fc2ブログ

夏だ、花火だ、盆踊りだ!

民俗行事
08 /11 2015
暑中お見舞い申し上げます。

とはいうものの、私自身がバテバテです。
暑いですね! 
いつもの夏と違いますね。朝から霞。それでいて重苦しい暑さ。
入道雲も雷さまもまだお出ましではないし、変な夏。

で、すっかり出不精になって、花火も自宅のベランダから見ています。
なにしろ昔、徳川家康の居城だった駿府城
その跡地に建つはるかかなたの県庁から日本平まで見渡せるので、
市内あちこちの花火は居ながらにして見物できます。

ではありません。
撮影が下手でこんな感じになっちゃいました。
でも気に入ってます。こんな花火の写真も面白い。
CIMG2265.jpg

こちらの花火は、胞子になったタンポポもどき。
CIMG2269.jpg

すっかり引きこもりの私、でもやっと夕べから動き出しました。
恒例の国指定・重要無形民俗文化財の
「有東木(うとうぎ)の盆踊り」が始まったのです。
昨日は練習日でしたが、本番はこんな感じ。

img138 - コピー (2) CIMG0166.jpg

たまに浴衣を替えます。
夕べはテレビ局がきました。本番にも来るとのこと。
地元の方は慣れていて平気そうだったけど、私は緊張しました。

今年は送り盆の百万遍にも参加させていただけるとのこと。
本堂に車座になってお経を唱えながら、大きな数珠を順々に回す行事です。

ナンマイダーブツ、ナンマイダー

もう静岡市内には2か所しか残っていない宗教行事です。

約70戸の有東木集落。
盆踊りも後継者不足で存続が心配なんだそうです。

以前保存会の方からいただいたお手紙に、
「いずれは消えていく盆踊りだと覚悟しています。
けれど力の続く限り、これを盛り立て継承していく所存です」
とありました。

胸がつまりました。

一緒に来た小学生の女の子、弟たちは男踊りの輪に入って楽しんでいましたが、
彼女は頑なに拒み、異様なものを見るような顔で盆踊りを見つめていました。

そうですよねえ。
今は、ソーラン踊りとか静岡で言えば港かっぽれが定番で、
老若男女、くノ一もどきの出で立ちやら、新門辰五郎もびっくりというような、
ひと昔前の侠客が着た丹前みたいな長着をゾロッと羽織り、
一糸乱れぬ隊列を組み、早いテンポで踊りまくる。

それにひきかえ、
伝統の盆踊りは伴奏は太鼓だけという素朴さ。
唄い手さんは独特の節で、マイクも使わず朗々と唄い上げる。
けれど、「〽昔、平の清盛さまは~」なんて聞かされても、
平成生まれの彼女にはねえ。

昔はこれこそが流行の先端をいっていた盆踊りだったと思います。
都の風流を取り入れ、時の権力者をおちょくり、何食わぬ顔で踊りまくる。
それが地元独自の風流や文化になっていき、
変化させることなく守り抜いて伝統芸能になった。
伝統を守り後世に伝えていくのか、それとも変化してこそ盆踊りなのか、
それは永遠の問題じゃないのかなあなんて思うんです。

でも夕べの女の子、
どんなカタチであれ、この盆踊りは女の子の脳裏に深く刻まれたはずで、
無意識の中にあっても、
彼女の人生を彩る要素の一つになると私は信じています。

そしてもう一ついえることは、これは単なる盆踊りではないということです。
この地区を知る、当時の日本を知る歴史そのものだということです。
何度でも言います。
「義元や家康だけが歴史の登場人物ではない。
名もなき庶民の歴史にこそ、生の真実が隠されている」

それは力石にもいえることです。

東雲寺境内にて=静岡市葵区有東木
img765.jpg
「受け継がれてきたしずおかの民俗文化」
=静岡市無形民俗文化財保存団体連絡協議会=より「有東木の盆踊り」

ご先祖の御霊を乗せた灯ろうを中心に踊ります。
男踊りと女踊りがあり、こちらは女性だけで踊る女踊り

夕べは集落の若いお母さんたちが総出で、
唄に、太鼓に、踊りにと張り切っておられました。
町の衆の私たちを歓迎してくれて、丁寧に踊りの指導。

休憩には、
冷たいお茶に山盛りのスイカや梨、ブドウ、菓子の振る舞い。
幸せな一晩をすごさせてもらいました。
が、
日頃の運動不足がたたって、足腰ガクガクで帰宅とあいなりました。

余談ですが、
このお寺には平安時代の作といわれる大日如来像があります。
夕べ地元の方がこんなことを…。
「ここでは昔はありがとうのことをおおきにって言ってたんだ」

静岡市中心部から車で1時間。山を越えれば山梨県。
標高約600㍍の山上にポツンと開けた小さな集落です。
盆踊りにはなぎなたを持つ踊りもあり、歌詞も優雅。

村人のみなさんも大日如来さまも、
「いったいぜんたい、ここへはハア、どっからきたズラなあ」
スポンサーサイト



雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞