fc2ブログ

米穀市場の若者たち

神田川徳蔵物語
07 /02 2017
お行儀よく並んだ早苗がさやさやと風になびいています。

田んぼはかなり減ったけど、コンビニや保育園の周りに残された田んぼが、
ささやかながら、日本の原風景を見せてくれています。
ふと足元を見ると、おたまじゃくしがうじゃうじゃ。

私が住む地域は沼地だったためどこも深田で、
昔の農民は腰まで泥につかって田植えをしたそうです。
江戸時代まで租税は米穀物納だったから、もう必死だったのでしょう。
それでも「レンコン農家よりはずっと楽だったと古老は言います。

明治に入ると税金は米の物納から金納になった。
米商業の自由化です。

どういう変化が起きたかというと、
それまでの特権的株仲間が解体され、代わって、
生産地と大消費地を結ぶ米取引所、つまり正米市場が設立されたのです。

明治19年、深川正米問屋市場ができます。
それから遅れること22年後の明治41年、
荷役業「飯定組」が所属した神田川米穀市場が認可・稼働しました。

その「神田川米穀市場」の前景です。
img080.jpg
「神田川米穀市場概況」神田川米穀市場 大正12年より

内部の様子、「売り場」です。
img110.jpg

この神田川米穀市場は、従来からの水路と、
新しくできた「秋葉原停車場」の鉄道利用で大いに発展します。

今、若者でにぎわう秋葉原ですが、
かつては米の集散駅として、多くの仲士、軽子、小揚げ、
また肩に担ぐことから「肩」とも呼ばれた荷役の労働者が働いていました。

そして、神田川沿いの佐久間河岸に昭和初期ごろまで並んでいたのが、
「神田川と唱うれば米穀問屋の代名詞の如く」
といわれた90軒ほどの米問屋の倉庫群でした。

中でもすごいのが渋沢栄一の倉庫で、数百万俵積まれていたそうです。
そういう中で神田川徳蔵は「飯定組」の一員として働いていたわけです。

神田川米穀市場にて「米俵の片手差し」を披露する徳蔵。
優勝カップと俵上げ

後ろで見ているのは「飯定組」一の子分、神田川(羽部)重吉です。
  ※これは大正8年、このとき徳蔵28歳と判明。

文字の解読や人物特定をお願いしている埼玉の研究者・斎藤氏から、
「重吉は草鞋(わらじ)だが、徳蔵はブーツを履いている」と。

ホントだ!

で、どうです、徳蔵のこの清々しい
米俵1俵など軽々ですね。
後方で「おっ、やるじゃないか」と見ている重吉さんもいい顔しています。

優勝カップと俵上げ (3)

こうした若者たちの活気に満ちた市場でしたが、
昭和4年(1929)、神田川米穀市場は深川正米市場と合併。
さらに戦時下に入ると米が配給制度となり、
ついに昭和14年(1939)、米穀取引所は廃止、翌年解散してしまいます。

市場解散後の「飯定組」は、日本通運などの嘱託になったそうですが、
こちらは解散前の市場前の写真でしょうか。
マッチョな3人組です。

tokuzou_juukiti_itirou.jpg

写真提供者で縁者のEさんは、「左から徳蔵、重吉、一郎」としていますが、
斎藤氏は私見として、

重吉は他の人ではないか
他の写真の重吉はもう少し大柄で容貌も違うが、如何なものか。
筋肉の付き方から、右の一郎のウエイトリフティングの仲間か、と」

  ※真ん中の人物については=追記=参照。

この一郎青年というのは定次郎の孫で、
日本で初めてバーベルを作ったとされる人物です。
これについてはのちに詳しくご紹介いたします。しばらくのお待ちを。

で、写真ですが、
そういえば前々回の定次郎、徳蔵、重吉の3人で写した写真、
確かに重吉さんはもっと背が高かった。

でも、うーん、こればっかりは、なんともいえません。

この写真を見て、「あ、これ、うちのひいじいちゃんだ!」
なァ~んてお知らせいただいたら、また一つ面白い展開になるのですが…。


<つづく>

  =追記=

縁者のEさんからメールです。
「斎藤氏はすごい。
俵上げの徳蔵の後ろの人が重吉だったとは気が付きませんでした。
いろいろ探したら裏書が見つかりました。
大正八年 二十八歳とありました。
また、3人が写っている写真の真ん中は「若木竹丸」ではないかと、
姉から連絡が入りました」

  =注=
若木竹丸/怪力として知られた人。
この写真の徳蔵、竹丸、一郎の3人は、
昭和7年12月、朝鮮中央体育研究所の招待で、
ウエイトリフティング大会に出場しています。この件ものちに詳述します。

スポンサーサイト



雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞