FC2ブログ

バリっといこうぜ!!

「力の人生」への揺らぎ…。

スポーツとは縁がなかった私にも、その苦悩は少しはわかります。
スポーツに限らず、人間生きている限り、老いや衰えに直面します。
老後真っ最中の私も、我が身の衰えに直面するたびに恐れ、戸惑い、
「ふっとこのまま消えてしまったら楽だろうな」なんて思ったこともしばしば。

力と年齢の限界に挑み、己と闘い続けてきた浪速の長州力さんにとって、
「力の人生」の翳りは、なおさらつらいものに違いない。

と、しんみりしていたら、こんな写真を発見
あれまっ! 「浪速さん」が石を担いでいる!

2015215-17-300x225.jpg 2015215-18-300x225.jpg
左が浪速の長州力さん。右は地元の若者。 
島根県雲南市吉田町善福寺・観音堂。2015年2月。撮影/堀江眞

雲南市在住の方が書かれている
「眞さんのつぶやき」というブログがあります。
その中に、雲南市の山間にある善福寺・観音堂での伝統行事
「餅さし」のことが出てきます。

どうやら浪速の長州力さんは、この餅さしに今年も参戦したようで、
ブログ主の堀江眞氏は、「浪速さん」の再度の訪問を歓迎、
「花を添えていただきました」とブログに綴っていました。

その餅さしのあと、エキシビジョンとして76Kgの石挙げを行なった、
それが先の写真です。

こんな可愛い挑戦者も。
2015217-3-300x225.jpg
撮影/堀江眞氏

地元の方々に迎えられ餅さしで競い、健闘を讃えあって地酒を酌み交わし、
若者たちと石挙げに興じる。

村の人たちも「浪速さん」も、なんか温ったかいよね!

温ったかいといえば、
雪深い集落の人たちと共に生きる「眞さんのつぶやき」の堀江氏もそう。
ブログには、
どこか懐かしい山里の風景や人々の優しい笑顔が満載です。

さて、昨年11月の「太郎石持上げ大会」三連覇のあと、
「浪速さん」からのメールが途絶えました。
再びいただいたのは、ほぼ一年後の
「姫路天満力持ちへ来ませんか」のあのメールです。

昨年のメールで言っていた「体はボロボロ」が脳裏をかすめました。
加えて今度のメールでも「力の人生、終わりかも」の弱気な言葉。

そんな「浪速さん」を励ましたくてお土産に選んだのがこれ
CIMG2501.jpg CIMG2503.jpg

静岡みやげで人気の「勝負前のかつおチップ」
「がんばれ!! バリ勝男クン。」
右はわさびマヨ味の
サビついちゃいられない。バリっといこうぜ!!」

でもねえ、発売元さん。ネーミングもコピーも気が利いているし、
ピーナッツとカツオ節のコラボも絶妙な味でしたけど、
量が少ない上に中のかつおチップ、ふりかけみたいに砕けていて、
スプーンですくわないとダメだったんですよ~。

でも、最高齢の力持ちの「浪速さん」も若き挑戦者「岐阜の大江さん」も、
「バリっ」と受け止めてくれると信じつつ、
二人分の「バリ勝男クン」を抱えて、新幹線に乗り込みました。

     
     現代の力持ちらに会いにゆく
              姫路天満石担ぎ
   さやこ


<つづく>


※参考文献・写真提供/堀江眞・ブログ「愼さんのつぶやき」
スポンサーサイト



プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR