FC2ブログ

その器(うつわ)にあらず

幕末の遣外使節の話、もう少しお聞きください。

明治維新が苦手、坂本竜馬が嫌い、西郷隆盛はよくわからない、
ざっくりいうと、私の幕末観はそんな感じでした。
だって面白おかしい文化文政期から見ると、なんだか血生臭いし。

でも、いつも逃げていた幕末の歴史を「遣外使節」から見てみると、
「攘夷派」(外国の侵入を排除)であれ「開国派」であれ、
また身分の上下に関係なく、そこには「国の行く末」に真摯に取り組む
真面目な日本人の姿が浮かび上がってきます。

私はそのことを「西洋見聞集」という本から教わりました。

幕府は諸外国へ使節団を5回派遣しています。
慶応2年(1866)に、国境画定問題で、
ロシアに特使を派遣したのを加えれば6回になります。

最初の遣外使節の行先は万延元年(1860)のアメリカです。

広重が想像して描いたとされる「亜墨利加之賑図」部分 文久元年
img131.jpg
「錦絵 幕末明治の歴史2」より

渡米の目的は「日米通商航海条約の批准書交換のため」
アメリカ軍艦ポーハタン号と、
勝海舟が艦長として乗り込んだ咸臨丸の2艘で船出。
総勢77人という大使節団です。

この遣米使節、もとは、
「西洋世界の接近を意図した」老中・安部正弘が企画したものでしたが、
その安部が没してしまったため、あとを堀田正睦が引き継ぎます。
派遣スタッフには岩瀬忠震(ただなり)など優れた人材を網羅。

ところがここに思いがけない政変が勃発。
老中・堀田正睦が退陣させられ、井伊直弼(なおすけ)が大老に就任。
状況が一変してしまいます。

その井伊氏発祥の地、井伊谷(いいのや)の龍潭寺(りょうたんじ)庭園です。
CIMG3303.jpg
静岡県浜松市北区引佐町井伊谷

奥に見える建物が井伊家霊屋。井伊直弼の位牌もあります。

龍潭寺にある伝左甚五郎作の「龍」
2本の水平材の間に設けられた「かえるまた」彫刻です
蛙が足を開いた形に見えるところから、こう呼ばれています。

CIMG3282.jpg

実物は迫力満点だったけど、
写真に撮ったらタコの足みたいになっちゃった。
でもジッと見ていると、今にも滑るようにヌルヌルと動き出しそうです。

勢いのある龍はあちこちで見かけますが、このような、
凄みの中に生々しい柔らかさを持った龍にはあまりお目にかかりません。

こちらは白土塀の「龍」
CIMG3274.jpg

そのころ、次期将軍を誰にするかで、紀州徳川の家茂を押す「南紀派」
水戸の慶喜を押す「一橋派」がもめていたんですね。

大老になった「南紀派」のドン、井伊直弼はここで一橋派の粛清に出ます。
世にいう「安政の大獄」です。

吉田松蔭、橋本左内など死刑や獄死、追放された者は100名にも及びました。
そして、安部正弘、堀田正睦が選んだ「遣米使節」のスタッフたちをも
次々と失脚させて追放、新たな使節団を結成してしまいます。

遣欧使節団の通詞(通訳)として活躍した福地源一郎は、
井伊大老が選んだ新たな正使や副使を、こうこき下ろしています。

「良吏の才にあらず」「素よりその器にあらず」

話は変わりますが、
来年のNHKの大河ドラマは、この井伊谷が舞台だそうで。
主人公は女城主の井伊直虎(次郎法師)とか。

で、龍潭寺も抜かりなく、こんなものを用意してありました。
CIMG3287.jpg

そうそう、ウィキの「柴田剛中」の項に、剛中は外国奉行の時、
井伊直弼の屋敷の5軒隣りに住んでいたとありましたが、「江戸切絵図では、
そこは「柴田録之丞」(養父。実は甥)になっていて、
人名事典によると、その頃の当主は養子の七左衛門です。
なので、剛中とは無関係だと私は思うんですが、どうなんでしょう?

   =つけたし=

ウィキの書き手が間違っているのではないか、と私が思う理由。

この柴田七左衛門の実祖父に柴田剛中と同じ「日向守」がいます。
こちらは奈良奉行ですが、この人と混同しているのではないか、と。
七左衛門家の日向守が活躍していた時代には、
日向守・柴田剛中はまだ誕生していないんです。

その辺のところを、
ウィキの書き手の方にご教示いただけたら、ありがたいです。



<つづく>


※画像提供/「錦絵 幕末明治の歴史②」小西四郎 講談社 昭和52年
※参考文献/「西洋見聞集」校註・解説 沼田次郎、松沢弘陽
         岩波書店 1974

スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ブログランキング
ブログランキング
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR