切な人もその対応が極端。
親切な人はどこまでも親切だけど、そうでない人は徹底的に冷たい。
親切な方だけ、ありがとうございました。

東京には交番ちゅうモンはないんですねェ。

お昼はおいしい日本蕎麦を食べたくて、やっと一軒見つけて入った。
でも「食べなきゃよかった」のを食べちゃって。
まあ安かったから仕方がないよなと納得していただいた。

そしたら、
隣りのテーブルで家族連れの若い父ちゃんが「うまい!」って言った。
アンタ、普段、何食べてんだよ!

で、帰りの新幹線の中で、やたらウナギが食べたくなって。
でもウナギ屋まで歩く気力はないから、駅ビルの鮨屋のウナギでいいか、
というわけで下車後行って見たら、満席。

しかたがないので、三元豚ロースカツと特製ヒレカツを買って帰りました。

そうそう。東京で何にびっくりしたかというと、
キオスクの売店のお兄さんがインド人(だと思うのですが)だったこと。

日本の駅の売店で日本人がインド人から、
「ありがとうございました。ハイ、48円のお釣りです」
と言われるなんて思いもしなかった。

そんなわけで、今晩はぐっすり休みます。


スポンサーサイト



雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞