FC2ブログ

力石に想いを込めて

力石研究の第一人者で、私が師と仰ぐ
高島愼助先生編纂の渾身の一冊が完成しました。

これです。
「力石を詠む(十)」

全体は淡い萌黄色ですが、うまく出せなかったので、
せめて枠だけでも、と思って…。

img20200428_11573626 (2)

先生は元・四日市大学教授。

平成5年に逝去された上智大学の伊東明先生の遺志を受けつぎ、
以来、力石に全精力を傾けて東奔西走。

そして退官を機に、
これまで集めた資料、論文、著書、番付や引き札などすべてを、
三重県総合博物館へ寄贈されました。

その調査研究のつれづれに、
みなさまから寄せられた歌や俳句の本も作ってきました。

img20200428_12160895 (2)

「力石を詠む」は、2006年に第一集を出版してから今年で14年。

「第十集」の本の帯に記されたこの言葉、

「力石に想いを込めて」が、先生の思いのすべてを語っています。

img20200428_10572739 (3)

img20200428_10572739 (4)

中をチラッとお見せします。

口絵です。

img20200428_10340008 (2)

もう一つ。

全国から寄せられた俳句や短歌は3000作品を越えました。

今回の「第十集」収録の作品数は335作。
作品は短冊に記されて、ご覧のように掲載されています。

お互い顔も知らない各地のみなさまが、
それぞれの場所の力石に「想いを込めて」詠んだものです。

詠み人は変わっても、14年間ずっと詠み継がれてきました。

img20200428_10353962 (4)
私もいくつか作りました。

俳句の素養もなく季語の知識もないから、心に任せてホイホイと。
でも先生は「ありがとう」と礼を述べつつ、丁寧に見てくださった。

この「力石を詠む(十)」にも何句か掲載。
恥ずかしながら、二つほどご披露します。

     「廃村はただ白し力石に花ふりつむ」   雨宮清子

     「力石の全資料を収納す
             日本唯一の三重博物館」
   雨宮清子

先生の句です。

     「凛として江戸のは組の力石」    三重之助

先生は「伊勢型紙」という切り絵もされています。

大変繊細なものです。

83.jpg

「東海道五十三次」やそのほかの作品もあります。
ぜひ、HP「日本の力石研究」をのぞいて見てください。

このところ新型コロナで、
先の見えない暗いトンネルに入ったような世の中になりましたが、

「三重之助」こと高島先生の俳句と「へいへいさん」の写真で、
ほんのひとときでもほっこりしていただけたら…。

22DSC_0070.jpg
埼玉県さいたま市西区島根・氷川神社
  
    「春ふふふ肩を寄せ合う力石」    三重之助

     
         =高島先生からの伝言です=

「夏目さま、ひこばえさま、
以前いただいた俳句は今度の第十集に掲載させていただきました。
掲載本をお送りしたいので、
ぜひ、下記のアドレスまでご連絡をお願いいたします」

「日本の力石研究」

※先生の力石の調査・研究はまだまだ続きます。
  俳句や短歌の投稿や力石の情報など、今後もどしどしお寄せください。

自称弟子の私の調査とブログもまだ続きます。

今後とも長~いお付き合いをお願いいたします。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

新しい年、新しい命

=追記=

末尾に、「和三盆」について、次男坊からの報告を載せました。
お読みいただけたら嬉しいです。

   ーーーーー◇ーーーーー

明けましておめでとうございます。

年末に次男夫婦が来てくれて、久しぶりに話し込みました。
料理もたくさん作りました。

あれも食べさせたい、これもというわけで、
くるくる働きました。
これ、口に合わなかったらどうしようとか、心配しいしい。

次男坊のお嫁さんとのツーショットです。

CIMG5044 (3)

ニュージーランドから来たお嫁さんです。

地味でしとやかな、とっても可愛い娘さんです。
翻訳の仕事をしています。
日本語の読み書きOK。日本食大好きで、納豆も好物だそうです。

ちなみに私は納豆は食べられません。

静岡名産の「黒はんぺん」には「おいしい~!」
初体験の「いも切干(干し芋)」には、「うーん?」と複雑な顔。

「たらこの昆布巻」はパクパク。柿は「大好きで~す!」

二人からいただいたお土産です。

CIMG5050.jpg

「和三盆」(わさんぼん)

地元のサトウキビから作られた白下糖を木型で押して作った
高級干菓子で、製造は香川県だけなんだそうです。

息子から「和三盆だよ」と言われて、私はキョトン。
「え、お母さん、これ、知らないの?」と。

「知らなかった…」

もう一つはニュージーランドの「マヌカハニー」

有名な蜂蜜だそうですが、
私、こういう蜂蜜があることも知らなかったんです。

のどにも胃にもいいそうです。
はるばる日本へやってきたお嫁さんからの気遣い。

嬉しい!

あと半年で赤ちゃんが生まれます。
私の4人目の孫になります。

我が家は元日から「花盛り」。

「和三盆」です。
CIMG5052 (3)
三谷製糖「羽根さぬき本舗」 香川県東かがわ市馬宿

無事、息子夫婦を見送って、やれやれ。

熱いお茶で「花」を一つ、つまみました。
口に入れると淡雪のように溶けて、ゆかしい甘さが広がりました。

力石のタネが尽きるまでがんばろうと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

みなさんから「和三盆、知っています。高級菓子です」と知らされて、
改めてありがたみが増しましたので、
もう一ついただいたクリスマスバージョンの和三盆も載せてみました。

知らなかったなんて、贈り甲斐がない母親で、なんとも。

CIMG5057.jpg

  
   =「和三盆」について=

私が「静岡にもよこすかしろという白下糖がある」と言ったところ、
息子から「和三盆」についてのメールがきましたのでお伝えします。

「白下糖を盆で研ぐ作業をして、
蜜を出し切った(つまり白くする作業をした)のが、和三盆。

研ぐ作業をする台がお盆みたいなので、その台を盆といい、
3日以上研ぐ作業をすることから、和三盆という名前がついた」

どうやら静岡の「よこすかしろ」は、
和三盆へいく直前の「研がない」白下糖のようです。
だから茶色だったんですね。

ちなみに次男坊はBS日テレの
「三宅裕司のふるさと探訪」という番組を作っています。

「和三盆」も放送の予定だそうです。
どうぞみなさん、見てやってください。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


お知らせ

3週間前に注文しておいたパソコンが届きました。

なので本日からセットアップ等に取り掛かります。

とまあ偉そうにいいましたが、
文明の利器に程遠い所にいる私。パソコン関係にはさらに疎い。

それが大胆にもモデル版ではないのを注文。
設定はすべて自分でやろうと決意したのだから、大胆というか愚かというか。

現在のパソコンは大変な優れもので、8年目なのにトラブルは一度もなし。
今もサクサクよく動き、なんの支障もありません。

でもwin7から10へ移行ということで思い切って買い替えることにしたのです。

馴染んだ画面と別れるのはつらい。
新しい画面に馴染むまでのエネルギーが保てるかどうかも心配。

その前にうまく設定できるか不安いっぱい。
ギブアップして業者さんを呼ぶ羽目になるかもしれません。

でもなにごともチャレンジだと、老骨にムチ打って始めます。

一日で終わるか、はたまた果てしなく長い日々になるのかは神のみぞ知る。

というわけで、しばらくみなさまともお別れです。

すぐにブログをアップできたら、そのときは拍手喝さいで迎えてくださいね。

新年、おめでとうございます

春を迎えて


CIMG4382.jpg


本年もよろしくお願いいたします。


近所のおじさん作。ウリ坊も作りました。
CIMG4583.jpg

「ケガすると可哀そうだから靴履かせたよ。ワッハッハ」とおじさん。

これは後ろ足。
CIMG4585.jpg

孫の靴を履かせられたイノシシ君。
今年一年、がんばってくださいね!

でも畑を荒らすのはほどほどに。

年の終わりに

本年も私のつたないブログをお読みくださり、ありがとうございました。

「力石」という時代遅れの「マイナー」な庶民文化を、
多くのみなさまに知っていただき感謝しております。

「神田川徳蔵物語」は思いのほか長期連載になりまして、
本年度中に終る予定でしたが、あと数回来年に持ち越すこととなりました。

みなさまにとりまして、来年もまた実り多い年になりますよう念じつつ。

CIMG4579.jpg

    =この一年に思ったこと=

力石はすべてを人の力に頼った時代に、若者たちに使われた石です。
米市場では力石を採用試験に使ったそうです。
つまり石を上げられたら合格、上げられなかったら不採用というわけです。
袖の下も口利きも通用しない実力のみの、なんともわかりやすい方法です。

しかし、重い荷を担ぐ労働は苛酷です。
その苛酷さから労働者たちを解放したのが「機械化」でした。

でも私は思うのです。
「機械化」「合理化」「効率化」で人々は本当に幸せになったのか、と。
これが行き過ぎて、
むしろ人々は生きがいも夢も仲間も失ってしまったのではないか。

「機械」を操る人間と操られる人間とに二極化して、
操られる人々はただのロボットにされてしまったのではないか。

自殺者は毎年約3万人。無職の若者が自暴自棄になって法を犯す。
一生懸命働いても食べていけない。結婚や子供を持つこともできない。
米作り日本一の農家が米では暮らせず、タクシードライバーになった。

私の住む小さな地域にも「こども食堂」ができました。
国をけん引する人たちが高級料亭で過ごし、大災害の夜、大はしゃぎした陰で、
子供たちは周囲の善意で細々と生をつないでいる。

今の日本は何かおかしな方向へ行きつつあるのではと不安にかられます。

鳶・大工・石屋・仲士などの職人たちや全国の農山村漁村の若者たちは、
低くともそれぞれのテッペンをめざして仕事の腕を磨いた。

荷揚げ仲士の神田川徳蔵は、役員になっても部下たちと力石を楽しみ、
その力石をバーベルに持ち替えて、日本の重量挙げに多大な貢献をした。

「自分の力量以上の荷を担いでそれを誇りにしていた」という荷揚げの人たち。
腕を磨けば評価されるという夢があったからこそ、
体が変形してもみんながんばった。

新助・喜八コンビの力石です(寛政六年)。
img970_20181226122608c1c.jpg
東京都港区白金・立行寺。斎藤氏の新発見703個のうちの一つ。

今、国会は誠実な議論の場でなくなりました。
自治が機能していた中世の村にも劣る状態です。
エリート議員が生活保護者への攻撃に在日外国人をやり玉に挙げたけれど、
生保受給者の98%は日本人であることをご存知なかったのでしょうか。

沖縄・普天間基地のグァムへの移転費用を日本は7000億円負担。
なのに辺野古の基地化を進めている矛盾。

命の水や農作物の種子の使用まで多国籍外国資本に売り渡す。
利潤だけを追求する民間企業へ「命」を差し出されてはたまりません。
ことに図書館の民営化など言語道断。焚書の時代になります。

国と国民を守るはずの政治家たちが率先して、
自国を植民地化しているように思うのは考えすぎでしょうか。

下の写真は、神社本殿の屋根に座って、
四方八方から押し寄せる魔物や災いを防いでいる
「四方睨みの猿=魔去る・魔猿」です。

もう何百年も、こうして一生懸命この土地と人々を守ってくれています。

CIMG1435 (2)

指先だけでPCやスマホを動かして仮想世界に生きる今の若者たちには、
自分の力だけで力石に挑んだ昔の若者たちが、
単純でおバカさんに見えるかもしれません。

でも彼らは、現実の世界にしっかり立って自分自身を生きた。
社会もまた、そういう彼らをしっかり受け止めた。
そして、彼らの多くが今にご子孫を残しているのは、
身も心も健全で豊かであったからこそと、私は思っております。

新しい年が誠実で憎悪を生まない社会であらんことを!

はるか福島の汚染地帯から、中部地方の団地のひと部屋に逃れてきた
一人ぼっちのご老人やこちらでご主人を亡くされたご婦人たちに、
一日も早く笑顔が戻りますよう祈りつつ。
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR