fc2ブログ

河津のみなさん、そりゃないよ!

力石
06 /22 2014
力石の保存に奔走している私をしり目に、逆行しちゃった現場を見てしまいました。
伊豆・賀茂郡河津町の
河津八幡神社です。

このモニュメントは、河津三郎。
仇討で有名な「曽我兄弟」のお父さんです。


CIMG0083.jpg

大変な怪力だったそうで、相撲四十八手の一つ「かわづ掛け」を
生み出した人物だそうです。
ちなみに台座に記された「河津三郎力石」は、第35代横綱双葉山の揮毫。


像の前に置かれた石は「手玉石」といい、
河津三郎がトレーニングに使った石(320㌔)といわれていますが、
四日市大学の高島先生によると、
「全国的に存在する一般人が使用した大きな部類に入る石」とか。


 力石に河津桜の散りそそぐ  高島愼助

この神社には家臣たちが鍛錬に使った力石が、10数個あったそうですが、
昭和13年の山崩れで境内に埋まったままになっているとか。


で、問題はこれなんです。

実は数年前まで、
ここには別の台座に乗せた力石が3個、保存されていたんです。
ところが、行ってみるとない!
境内にいた方が言うんです。「石段に使っちゃった」って。


CIMG0082 (2)

もうどれが力石かわかりません。
有効活用もいいけれど、せめて「力石クン」に「力石」と刻字して、
「ずっと君を忘れないよ」と示してほしかった。
スポンサーサイト



雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞